ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

明けました  

たまには更新しよう。

また一つ年が変わって、僕もいよいよ30代に突入する年になりました。23歳で会社を辞めた年から始めたこのブログもそんなに時間が経ったんだなーと。

今は相変わらず近所のスーパーでお弁当とか作って過ごしてます。午前中だけ働いて、午後は昼寝したりゲームでもしながら時間を過ごす。穏やかでやることがなくて、ただただその日一日を生き延びていってる…という感じ。浮き沈みの無い生き方がしたいと以前書いていたけれど、まさにそのとおりになってきていると思う。

将来どうするとかどうなっていきたいとか、何を手に入れたいとか、そういう感情と少しずつ距離をとっていければいいな。世間的にはそういうものがあることが推奨されるわけだけど、それはやっぱり違うんだなと僕は感じている。何かをしたい、せずにいられないというのは、不安の裏返しであると思う。不安があるからそれを取り払えたときの幸せもあるんだけど、そもそもが不安を抱えているというのはやっぱりよくない状態だ。

もちろん僕には不安がないのかというと、そんなことはない。探ればいくらでも出てくるし、ふとしたきっかけでそれが表面化して、不安に悩まされて憂鬱な気分になる日もある。あるんだけど、そうなったとしても極力それに触れないように静かにしているのでなんとか気にならずに生きていけている。

誰しも根底には不安や悩みがたくさんあって、それが解消できればいいなと思っているよね。解消することで自分の人生は向上し、以前の自分とは違う何か素晴らしい存在になれると考えている。けどそれは間違いだ。不安や悩みを解消して得られるのは一時的な幸せ(興奮)であって、根底にある闇のような深い不安はどうやっても取り除けるものじゃない。むしろ幸せであればあるほどわずかな不安が際立ってしまって、ささいなことで崩れ落ちてしまうものなんじゃないかな。

だから僕らにできるのは、いたずらに不安や幸せといった刺激に手をださず、たまたま今手に入ってるものに満足して今日という一日を生きることだけじゃないだろうか。結局のところそれが最善であるように今の僕には思えてしまう。かゆいところがあってもかいちゃいけないって言うじゃない?ああいう感じ。かけば確かに一時的に満足できるんだけど、その後に余計にかゆくなってきたり傷になっちゃったりして、何度も何度もかくはめになってしまう。かゆくなってしまったものはしょうがないんだけど、できる限り触れずにそっとしておきたいんだよね。

そんなふうな視点で自分の日々を見ていると、心の中に起こる出来事のほとんどは気のせいというか一時的な感情の波によるものであって、そしてそれに振り回されて大変な時間と労力を消費しているんだなって思う。落ち着いて、穏やかに生きていこう。今年の僕自身に向けた抱負というか目標という意味も込めて、こんな記事を書いてみました。

category: 未分類

最近  

お久しぶりの更新です。ブログ書けてないので、今日はそれと合わせてテーマを一つ書こうかなと。

いろんなことを始めたりやめたりを繰り返してきた僕だけど、一つだけ変わらずに続けていることがあって、それが人生とか人間について考えるということなんだよね。ブログを書いてない今でもそれは毎日のように続けてる。なんかこれ何回も書いてる気がするな。

例えば最近だと「やりたいことが見つからない」という悩みに対する答えがようやく見つかった。この悩み、実際に僕もこれまで会社を辞めてから何年間かずっと抱え続けていたものだったんだけど、これは「やりたいことが見つからない」のではなく、「今自分がやっていることに自信が持ててない」ということの裏返しなんだなっていうことだと気づいたんだよね。

そもそも、人間はやりたいと思うことしかやらないしできない。そりゃ瞬間的に嫌なこととかやりたくないことをやらされてると感じることはあるだろうけど、そうなることもひっくるめてその環境を選んでいるのは自分なわけだから、大きな視点で見てやりたいことをやってない人間というのはいないと思う。なのになぜ「やりたいことがない」と感じるのかというと、それは他人を見て羨ましく感じて自分もそうならなきゃと焦っている、つまり自己肯定感とか承認欲求が満たされてないからだと思うんだよね。

その欲求不満や焦りが形を変えて「やりたいことがない」という悩みとして表面に現れているんだなと。だからもしやりたいことがないって愚痴をこぼしてる人が周りにいるなら、その人が普段どんなことをしているのかを細かく聞いてみるといい。多分、その人なりに好き勝手やってるしその人もそれがそこそこ自分にあったものだと感じてるはずなんだよね。あとはそれは素晴らしいねとか偉いねとかあなたに合ってるよねとか言ってもらえればおそらくほとんどの人は満足すると思う。

実際に僕が会社を辞めてから数年間、ブログに思いを綴ったり人を集めて話をしたりっていうことをしていたのも、共感してくれる人に出会って承認してほしかったからなんだと思うんだよね。なので今回の「なんでゆとりさとるはブログ書いてないんや」という質問に対する答えというと、誰かに認めてほしいという気持ちがかなり少なくなったから、ということになる。

多分だけど、僕はこれからも今のような生活を淡々と続けていくんだろうなと思う。自分が使うだけの少しのお金を稼いで、好きなゲームでもして、毎日を過ごす。そんな感じです。何か聞かれればなんでもこたえるんだけど、もう自分から発信していくことは少なくなりそうかなと思われます。次の更新は何ヶ月後になるかわかりませんが、お楽しみに。

category: 未分類

ゆとりさとるラジオ 悩みを科学する  



category: 未分類

23日のラジオ  

準備は着々と進んでます。テーマは悩むことについて。

人はなぜ悩むのか?

悩みというと悪いもの、早く取り除くべきものとしてネガティブなイメージを持たれているよね。なので個別の悩みの解決方法を記したブログなり書籍なりはたくさんあるけど、そもそも人はなぜ悩むのかの仕組みの部分とか、悩みが自分の人生にとってどういう役割があるのか、みたいな内容ってほとんど無いんだよね。心理学とか哲学ですらその領域には踏み込めてない。悩むことについて正面から向き合って、悩みの性質や役割について考える。今回のラジオはそんな内容になってます。

土曜日の朝10時くらいから、最初はひとりで語ってるので、それが終わってもし人がいればフリートークでもやろうって感じでいこうかと思います。よろしく!!

category: 未分類

ラジオやるかも、いややります  

表題の通り、また懲りずに生放送ラジオやるかもです。

内容は僕のライフワークである人生の本質を考えるというテーマで、普段思考してることをゆるりと雑談していこうかなと。

もうねー、人生で起こる一つ一つの出来事についてその原因やら結果やら周囲の評価やら自分にとっての評価やら、そしてその出来事を一般化して他で起きた似たようなことに対して当てはめて考えたり一般化したりっていうのがねー、やめられないんですわ…。僕という人間はそういう思考プロセスで出来ていて、さらにそれを言語化してわかりやすく表現するマシーンみたいなものなんだと思う。考えないでいようと思ってもすぐそういうことばっかり考えてるし、うまく一般化できるとまた気持ちいいんだなこれが…。

僕にとって自分の人生は壮大な実験の場なのかもしれない。

ただ、いつやるかってのは決めてないです…。明日かもしれないし来週かもしれないし来月かもしれません。決めないとダレて流される自分がいるのはわかってるので、とりあえずここは絶対やるというときだけ決めておきます。

今月23日の土曜日。この日は珍しく一日休みなので、ここでやろうかなと。けど、もしかしたらそれ以外でもやってるかもしれません。そのへんはご理解ください。。

人生で悩んでる人にとっては面白い話がたくさんできるかなーと。お楽しみに

category: 未分類