ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

【大発見】ニートのままだと死ぬ  


長かったニートとしての修行、いわばニート行についに終わりが見えた…。

僕は会社を辞めてニートとして生きると決めた時、それは僕の中で希望でもあり可能性でもあり、人間としての自然な生き方なんじゃないか?っていう1つの仮説だった。会社の仕事に全てを潰される人生なんて不自然すぎる、そんなことより大切なものが山ほどあるはずだ!という深い決意で始めたニート生活だったけど、8月末頃に精神的にかなりヤバイ状態に陥って、「あ。ニートのままだと死ぬ」ということをはっきり自覚するに至った。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

僕は人間です=○○があります  

nekonekonyanyan.jpg


人間らしいってなんなんだろう。もっというと、自分が人間である証明ってどうすればできるんだろうか。って考えた時に、僕は「思い」だと思った。本能に任せるのなら動物と同じだし、効率や理性を優先するなら機械と同じだし。動物でもなく機械でもなく、自分は人間なんですって言う時に、思いを抜きにしては語れないと思う。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

恐怖心に突き動かされるのもやりたいこと  


人間の原動力って何なんだろうなって考えると、「このままじゃまずい」「なんとかしなきゃ」みたいな感覚がすごく強いような気がする。欲望もあるっちゃあるけど、欲の場合は満たせば消滅するしだんだん飽きてくるものだと思う。

満たされず飽きず、常に前に向かって戦っていこうと思えること。それは「このままじゃヤバイ」っていう危機感からくるものなんじゃないだろうか。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

自由と無秩序は違ったんだなー  


最近ようやくつかみかけてきた概念の一つに「自由」がある。よく「お金や時間や場所に縛られない、自由な生き方をしよう」とか言うけれど、そういうのって本当の意味で自由じゃないんだなぁってこと。

僕はまぁ、言ってみればそういう生活をしてきたつもりだ。お金に関してはまだ貯金もあるし、この一年間使いたいものには惜しみなく使ってきた。時間もそうだし、場所だってそう。でもそうやっていても感じるのは漠然とした不安であったり倦怠感であったりで、どうやら思い描いていた自由とは根本的に違ってそうだなってことに気付いたんだよね。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

「今を生きる」ために必要なこと  

海岸


元気に生きられれば何でもいいという記事にも書いたように、人生なんて元気に生きられればなんだっていい。会社員だろうがホームレスだろうが、男だろうが女だろうが関係なし。元気であれば元気なんだから元気なわけだよ。

「今を生きる」っていう言葉あるけど、それはこの「元気でいる」ということと同じ意味なんだと思う。今を生きている人、目の前のことに全力で取り組めている人というのはどんな状況になっても元気だし幸せなんじゃないだろうか。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。