ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

僕は政治に関心がないです  

選挙


僕は今まで政治とか、あとは世間一般でニュースとして大きく取り上げられていること(原発とか)についてこれまで全くといっていいほど言及してこなかった。避けてきたというわけでもないんだけど、政治に対して僕は何ら主張を持たない(ようにしている)ので書くことがなかっただけだなぁ。

ただ、今回選挙があったしちょうどいいので、政治とか世間をにぎわす大ニュースなんかに対する自分のスタンスについて書いておこうと思う。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

「SAVING10,000 自殺者1万人を救う戦い」を見て  

自殺


http://www.saving10000.com/ja/
50分くらいのドキュメンタリー映画で、無料で公開されているとのことでついさっき見てきた。教えてくれた人ありがとう。

内容は日本における自殺という現象と、その防止への取り組みを通じて視聴者に問題意識を訴えかけるというもの。うーん…僕が想像してたのは「自殺者の心理の動きそのもの」について迫ったものだったので、そういう意味では少し期待はずれだったかなぁ。

確かに「自殺者数を減らす」という観点で見ると、書店に出回っている自殺マニュアルがどうとかマスコミの自殺報道の仕方がどうとか鉄道会社の飛び込み自殺防止がどうとか生命保険会社の自殺者に対する保険金支払いがどうとかっていうことが大切なのはわかる。わかるんだけど、でもそれって結果の部分であり表面的な話であって、一番に考えるべきは「自殺しようとしている人の心の問題、その発端は何なのか」じゃないだろうかって僕は思う。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

何も決まってないけど会社を辞めていいものか  

キーボード



やりたいことをやろうって言ってると、「じゃあやりたいことが無かったら簡単に会社を辞めちゃいけないんだろうなぁ」って思ってしまう人がいそうなんだけど、そんなことは全くないと僕は思う。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

「お金を超える価値を持つもの」が社会を変えるとき  

お金持ち


↑なんかこれいかにもお金持ってそうな招き猫だなぁ…。
タイトルの「お金を超える価値を持つもの」っていうのは、まぁ今更言うほどのことでも無いんだろうけど、自分にとって嬉しいとか楽しいとか有難いとか思える気持ちのことだよね。人の心はどんな大金をかけても手に入るものじゃない。お金ってのもそれが手に入って「嬉しい」「楽しい」なわけだから、結局人間っていかにこの感情を感じて生きることが出来るか、みたいなところがある。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

発言ってなんでこんなに重いの?  




僕は大学に入って3ヶ月くらいで大学を中退しようと本気で思っていた。なんでかというと、日本の大学教育の在り方が僕の期待していたものとあまりに違ってたから。正直、すごく失望していた。僕はこの↑ハーバード白熱教室みたいな講義を受けたかったんだろうなぁ。
教授が学生に対して問題提起をする。学生は自分たちなりに解決のためのアプローチを探る。必要な専門知識はその都度、自分で調べる。あんまり細かく言うと「日本の大学教育について」というテーマで書けてしまうくらいになるのでやめとくけれど、僕が望む大学教育の形ってそんな在り方だったんだよね。

まぁ、中退すると言った時は当然親には反対されたんだけど、当時は自分のやりたいことや直感・感性をそこまで信じていなかったからそれ以上言い返すことも出来ずに、しぶしぶ卒業を目指して中身の無い学生生活を送ることになるんだけど。部活に入れたのが唯一の救いだったかなぁ…。そういえば、大学1年目で取った単位数は4だった。僕は自分のやる気が起こらないことに対して本当に無力だな。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会