ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

仕事についてみんなが忘れている一つのこと  

というわけで、会社員(中でもお堅い部類言われる銀行員)になってみて、すんごい不自然さを感じた。
人間が幸せを感じるレベルを逸脱してるように思う。
けど、そんな中でもみんな一生懸命やってるんだし、やっぱ個人の合う・合わないの違いでしかないのかなぁ。
もうちょっとゆるゆるやってもいいと思うんだけど。

そんなわけで僕は会社を辞めたのであった。

そもそも、人間って自分の好きなことしかできないような気がする。
我慢して何年、何十年と続けたとしても、多分最後にはものすごい反動が来る。
会社の中で抜群にいい成績残して、めっちゃ出世してるような人でも、やっぱ仕事はストレスだって言ってたし、そのストレスを解消するために、お金と時間(睡眠時間)を削ってる。

ほんと、何のための労働なんだろう。

仕事って、人生を豊かにするための一手段でしかないんじゃないのかなぁ。家族を守るとか、他の理由を作って我慢するようなものでもないと思う。誰だって、しがらみのない、自分の思った通りの生き方をしたいと思ってる。

まぁその結果が会社員なんです、って言われたらどうしようもないんだけど。

みんなもうちょっとわがままになっていいように思う。
いや、サービスに対して過剰に高いレベルを要求してるって意味ではわがままなんだけど。なんだろう。わがままの方向が間違ってるのかな。自分に正直に生きるってことを忘れちゃったみたいな。

仕事では自分を殺して我慢して。で、客になったときにその鬱憤を晴らす。

逆のほうが絶対いいよなぁ…。
自由に仕事して、客になっても偉ぶらず、どうもありがとうって言えるような社会。

それが「自然」なんじゃないかなぁ。
関連記事

category: 自然

tag: 自然  会社員 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/9-20dc0e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。