ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

【職業訓練】キャリアコンサルタント受けてきた  

職業訓練ってのは至れり尽くせりなところがあって、受講生の就職相談にも乗ってくれる。

で、今日はとあるメーカーの人事をずっとやってたっていう年配のおじいさんがキャリアコンサルタントとして話をしてくれた。
ちなみに1対1ね。
そのおじいさんは大学の就職相談なんかもやってたらしくて、今は頻繁にキャリアについてのセミナーなんかもやってるとかで、すごく人の良さそうな感じだった。
普通、初対面の人と話しても、僕がこのブログで書いてるような内容には至らないけど、割りとすんなり「自分にとっての幸せとは何か」「自分はどうすればやりたいことを見つけられるのか」っていう話に入れた。

やっぱりたくさんの人を見てきているだけあってプロだから、僕の主張もすぐにわかってもらえた。
で、要点は「どうすればやりたいことを見つけられるのか」ということなんだけど、その人いわく、それは縁というか、やってみなくちゃわからないっていう話だった。
で、昔は企業に入りさえすれば自分の居場所となるような、自分のやりたいことをあてがってくれたけれど、今はそうじゃないからそれを自分で見つけるしかないってさ。
大筋僕が考えてたことの確認のような話になったかなぁ。

まぁそうなんだよな。やってみなくちゃわからない。
僕は前の会社でいたときは完全に社会の歯車って感じだったけど、じゃあ歯車じゃない人ってだれかっていうと、なかなかいないというか、誰しも社会にとってのある役割を演じてるという意味では歯車なんだよね。
つまり、同じ仕事をしていても、それを歯車と感じるか、自分らしく生きていると感じるかはその人次第なわけで。
で、その自分らしく生きていると感じる何かに出会えるかどうか、やってみなくちゃわからない。

うーーーーーーーーーーーーーーん。

そうなんだけどなぁ、すごくわかるんだけど、そうであって欲しくないというか。なんだろうこれ。
だって、もしそうだとしたら一生出会えない可能性もあるっていうことになるし。
とにかくやってみるっていうのがなんとなくいやなんだろうな。
きちんと目的意識というか、方向性を確認した上での試行錯誤というならわかるんだけど。

適性を発見するってのは、こんな難しいことなんだろうか。
どうにかして運とか縁とかじゃなくて、自分で理解できないんだろうか。
けどやっぱ考えるにしてもその基となる世界を自分が知らなかったら考えようにもないもんなぁ。
なんとなく悔しい。もどかしいというか。

でもこのおじいさんと話せたのはよかった。自分の考えが人にわかってもらえるって楽しいしね。

関連記事

category: 未分類

コメント

こんにちは。

適性を発見するのが運とか縁に頼らざる得ないということは、発見する方法がまだ確立していないんだと思います。
自分も就職活動をしていた時期にハローワークで、適性を見つける方法についてキャリアコンサルタントの方に相談したことがありますが、そのときぶっきらぼうに「自分探しでもしてみれば?」と言われて戸惑ったことがあります。新卒一括採用しているこの国では、適性を見つけるために様々な職を経験する機会があまりないにも関わらず、なんでそんなことを言うんだろうと思いましたが、キャリアコンサルタントの方でも適性を見つける方法がよくわかっていないんでしょう。キャリアコンサルタントの適性が自分にあるかどうかわからないが、とりあえずキャリアコンサルタントになったという方がいても不思議ではないですね。
いい加減で無責任なアドバイスをするコンサルタントの方もいらっしゃいますし、親に相談しても「公務員になれ」の一点張りで話にならないので、ゆとりさとるさんがお会いしたキャリアコンサルタントの方みたいに理解のある方の存在は貴重だと思います。

なんか愚痴っぽくなってしまってすみませんw

URL | 蝗 #OARS9n6I
2012/09/30 10:23 | edit

Re: タイトルなし

>>新卒一括採用しているこの国では、適性を見つけるために様々な職を経験する機会があまりない

そうですよね。キャリコンの方に聞いたんですけど、昔は就職っていう言葉を使わなかったそうです。
なんでも「就社」を使っていたそうで、自分探しに当たる様々な職業を経験するっていうのを、言わば会社が提供してくれていたってことです。

けどそうは言っても何をやるのが自分にとってベストなのかは一生わからないかもしれないかもしれません。
だからこそ、自分の直感や考えを大事にする必要があると思ってます。周りから見て失敗だとしても、後悔するかしないかは自分次第で、それは結局自分を信じてその道を選んだかどうかです。

蝗さんのご両親は何か思いがあって公務員を勧められてるんでしょうし、メリットデメリットの話なら何を選んでも何かしらあります。だから自分で選ばなければいけないんですけど、自分が何をしたいのか、ほんとわかりませんね。

URL | ゆとりさとる #-
2012/09/30 23:39 | edit

>>自分探しに当たる様々な職業を経験するっていうのを、言わば会社が提供してくれていたってことです。

>>自分の直感や考えを大事にする必要があると思ってます。周りから見て失敗だとしても、後悔するかしないかは自分次第で、それは結局自分を信じてその道を選んだかどうかです。

ゆとりさとるさんのおっしゃることにすごく納得しました。
「就社」する時代だったら、自分の働き方や生き方について考える必要がないので、新卒一括採用っていうシステムは合理的だと思います。
しかし、会社に与えられるのではなく、もっと主体的に働き方を追求したいですね。
会社に与えられた道を選ぶよりも、自分で選択した道を選んだほうが納得でき、後悔が少ないような感じがします。
学校を卒業して就職するというレールに乗っかっているだけだと主体性を失うハメになるのかもしれません。
なんというか、違和感の正体が少しずつ見えてきたような気がします。
返信ありがとうございました。

URL | 蝗 #OARS9n6I
2012/10/01 21:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/87-c1546e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。