ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

無題2  

chara.jpg





↑割りと単純なイラストだけど、3時間くらいかかってしまった。
キャラクターはフォトショ使ったほうがいいのかもしれないけど、まぁいいや。練習だし。
でもまだ機能を使いこなせてなくて、何度も調べたりしてようやく出来たよ…。
パスの使い方は結構慣れてきた気がする。レイヤーの上手い整理の仕方がいまいちよくわかってないかも。

最近、なんか新しいことをいろいろやってる。
こうやってイラストレーターでアイコン作ったり、ノートに落書き程度に絵描いてみたり。
そのうちこのブログのレイアウトも自分で作ろうかなぁと思ってるし、なんかデザイン系のことに興味が向いていってる。
今まで絵とかデザインとか何の接点もなかったんだけどなぁ。
理屈ばっか考えて、パズルとか解くのが好きだったし。
まぁそれは今でも好きだけど、絵とか書いてる時間もそのことに集中できて、意外といい時間の過ごし方だなぁって思う。
僕はやっぱり完璧主義者というか、マメな方なので細かい作業とかは向いてるかもしれない。
それが関係してるかはわからないけど、ここ1,2年ですごく細かいことが気になるようになってきた。



僕は小学生の頃はやたら適当で、デリカシーというか、神経質なところなんてこれっぽっちもなかったのに、理由はわからないけど年を重ねる毎に小さなことがすごく気になりだしてる。
自分がとった行動が相手にどう思われているかとか。
そうやって書くとなんか思春期の話みたいだけど、それがわからなくて悩んでるんじゃなくて、わかってしまうから気を遣ってしまってしんどいという感じなんだよなぁ。

今思い返しても、会社ではすごく気を遣ってた。
日本の企業って、技術力があっても相手の性格が気に食わないから仕事を任せないとかって、ザラにある。
だから自然と、上司にしても先輩にしても、仕事が出来る人ほどイメージを大切にしてる。
金融は特にそうで、こんな風にいったらなんだけど、腹黒い人が多かったなぁ。
別に悪いことを企んでるとかじゃなくて、人の考えや気持ちに敏感で、いちいちこっちの発言の裏を読んでこようとする。
そんなところで働いてると、なんだかすごく疲れた。
何をするにしても思惑がぶつかり合うというか、政治的に事を進めるというか。
なんでかわからないけど神経質になってしまった僕には、自分と接している人がそういう事を考えてるのがうっすらわかってしまって、期待に応えたり、つい頑張りすぎてしまうところがあった。
でもそういう政治的な物事の考え方ってあまり好きじゃなくて、相手の気持ちを見透かすようなやり方はこざかしいと感じてしまう方だから、なんか僕にはダメだった。

0から1を生む技術力と1を10に魅せる営業力はどちらも車の両輪のようなものだけど、僕は0から1を生む側の人間だわ。働いてみてわかった。
飲み会とか、大勢で集まってワイワイやるのが好きな人は営業ってすごく楽しい仕事なんだろうなぁ。

そんなこんなで、最近はすごく小さなことでも気になりだしてる。神経が過敏に反応する。
今までストレスと思ってなかったことまでストレスになりだしてる。
けど、反対に絵書いたりサイト作ったり、細やかな気配りが必要な作業が楽しいと感じるようになってきた。
いいことなのか悪いことなのかはよくわからない。
けど、なんか変わってきてるなぁ。

あれ…。今回は「自分を認めてあげる力」について書こうと思ったのに、ただの身の上話になっちゃった。
まぁいっか。
関連記事

category: 未分類

コメント

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。
私は入社2年目でとある会社で勤務していますので、おそらくゆとりさとるさんと同期かなと思います。
気を遣いすぎて疲れてしまうというのはとても共感できますね。私も細かい作業がよくできると上司に評価されたことはありますが、実際はそのおかげで神経質で心がとても疲れているってことがあります。
人はもっと周りを気にせず、自由にあるべきだと思います。ただ、世の中の常識や世間体に縛られなかなかそれができない現代。
その中で会社を辞め、自然な生き方を実際に目指そうとしているゆとりさとるさんの姿は素晴らしいと思いますよ。
応援しています。

URL | ますお #-
2012/09/24 13:13 | edit

Re: タイトルなし

>>ますおさん

常識とか世間体に縛られ…というのは、確かに僕の感覚としてもそうなんですが、でもやっぱりそれが大多数の人に受け入れられている考え方なんですよね。
僕は会社勤めを続けたかったんですけど、あまりに自分の性質や考えと違いすぎて、辞めるしか仕方ないって感じでした。
けどますおさんのように、辞めるとまではいかなくても、何となく僕と同じ感覚を持ってる人もいると思うので、僕がこれからどうなるのかを楽しみながら見ていてもらえればと思います。

URL | ゆとりさとる #-
2012/09/24 18:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/85-94832362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)