ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

昼寝を極めるとダルくなってくる  

猫の昼寝




ここのところ、ずっと家でだらだらとしている。

もう来月からは職業訓練が始まるので、WEBクリエーターの専門学校に通うし(平日10:00~17:00、4ヶ月)、
こうして家で無限にだらだらする機会も、しばらくはないんだよね。

この3ヶ月間、これでもかというほどに怠惰であり続けた。
大学時代も相当だらだらしてたつもりだったけど、なんだかんだ授業があったり、部活に行ったり、掃除洗濯自炊と家の用事をやっていた。
けど、今の僕は本当に何もしていない。
実家にいるので用事はすべて親がやってくれているし、何一つタスクがない。

ベランダで育てているゴーヤ(ヘチマかと思ってたけど違った)に水やりを1日2回するのが唯一の義務かなぁ。
ちなみに大きな実ができてきて、もう少し大きくなったら食べようというところです。



今月は部活の遠征続きで後輩も居ないので、京都にもあまり行っていない。
本当にずっと家にいる。2日に1回くらい散歩はするけれど。

なのでお金も全くと言っていいほど使っていないし、
あんまり動いてないせいか食欲もだんだん落ちてきたような気がする。
で、部屋で何をしているかというと、ゲームをしたりアニメを見たり、
取るに足らないことを思いついてはひたすらローテーションしまくって時間を潰している。

いわゆるガチなニート生活なんだけど、そんな生活をしていて気づいたこともある。

それは、こういう生活も案外しんどさがあるものなんだなということ。
そんなこと言ったら働いている人に怒られそうだけど、本当にそうなんだよ。
まず、何もしたくないっていうのが、結構苦痛なんだよね。
こうやって無欲生活送ってると、人と会って遊ぶどころか、ゲームやらアニメやらの娯楽を楽しむ気力も失せてくるというか、以前のように何時間もぶっ続けてっていうのも辛くなってくる。
なので、眠たくないけどもう寝るしか無いというような状況になって、とりあえず寝るんだけど、寝過ぎてると頭も痛くなってくるし、体も重くなってくる。
僕は昼寝が大好きなはずなんだけど、それはある程度のストレスや疲労があってこそだったんだなぁと、
今にして思い知った。

で、そんな生活続けてると、意識もクリアで体も倦怠感がなくて、やる気十分です!みたいな時間が、
1日に5,6時間くらいしかなくなってくる。ちなみに1日の半分は寝てる計算ね。
なんか、それって普通に働いてるのとどう違うんだろうという疑問が湧いてくる。
まぁ、倦怠感はあってもストレスはないし、営業として働いていた時よりは格段にいい状況なんだけど、
適度にアルバイトくらいやってた方が自分には合ってるのかなぁと感じてきた。

生活にハリがない、というのかな。
昔話「三年寝太郎」の中に出てくるフレーズで、
「世の中に、寝るほど楽はなかりけり。浮世の馬鹿は起きて働く」
というのがあって、確かに精神的にも肉体的にも寝てればラクなんだけど、なんだろう。
そう言い切れない何かがある。その代わりに何かがラクになってない気がする。
何もしないっていうのは、言ってしまえば生きることを否定しているわけで、そうなると途端に心身ともに重くなるのかもしれない。

しかし、人間は不安定な生き物だなぁ。変化を好むといってもいい。
働けばストレスがたまるし、好きなことでもずっとやってると飽きてくるし、かといって何もしてないとだるくなってくる。
共通するのは、「一つの状態であり続けると辛くなってくる」なんだよね。人は常に変化したい。

以前どっかの記事で、やりたいこととはその時の気分によって決まるものだ、って書いたけど、あれはやっぱり合ってたんだな。
時には働いて、時には好きなことやって、時には何もしない。
その3つを程よく生活に織り込むのがポイントなのかもしれない。当たり前の結論に至った。
ただその「気分」とやらをどうやって見定めて、バランスが崩れないようにするかが難しいんだけど。

僕は自分の心の有りたいように生きるのが、自分の人生に一番重要なことだっていうことに気付いて、じゃあ自分の心が訴えていることは何なのか、やりたいこととは何なのか、ずっと考えてきたけど、それは僕が経験してきたこれまでのすべてを、バランスよく保っていくということだったのかなぁ。

もしかしたらずっと自分が打ち込める、夢の様な何かがあるかもしれないと思ってたけど、正直、考えても考えてもやりたいことって見つからないし、仮に一つのことに没頭しても、それが終わったってしまったり、飽きてきたりしてしまって、そうすると途端に無気力になったりする。
僕が思う充実した人生って、そんな偏りのある生き方じゃなくて、多少波打つことはあってもしなやかに力強く生きていける人生なんだよね。
人によって、何に重きを置くかという傾向はあるだろうけど、少なくとも何かを0にする生き方っていうのは、脆い生き方なのかもしれない。

うーん…なんかなぁ…。
もっともらしいことを書いたけど、じゃあ実際どうするの?という現実論にはやっぱり弱い。
とりあえず専門学校通いながら、また働き方を模索するかな。
正社員で1日12時間とか働くのは僕の性に合わないので、バイトとかフリーランスで食いつないでいく道が僕には合ってるような気がするけど、あんまり決め付けるのもよくないなぁ。

関連記事

category: 人間

コメント

>それは僕が経験してきたこれまでのすべてを、バランスよく保っていくということだったのかなぁ。

そうなのではないでしょうか。少なくとも私はそう思っています。
ただ私の場合、この考えでいたところ現状維持に陥りがちになってしまいました。より良いバランスを求める事(=夢を持つこと)も含めて、バランスよく保っていく事なのでしょうね。

URL | RakkaseiTA #-
2012/08/28 10:42 | edit

ゆとりさとりさんのおっっしゃるとおり、その時その時、自分の必要だと思うことをやっていけばよいと思います。
私自身のことで恐縮ですが、当初の自分の認識できる範囲での夢や目標に固執しないほうがよい結果に繋がっています。

webの職業訓練に行くとのことですが、色々な人がいて楽しいと思います。そこで、ゆとりさとりさんの、新しい、自分にとって必要なことに出会えるかもしれませんね。

URL | kei #-
2012/08/28 23:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/79-7466070b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。