ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

無欲にいきるために  

働く




本当の意味で無欲に生きることって出来るんだろうか。





僕はとりあえず物欲はもともとそんなにないし、
自分の考えを他人に押し付けたり、認められたい欲も学生時代に霧散したし、
多分無欲と言われる部類の人間になると思う。
初対面の人と話していて言われるのが、優しいとか、欲がないんだねーっていうセリフだ。

けど、本当に自分は無欲なのかわからなくなることがある。

例えば、社畜として日々満員電車に揺られて、上司や客にこき使われても特に不満なく生きれる人って、僕より無欲なんじゃないかと思う。
なぜなら、僕は自分がこうしたいっていうのがかなり強くあって、人に言われたことを唯々諾々とこなしていくことが全くといっていいほどできないから。

モノも金もいらないし、出世したり他人に認められようとも全く思ってないのだけど、ただ自分がやりたいようにやりたい欲はすごく強い。
このブログも自分の考えを整理するために書いてるだけで、自分の考えを世の中に知らしめたいとかとはなんか違う。
もし僕と同じようなことで悩んでいる人がいるなら、何かの参考にはなるかもということで公開はしてるんだけど。でもそもそもこのブログはアクセスも少ないからあまり意味はないのかもしれない。
かといって別にアクセスをあげようとも思ってない。

なんというか、自分でもなんでこんなふうにしてるかはわからないけれど、
自分はこうするのがしっくりくるというか、道が見えるというか、
そこ以外を通ることに強烈な違和感があって、自分でもどうしようもない。
自分基準の行動っていう意味では、自己中心的なのかもしれない。
けどわがままっていうよりも、そういうものを超えた何かなんだけど、上手く説明できないな。

こだわりが強いっていうのかな。日本語にはポジティブに自分のこだわりを表現する言葉がない。
信念とかいうほど囚われてもいないし、美意識とか美学とかかっこいいものとも違う。
やっぱり哲学とか、思想に行き着くのかな。
けど、それだと頭で考えてることっていうニュアンスなんだよなぁ。
「生き様」かなぁ。いまのとこ一番しっくりくる。


僕はよく行動力がすごいって言われるんだけど、それは多分僕の仕業ではない。
なんか意味不明な記述になってるな。
例えば、頭だけで生きてるなら僕は会社を辞めてない。
会社に勤めるメリットなんて山ほどあるし、正直なんだかんだ言って辞めるほどじゃないだろっていう。
けど、なんかよくわからない衝動のようなものが僕に会社を辞めるよう行動させた。
それとも逆なのかな。本当は働きたくなかったのに、頭で働かせようとしていたのかもしれない。
このブログでは働かない理由をごちゃごちゃ書いてるけど、それは僕の頭が必死に考えた後付けの話であって、単に僕が働きたくないからという一言で済んでしまう気がしてきた。

まるで自分の中に2つの存在があるようなんだよなぁ。
あえて言うなら頭と心になるんだろうか。
今こうやってブログを書いてる意識は僕の頭にあたるんだけど、それとはまた別に心があって、
これはいつ何時何をするかわからないという感じ。

人生のパートナーっていう言葉があるけど、それが誰かと言われると、僕なら即答で「自分」と答えるなぁ。
頭じゃ把握しきれない別の存在というか、自分なんだけど自分じゃないというか、ああもうわからん。

こんな事書いてるとやばい奴と思われそうで全然自分にとってプラスじゃないんだけど、書きたいんだからしょうがない。
二重人格とか何かの精神疾患とかじゃなくてさ、本能的な何かってあるんだと思う。
まるで自分という体を通して映画を見ているような。
意識もあるしそれは確かに自分なんだけど、明らかに意識だけじゃ説明できない動きだとか、考え方とか、感じ方をする。

だいぶ話が逸れてしまったけれど、そんなわけで僕は強欲な人間なのかもしれないっていうこと。
これ、何欲っていうだろう。
自分の頭でも制御しきれない、その人の人間性というか、存在の根源的な部分を表現したいっていう欲求。
自己顕示欲ってのが近そうだけど、これだと説明できないのもあるな。
なぜなら、自己顕示欲ってのは他者に対して自分をアピールしたいっていう欲求だけど、僕の言ってるこの謎の欲求は自分一人でいるときでもバンバン出てくる。まるで僕の頭に訴えかけるかのように。
だから、自己顕示欲はこのよくわからない欲求のあくまで一部分っていう感じがする。

存在欲とでも言うんだろうか。自分がこの世界に顕現したいという欲求。
生きるということで表現したい自分。

僕はなんでこんなに自分自分って言いまくってるんだろう。
我が強すぎて自分でもどう対処したらいいのかわからない。
僕は自分でも思っていた以上にやっかいな人間なのかもしれない。
こんなことを考えてる奴が、お客さんのニーズを汲み取って喜ばしてあげたり、上司のご機嫌取りをできるはずもなかった。僕は頭で押さえつけてなんとかやろうとしたけど、とうとう心に爆発されてしまった。


だから、自分は無欲に生きてますっていう人は、本当にすごいと思う。
物欲や出世欲、金銭欲は当然のこととして、自分の存在ですらどうでもいいという境地なのだろうか。
柳のように、風が吹くように、飄々として生きているんだろうか。
僕は自分の存在欲のせいでいろんなものに頭をぶつけてばっかりだ。


なんでこんなに悩んでいるかというと、やっぱりお金をそこそこに得る生き方のほうが、いろいろとラクなんじゃないかって思っているからであって、そのためには今の僕は働いた方がいいんだけど、僕の生き様というか心は働きたくたくないって言ってて、僕の頭はその板挟みにあってるっていう状況が、不愉快で仕方ないからだ。

でもその考え方で就職してダメだったわけだし、自分の心に正直になるっていう考え方を得れたわけだし、この不快感は結局僕の頭が生み出してるものなんだろう。
今すぐお金に困ってるわけじゃないしね。

そういう風に頭で考えるよう今まで訓練してきたわけだから、なかなか馴染まないのも当然なんだろうな。
ということは、すぐ将来どうしようとか何がやりたいんだろうとか、お金が無くなった時どうしようとか考えるこの頭と戦っていく必要があるのかもしれないな。
そういう根拠のない不安に襲われたら、なるべくアホなことでもして気を紛らわさないといけないのかもしれない。
もっと馬鹿になろう。こんなグダグダした御悩み相談室に投稿するみたいな内容の日記を書いてるようじゃまだまだってことなんだなぁ。
関連記事

category: 未分類

コメント

>社畜として日々満員電車に揺られて、上司や客にこき使われても特に不満なく生きれる人って、僕より無欲なんじゃないかと思う。

この部分、とても共感できました。僕も自分の好きなようにやりたい欲がとても強いのだなと思っています。仕事をやめてみて、自分にとって自然だと思える暮らしをしていると本当にしっくりきます。これまでのものごとの価値や、判断基準は自分の本当の欲求から乖離していたのだなと感じています。聞く耳を持たないというわけでは無いのですが、不思議と周りから批判的なことを言われてもあまり気になりなくなりました。

URL | yone #-
2012/08/21 02:12 | edit

Re: タイトルなし

同じように感じてる人もきっといるはずなんですよね。
そういう人達はどうやってしっくり来る生き方を見つけてるのかとか、収入を得ることとどう擦り合わせていってるのかとか、いろんな人の話を聞いてみたいです。

URL | ゆとりさとる #-
2012/08/21 19:24 | edit

はじめまして。私自身ニートなのですが、同じような立場の人がどんな考え・価値観を持っているのかを知りたくてブログを探していたら、こちらに辿り着きました。

難しい内容なのに理路整然な文章で書かれていらっしゃって読み易いです。参考になります。

>>なんでこんなに悩んでいるかというと、やっぱりお金をそこそこに得る生き方のほうが~
この板挟みは共感します。月並みですが、どちらの生き方が自分にとって後悔のないものか選ぶしかないのでしょうね。
その為に各生き方で想定し得るメリット・デメリットを『頭』ではなく『自分の心』で判断する。でも不確定要素は絶対残るだろうから、どこかで決めつけという名の博打をする必要がある。私はこう考えています。

URL | RakkaseiTA #-
2012/08/22 16:45 | edit

Re: タイトルなし

>>どこかで決めつけという名の博打をする必要がある。

そうですね。いつまでも悩んでるわけにはいかないので、何か行動を起こすことが必要ですよね。
けれど、ここまで考えて選んだ道だったら、上手く行かなくても後悔することはないような気がするし、その都度、軌道修正していくことでよりよく生きられるかなぁとも思います。
考え過ぎずにふっと一歩踏み出す軽さが持てればいいんですけどね。

URL | ゆとりさとる #-
2012/08/22 17:09 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2012/11/01 13:25 | edit

それ

それは自由欲ですね

URL | それ #8ILQTAII
2014/12/31 04:08 | edit

>社畜として日々満員電車に揺られて、上司や客にこき使われても特に不満なく生きれる人って、僕より無欲なんじゃないかと思う。

働くイメージがマイナスですね
仕事に楽しさを見つけられた人が勝ちですね
自分のやりたいことと収入がマッチするから
働くとはなにか?から研究してみては?

URL | い #8ILQTAII
2014/12/31 04:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/76-9e153856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)