ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

目的と手段ってどっちが大切よ  

目的地




よく、人生を充実させるために目標を持とうっていうけど、それホントかよ。


僕は目標そのものよりも、目標に到達するための手段の方が大切なんじゃないのって思う。

例えば、東京と大阪の間を移動したい人がいるとして。
新幹線を使えば2時間だか3時間で着くわけだけれど、その人は新幹線は好きじゃない。
対して、自転車を使うと何日とか何週間とかかかるんだけど、その人はめっちゃ自転車好き。

こういう状況があったとして、どっちを使いますか?って聞かれて、どう答えるだろう。

僕なら、間違いなく自転車なんだよね。
だって、そのほうが楽しい。それ以上の理由はない。
そりゃ今日中に着かないといけない事情があるとかなら話は違うけどさ。

けど、新幹線派の人はそうじゃない。
目的地に着いたら人生終わりで、時間もいくらでもあるなら自転車かもしれないけど、
目的地に着いてから本当にやりたいことが始まるし、時間も有限。
だから、乗ってる間は多少嫌かもしれないけど、新幹線を使った方が効率的だよ、っていうわけ。

でもさ、じゃあ目的地について、そこでやりたいことやって、終わったら次はどうするんだろう。

そしたらまた次のやりたいことをやるんだって言うんだろうけど、それって結局やりたいことを連続してやってる状態っていう意味では、自転車で時間かけて道中を楽しんでるのと、一緒だよね。

やりたいことリストっていうのがあるとして、消化した項目が多いか少ないかの違いがあるだけで。
で、そうすると、そのやりたいことリストをどんどんこなしていけるんだから、やっぱり新幹線の方がいいじゃんってなる。


別の例でさ、漫画がすごく好きで、死ぬまでに10作品読んだ人と、1000作品読んだ人がいたとする。

この2人を比べて、どっちが幸せだっただろうかって質問に、どう答える?

普通は、1000作品読んだ人って言うんだろうけど、僕は必ずしもそうは思わない。
なぜなら、1000作品も読んでると、もう途中から漫画というものについて一家言持てるくらいになってて、
こういう作品の結末は大体こうだとか、絵がどうとか、純粋に作品を楽しめなくなる部分も出てくる。

けど、10作品くらいだと、漫画を読む度に新鮮味を覚えてるだろうし、
他にどんな漫画があるんだろう?ってまだワクワクしながら熱中してる状態でしょ。


何が言いたいかっていうと、如何に人生のピークを後ろにずらせるか、楽しいと思えることを途切れさせずに生きていけるかが、その人の中で充実してるかどうかを分けるってこと。

目標に向かって、その道半ばで死んでしまった人って、僕はすごく幸せだったんじゃないかって思う。
もう何もかもやり終えて、自分は生きるのに満足した。もう十分だ。
って悟ってしまったら、新しい何かを見つけない限り、過去が光り輝くばかりで、弱っていくんじゃないか。

だから、楽しいと思うことは、じっくりやって、うまくいかなくても、逆にその下手くそな状態を楽しむくらいのほうがいいと思うんだ。

まぁ、いくら楽しい自転車の旅でも、目的地がないと走るにつれだんだん不安になってくるから、
そうならないように、目的地ってのは必要なのかもね。

そうなると、目的のための手段のはずが、手段のための目的になるわけだけど、それでいいんじゃないかな。

こういう考え方ってあんまり一般的じゃないのかもしれない。
普通は目的を達成することが幸せって思われてるから、みんな効率とか早さとか求める。
でも、時間をかけることとか、無駄なことを間に挟みながらやることが楽しいなぁって価値観になった方が、人生お得じゃないだろうか。

僕は日本一周するために自転車乗って旅に出かけて、道中で漫画でも読んで昼寝して、その間にふと何かが原因になって安楽死するような人生がいいなぁ。

関連記事

category: 自然

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/72-2f9ab064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。