ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

アフィリエイトのセミナー行ってきたよー  

セミナー




ニートの風上にもおけない行為だけど、
ネットビジネスですごく稼いでるとかいう人の講演会に行ってきた。



やっぱり経営者で、尚且つ成功してるだけあって、ビジネスに対する意識は人一倍高かったなぁ。
アフィリエイト、というよりビジネスをする上での心構え的なものがほとんどだったけど、参考になった。

ただ、その人は講演の途中で、いきなり涙ぐみながらこうも言い出したんだよね。

「自分はビジネスで成功するために、そのとき一番好きだった音楽を捨てた。そのことを今でも後悔してる」
ってさ。

いくらアフィリエイトが素人でも比較的結果を出しやすいとはいえ、やっぱりビジネスなわけで、
いざやるとなると、遊び半分ではできないんだよね。

なんか昔は借金背負ってたらしくて、その講師の人は自分の甘えを断ち切るために、
インディーズでCDも出してたらしい音楽をすっぱり辞めたんだって。

で、人一倍努力して、成功はして、その業界ではすごい有名になったらしい。
けど、そうやってお金を得たときに、ふとむなしさみたいなものがよぎったんだろうなぁ。

このブログでも散々いってるように、お金は生活を豊かにはしてくれるけど、
何かに耐えて達成するような形での「成功」ってのは、結局、自分の心に響かないし、何も残らない。


今では音楽をやるお金も時間もあっても、その当時と同じようにってわけにはいかなかったんだろうなぁ。

その講師の人は、お金を得るのも大切だけれど、
その代わりに自分が楽しんでいるものを手放すことはしないでほしいって強く訴えてた。

仕事ってなんなんだろ。

いくら世のため人のためって大義名分背負って、それで人から感謝もされて、お金を稼いだとしても、
こういうことが起きてしまう。
この人が音楽を捨てずに楽しみながらやれば、こんな風に後悔することはなかったかもしれないけど、
根本的に仕事が辛いものであることに変わりないよね。

この講師の人は、泥水すすって這いつくばってでも、
音楽で成功することを目指すべきだったんじゃないだろうか。

理性(頭)は、感情(心)が向かう先へいくための手段として使うべきって、
いつかの記事で書いたけれど、お金っていうのも理性にあたるものなんだろうね。

お金を目指してはいけない。お金は目指す先へ行くための手段であるべき。
と、ニートが言ったところで偉そうとしか思われないかもしれないけれど、
僕の今までの経験と照らしあわせても、そうなんだよね。

もし仮に僕がネットビジネスを始めたとして、それで成功したとしても、何もない。
むしろ、虚しさが湧いてくるんだろうなぁ。
なんという生きにくい世の中や…。

関連記事

category: 行ってきた

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/68-c9ecf7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)