ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

人生を際立たせる「夢」の持ち方  

自転車




引き寄せの法則で願いの叶えるのはいいんだけど

の記事で紹介している通り、夢や願望ってのは、実現したからといって、
それで自分の人生ハッピーってわけになるとは限らないんだよね。

んじゃ、夢は持たないほうがいいのか。

そうではないんです。ちゃんとあるんです。ガッカリにならない夢の持ち方!

今回は、自分の人生を彩る「夢」の話ね。



そもそも、夢が実現したからといって、幸せになるかどうかわからないのは、なぜなのか。

ズバリ本質から言うと、

その夢の行き着く先が
「競争に勝つこと」、「結果を出すこと」だから


なんだよね。

例えば。

出世したい→結果を出して、同期との「競争に勝ちたい」
大金持ち→お金を稼ぐことの本質は、資本主義経済で「競争に勝つこと」
○○大会で優勝したい→他の出場者との「競争に勝ちたい」

それ以外でも何でも、要は「他人より優れたポジションを得たい」っていう願望はすべて、
「競争に勝つこと」が前提になってると言っていい。


じゃあ、なんで、競争に勝ったり、結果を出すことに執心しても、報われない気がするのか。

それは、

・もし自分より優れた結果を出した人が目の前に現れた場合、自分の存在価値がなくなる。
・仮に世界1位になったとしても、いつかは誰かに取って代わられ、その時自分の存在価値はなくなる。

勝利とか結果とかって、淡雪のように儚いんだよね。

人の夢と書いて儚いと読む。
競争社会で他人を蹴落として得たものなんて、儚いわけ。

よくどんな世界でも、「あの人はもう終わった人だ」とかって言われたりするよね。

結果に拘る人は、いつか必ず敗北して、プライドズタズタで、そんなふうに後ろ指をさされるんだよね。
で、自分は昔は~~だったんだぞ、みたいな感じで、偉そうにいつまでも過去の自分にすがるはめになる。


じゃあ夢は持たないほうがいいのかな

というと、そうではないんだよね。

だって、生きる目標として夢を持つことって、やっぱりいいことなんだよ。

生活にハリがでるし。
夢も目標もない人は、ほんとにただ「生きてるだけ」になる。

「生きてるだけ」の状態で時間を過ごすのって、結構辛いもんだよ。


さっきの話の反省を踏まえると、

「他人との競争=他人と比べて自分がどうか」っていう視点じゃない夢は、むしろ持てば持つほどいいと思う。


例えば、

・旅行と写真が好きで、いつかは世界一周旅行をして写真に収めたい。
・車が好きで、修理できるところは何でも自分で修理できるようになりたい。
・料理を作るのが好きで、いつかは自分の料理教室を開きたい。

とかね。

これらに共通するのは、他人と比べてどうのってのは関係なくて、
あくまで「もっと自分の世界を広げたい」という動機が根本にあることなんだ。

こういう夢は、強い。

なぜなら、他人がそれを否定しようがないから。競争や結果には、あれこれ批判がつくものだよね。


なるほど、そういう夢を持てばいいのか。じゃあ競争はしないほうがいいんだね。

っていうと、そうではないんです。


僕が言ってるのは、競争に勝つこと、結果を出すことそのものを夢にするのは不幸だっていうこと。

夢を叶えるための手段として、競争や結果に拘るのは、全然おっけー!


例えば、働かずに生きるのが夢です、っていう人がいたとして。

じゃあそのためにはどうしようって考えて、死ぬまでに使うだけのお金をさっさと手に入れればいいやっていう結論に至ったとするよね。

すると、若いうちは外資系にでも勤めて、結果を出しまくって、競争に勝ちまくって、高い報酬をもらったほうがいいよね?

こんな風に、競争に勝った先に、自分の夢が広がってる時は、精一杯戦えばいいんだよ。


元々、競争心って悪いものじゃないしね。

しょーーもないことで友達と張り合って、どっちが先につくか競争~~!みたいなことしてたときって、アホだけど楽しいよね。

他人に負けたくないっていう気持ちは、誰にでもある。

それを、自分の夢を叶えるための手段として、うまく使うといいんだよね。




ちなみに、僕の夢はというと、

・中学から続けてきた部活があって、今でも好きで大学に練習しに行ってるんだけど、その部活のコーチになりたい。人に何かを教えるのが上手いって言われたりするから、そういう力を活かしたいなぁ。

・囲碁を4年くらいやってるんだけど、もっと強くなりたい。大会で勝ちたいとかじゃなくて、強いひとが見てる世界がどういうものなのかを、自分も知りたい。そのために、勉強したり、ネット碁使ってレベルアップしたい。

・自転車がずっと好きだから、チャリで日本一周旅行をやってみたい。その経過をブログに載せたりしたら面白いかなぁ。サバイバル感覚でできると、もっと楽しそう。

・生活に関して、なんでも一人でできるようになりたい。家具を直したり、野菜を栽培したり。料理・掃除なんかは元々好きだけど、もっと上達したい。

・ネットが好きで、いろんなWEBやアプリの開発なんかをやってみたい。職業訓練でWEBクリエーターの専門学校に行こうと思ってるけど、それを出発点にしてプログラミングも勉強したい。あ、あと囲碁のサイト作りたい。


などなど。書きだすと結構あるなぁ。細かいの入れたらまだあるんだけど。
それぞれの項目で具体的な目標は、ないんだよね。自分の人生かけて少しずつやっていきたいから、あんまり焦ってないんだけど。

なんか、競争が絡まない夢って、結局「趣味」なんだよね。

お金を稼ぐことは競争に繋がるから、趣味を仕事にしてはいけないってのは、この意味で正しいね。

関連記事

category: 人間

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/62-a24d5c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)