ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

マクドナルドに学ぶ、物事を割り切る力  

まくど



人生割り切りが大切って言うけどさ。


100億手に入る代わりに、身の回りの人間が苦しんだり、死んだりしますって言われたら、どうするだろ。


なにいってんだこいつ?っていうのはごもっともなんだけど、ちょっと考えてみようぜ!


考えたら、続きをどうぞっ!



なんでこんなこと言ったかっていうと、人間が取る行動って多かれ少なかれそういう性質があるよねって話がしたかったから。


マクドナルドという企業がある。


この企業の一番すごいとこって何かっていうと、とてつもないほどの経済効果を生み出してるってことなんよね。

単純に考えて雇用の数がすごい。

バイトまで入れたら全世界で一体どれだけの人たちが働いてるんだろう。
失業が叫ばれる中で、その規模を活かして、多くの人達を救ったに違いないよね。

あと、働くとなると、当然そこでのコミュニケーション、ドラマがある。

高校生からバイト採用してるし、働くっていうことについて考えたり、
あるいはマクドナルドがきっかけで付き合った人なんかもたくさんいるだろうね。

発展途上国に新店舗ができた時なんかもすごいね。
中国の数年前のニュースで記憶があるけど、人が山のように殺到してた。

それだけ新しい刺激とか、夢とか、いろんなものを与えていたんだろうね。



さて、さっきからやたらマクドナルドを褒めてるけど、肝心の商品については一切言及してないわけ。


ハンバーガー。

値段の割にカロリーが高いから、そういう意味で食料が足りてない人たちにとっては一時的な救いにつながった面もあるのかもしれないんだけど、一番の問題は、健康だよね。

実際ハンバーガーが何を原料としてどうやって作ってるかはよくわからないけど、
事実として、健康被害を訴えてる人が続出してる。

スーパーサイズ・ミーっていう映画知ってる?

監督自身が被験者となって、30日間毎日マクドナルドを食べ続けたんだってさ。

結果は、Wiki先生に聞いてね。スーパーサイズ・ミー

一言でいうと、めっちゃ体調崩したわけよ。


賛否両論あるのかもしれないけど、人間の健康っていう部分に関しては、プラスになる食べ物でないことは、どうやら間違いないらしいんだよね。


僕ももちろん食べたことあるけど、頻繁に食べるわけじゃない。
安いから・手軽だからって言って常習的に食べている人が、いつどんな形で健康に悪影響が出るか、未だ誰もわからないんだ。

日本で本格的にマクドナルドが普及したのは、せいぜい20年やそこらくらいだし。


まぁ誤解を恐れず申しますと、カロリーのあるうっすい毒を売ってるようなもんなんだよね。


ここで最初の質問に戻るわけだ。


100億手に入る(マクドナルドの経済効果)代わりに、身の回りの人間が苦しんだり、死んだりします(ハンバーガーの健康被害)って言われたら、どうするか。


そして、マクドナルドはこの世から消えたほうがいいのか、存在するべきなのか。


ぶっちゃけると正解はないよね。
というか、その人それぞれの考え方の違い。メリット・デメリットにどれだけ反応するか。
その人が生きてきた現実の中で、どちらがより切実な問題だったかっていう話。


それはそれで良くてですね。


こっからが真の本題ですよ。


僕が言いたいのは、そのそれぞれの考え方っていうのを、どれだけ割り切れるかっていう話なのさ。


例えば、僕がもしマクドナルドは存在すべきかしないべきか、選んでくださいって言われたら、あった方がいいですって答える。

やっぱそれだけの経済効果と、生活に与える影響が大きいもん。
僕もたまに利用するし。

すると、じゃあもし20年後、マクドナルドを食べた人が続々と健康被害を訴えて、衰弱したり、あるいは死んでしまったりする社会現象に陥った時に。

あなたがあった方がいいって言ったせいで、これだけ苦しんでる人が出てるんですよみたいなことを言われたとして。


僕は何を思うだろうか。


自分の選択に責任を感じて、病んでしまうのかな。
それとも、意外とふてぶてしく、ふんぞり返ってるかな。


ま、この例だとちょっとリアリティが無さすぎるかもなんだけど。


僕はこの質問を、マクドナルドの社長にぜひしたい。


社長なんて経営者だから、商品の開発に関わってるわけじゃないんだろうけど、それでも最高責任者なわけだし、こういう事態に陥ったときにどう感じるのか、すごく興味がある。


そこで、割り切りっていうのが出てくると思うんよね。

割り切りって表現したらなんか切り捨てるみたいなニュアンスあるけど、そうでなくて、

何かを犠牲にしてでも得たいものがあるって時に、その犠牲を顧みず、迷わず進めるかどうかってところなんだよね。


マクドナルドの社長なんて、これだけの雇用を生み出して、世界の救世主って言われてもおかしかないくらいのもんだよ。正直いって。

けど、マイナスの面もある。人の健康ってかなり重たいよ。
けど、それを犠牲にしてまで成し遂げたいことなのかなぁ。

手に入るお金に見合うだけのものなのだろうか。


で、僕らも他人事じゃなくって、例えば選挙だとか、普段何を買うかとか、そういう小さい選択肢で、一人ひとりの影響は大したことないかもなんだけど、しっかり結びついてるんよね。


まぁそんなこといちいち考えて行動してないけどさ。


あるとき突然、そういう事態に出くわしてもおかしくないのかなって思って。


そんな時めげずに割りきっていけるのは、きっと自分が本当にやりたいことを貫いた人だけで、そういう生き方が理想だねって、お決まりの結論にたどり着くわけでした。


ちょっと最後端折ったけど、いいかな。詳しくはサイドバーにあるオススメ記事も読んでね!

なんか最近こういう記事おおいな。

関連記事

category: 社会

tag: 社会   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/57-f2b1035f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)