ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

刺激は一体どうなってしまうの  

夏祭り




夏だ…。


僕は夏が好きだ。


暑いけど、なんかこう、エネルギーを感じる。
植物もたくさん成長する時期だし、躍動感あるよね。


けどそんな刺激に満ちた季節でも、人によってはただの暑苦しい季節ってだけになってしまうんだろうなぁ。


さっき外を散歩してきたんだけど、ほんとにいろんな刺激・癒しに溢れてることがわかる。


風は気持ちいいし、空の色・グラデーションや雲の形は、一日たりとて同じ日はないよね。
川が流れる音は心地いいし、鳥の鳴き声や飛ぶ姿、緑が風に揺れてるのを見ると、なんか落ち着く。


こういう自然刺激って、柔らかいというか、さりげないというか、めちゃくちゃ面白いってこともないけど、不快感はないんだよね。

毎日接しても飽きないというか。


けど人間って飽きっぽいから、どんどん新しい刺激を追い求めるわけだよね。

光や音を使った過激な演出、油脂や香料・化学調味料を使った濃厚な味。
ネットの登場でどれだけ生活リズムを乱している人間がいるのかは想像もつかない。僕のことなんだけど。


とまぁこのように、刺激って大きく分けると自然なものと、人工的なものとあるわけ。


で、よくあるのは、そういう人工的な刺激人間の本来の感覚をマヒさせるし、悪影響だという論調。

僕が小学生の頃も、ゲームが脳を馬鹿にするとかなんとかで、まぁさんざん言われたね。

心情的には、理解できる。

人間は本来、自然の生き物だし、一晩中ゲームに熱中してる人が健康的っていうイメージにはならない。


けど、最近そうでもないんじゃないの、と思い始めてきた。


結局、その人がいろんな刺激に対してどう接するかっていう話なわけで。
毎日白米と一汁一菜だと体には良いかもだけど、たまには肉や揚げ物も食べたいっていうことだよね。


自然派を否定するつもりはさらさらないけど、人工的な刺激も、うまく付き合えば楽しいもんなんだよ。
いろんなものをフルに活用して伸び伸び生きられれば、その人は人生の達人なんだろうな。


と、ここで両者の立場を理解した上でですね。


やっぱり僕は、自然が好きだ。


所詮、人工的な刺激なんて、最終的には「しょうもない」ような気がする。
一時期熱中してても、いつかは冷めるし。熱しやすいものほど、冷めやすい。

自然は飽きない。

継続するって、人生の奥義の一つだと思ってるから、この点で自然に勝るものなし。

それに大体タダだしさ。自然がすきな人って、いろんな意味で強いと思う。


これから、色を変え形を変え、いろんな刺激が生み出されていくんだろうな。
僕はそれを、端っこから眺めてるようなポジションに、ずっと立ってるんだと思う。

自然、好きです。


ああ、でも虫は大嫌いだわ。

生理的に受け付けないってあれのことだと思う。

関連記事

category: 人間

tag: 自然  人間  刺激 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/53-95369966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。