ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

「みんな違って、みんないい」を超えた先にあるもの  

影





表題調べたら、金子みすゞさんの詩の一部だったんだね。


このフレーズだけなんか心に残ってた。


ここにきてぶっちゃけてしまうんだけど、

このブログでは散々日本の社会や、今の労働のあり方について批判的な論調を保ってるよね。

それは僕自身の立場として、間違ってないと思ってるし、意見を変える気はさらさらない。


けど、だからといって、今の社会がダメとか、変えるべきとか、そういうことは全く思ってないのですよ。

えぇえええ!?何こいついきなり日和ってやがんだー!!

となるところなんだけど、まさにその通りで、基本的に僕は日和見主義なんだよね。

開き直りやがった…・

ってなんでセルフツッコミやねん!!←これはノリツッコミ
ちなみに、3段ツッコミという高等テクもあるよ!



ツッコミはさておき、なぜなら、立場と役割っていうものがあるからなんだよね。

どれだけ社会的に不利益しか与えてないと思えるモノがあったとしても、それはあくまで自分の視点から見てそうなだけであって、その存在に救われている人間が、この世には間違いなく存在してる。

あるいは、どれだけ理不尽だと思えることがあったとしても、それは相手の立場からすると、相手が生きてきた人生の背景をすべて考慮にいれると、仕方がないことなのかもしれない。

それと同じような意味になるんだけど、すべての物事には、例外なくメリットとデメリットがある。

でも、それ言い始めたら何が起きてもしょうがないで済んじゃうし、自分が被害を被ったときはやられ損やんけ…

と、なる。

優しい人、正直な人ほど損をするってのは、こういうことなのかもね。


けど、はっきりいってそれとこれとは話が別なわけ。


なぜなら、自分にも立場がある。
神様じゃないんだから、いくら相手の事情や理由を知ったって、譲れないものはあるんだよ。


僕は会社で二度と働きたくないと思ってるし、こんな世の中おかしいと思ってる。
けど、それは僕個人のただの感情であって、会社のあり方としては間違ってないと思うし、
おかしいどころか、むしろ自然だとも言えるんだよね。


会社の考え方で行くとそうなる。正しい。でも、僕は死んでも嫌だけどね。
っていう感覚。




さて、今までの話を受けて、悩みやモヤモヤを減らして、人生をより健やかに生きるためにどうするか。


それは、

自分にとって本当に大切なものが何なのかを知っておくこと。

それが守られているなら、それ以外のことは自分にとって瑣末な問題に過ぎないわけだから、相手にも事情があるってことを考慮して、できるなら何でも譲ってあげること。



これですよ。


もし瑣末な問題に囚われてしまったり、こだわってしまうと、必ずメリット・デメリットの壁にぶつかるし、他人の言い分との間で倫理的なジレンマに悩まされて、自分の心身をすり減らすことになっちゃうんだよね。

僕自身、会社に入った時がまさにその状態だった。かなり辛かったな…。


でも本当に大切なものってのは、そういうメリット・デメリットなんていう理屈を超えた「何か」だから、そういう不安は全くないわけ。

僕は今、仕事を辞めて、平日の昼間に昼寝をして、金はないけど最高に気分がいいんだよね。


僕が最初に日和見主義って言ったのは、正直自分にとってどうでもいいことが多いから、基本的に他人に譲ってるというだけだね。

もし、僕と同じように働くことや、それ以外のことでも悩んでる人がいたら、少し立ち止まって、考えてほしい。

それはあなたにとって、どうしても譲れないものですか?っていうことを。

関連記事

category: 自然

tag: 人間  自然  ツッコミ 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/52-f1565cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。