ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

水を吸ったスポンジ  


お金の価値にばっか目が行っちゃって、衣食住を提供してくれてる人がないがしろにされてませんかー?って話。


そうは言ってもお金という存在は便利すぎるから、まさか物々交換だとか、社会主義経済になれとか言うつもりは全くないんだけどね。



とにかく、今の人たちは働き過ぎなんじゃないかなぁ。
楽しくてやりはじめたことでも、毎日12時間とかやってたら、いやになってくるでしょう。

朝ゆっくり寝たい日もあれば、午後から散歩に出かけたい日もある。

ずっとオフィスでこもって、日も浴びないような生活ってどうなんだろ。


みんながもうちょっと「まぁ、これぐらいでいっか」て思えたらいいのに。


サービスを受ける側が「もっとサービスして!!」っていうから働く側も頑張るし、
働く側は自分がそれだけ普段頑張ってるもんだから、自分が客になると同じように、
「もっとサービスして!!」っていう。

それが今までは効率化と生産性の向上っていう、いい方向で作用してたんだけど、もう昔のような成長の仕方ができなくなっちゃった。

いやまだまだ余地はあるかもしれないし、また爆発的に生活が急変することもあるのかもしれないけど、

とりあえず今一段落って感じ。



水をすったスポンジは、一度絞りなおさないと、また水を吸うことはできない。



今、そういう時期に入ってるんじゃないかなぁ。築きあげてきたものを、ちょっと、見なおすべきなんじゃないかな。




そんなふうに、会社に入って、思った。
関連記事

category: 自然

tag: スポンジ  自然 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/5-d6d4b196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)