ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

世代別に見る、ゆとり世代のスタンス  

スケッチブック




今時の若いもんは…っていうセリフあるよね。
あれって面白いことにいつの時代でも言われてきたことなんだよね。
そういうセリフが出てくるってことは、自分たちが若かった時と比べて何かしらが違うからなんだろうね。

つまり、世代ごとにやっぱり特色ってあるもんなんだよな。


ゆとり世代と言われている10代~20代前半の人間って、何を感じてるのか、あるいは、どういう境遇の世代って言えるんだろう?



まず、今の社会である資本主義経済の基本を作ったっていえるのは70代より上の世代の人たちだよね。
そのおかげで、日本はすごく発展した。いわば創世期にあたる人たち。


それ以降の世代は、基本的に0から1を生み出すようなことって、してないんだ。


そんなことないだろー!いろいろ製品もサービスも開発されてきたじゃないか!
ってまぁ、そりゃそうなんだけどさ、でも、それってあくまで「延長線」なんだよね。


松下幸之助や、本田宗一郎のような、革命的に社会のあり方にインパクトを与えたような人間は、それ以降未だ出てきていない。

みんな、こういう「社会を創世してきた人たち」が作った土台に乗っかって、あーでもないこーでもないって発展させてきただけなんだよね。


だけっていってもそりゃすごい努力なんだけど。


そういう「延長、発展させてきた」といえるのが、今の40代~60代の世代の人たち。


特に60代の団塊の世代の人たちはちょっとインパクトがすごいよね…。
人口が多すぎて競争意識の激しい世代なのかしらないけど、図々しい感じの人が多い印象があるなぁ。


でも、この世代の人たちはバブルという恩恵を受けていて、欲望を叶えるという意味では、最も幸せな世代なのかもしれない。

特に、「専業主婦」の台頭が個人的には強烈。


だって、働かなくてもいいんだよ?


戦後の世代の主婦は、製糸工場とか内職とか、なんだかんだ働いてた。

そして今の若い女性も働く人が多くなってきている。

働く女性世代の間に挟まれた、「専業主婦」というのは別格の存在感があるように思うね。
当時の日本の豊かさの象徴と言ってもいいかも。

特に、50代~60代の女性に当たるのかな。一億総中流なんて、うらやましい世代だなぁ。
まぁ、だからといって幸せかというとそうでもないのが人生良く出来てるなぁって思うところなんだけど。


そしてお次が、30代の人たち。ここらへんから雲行きが怪しいよね。

バブル崩壊を受けて、就職氷河期なんて言われてる世代の人たちだね。
確かに、特に今の大企業って、この30代の人たちがまるでぽっかり穴が開いたようにいない状態になっている。

20代の人間をこき使って、40代以上の世代がそれを管理する。そんな構造になってる。

同時に、30代の人たちは、フリーターや派遣社員など、企業の業況悪化という理由で安月給で使い倒される人たちがすごく多い。格差社会ってのはまさにこの世代のことだね。

結婚も出来ず、少子化へ向かう要因ともなっている世代。まぁ、仕方ないよね。

僕の予想では、次の松下幸之助が現れるとしたら、この世代の人かな…。



さて、次はいよいよ僕らゆとり世代の登場だー!


今の10代~20代が抜群に他の世代を圧倒しているのは、なんといっても物質的な豊かさだね。
家電はもとより、衛生状態、手軽に手に入るおいしいご飯、ネット環境の充実。

特にインターネットによって、僕らの世代が日常的に触れる情報量は、他の世代の追随を許さない。
あらゆるマニュアルや、パターンを知る世代でもあるのかなぁ。
なんせ、自分で考えるより前に、誰かがやってきたモノがすでにある。

でも、それと引き換えに、精神的にはどちらかというと抑圧されていると言っていい。

そもそも僕らは生まれた時から不況という状態しかしらない。
仕事に対する希望や、熱意といったものが大きく欠如した世代でもあるよね。

そして、世の中のあらゆるルール、規制というあおりを受けて、「自分達が何かをやりたい放題やる」といった経験も乏しい。

僕が会社に入って驚いたのが、40代の人たちの「昔は良かった」話なんだよね。
なんでも、当時は今ほどルールも厳しくもなかったし、無茶しまくって男も女もハジけまくってたなんていうもんだから、時代を感じるよね。

そんなわけで、僕らの世代は、総じておとなしく、良く言えば優しいと言われる。
反対に、男らしくないとか、情熱が足りないとかって言われるけどね。

下の世代に行くに連れ、その傾向は、ますます強くなってきているように思う。

僕自身、大学時代の後輩に今でも会うけれど、彼らは本当に優しい。
自分の我を通すとか、尖った態度をとるようなことに、縁がない人たちばっかりのように思う。


どうかな?

一言で言うと、

僕らはモノや情報はたくさんあって楽しいです。
でも、ルールや世間体が厳しいからおおっぴらに自分の感情を明け透けにはしにくいです。



まぁでも、なんだかんだ言って、どの世代も幸福度っていう意味では、大差ないように思う。
僕らの世代はモノが豊かで幸せだろっていうかもしれないけど、例えば年収は低くなっているし、税金で取られる割合も大きい。

だから、僕はこの時代に生まれたことに、特に有り難くも思わないし、かといって嫌でもない。

最終的には、その時代ごとに合った価値観をいち早く持って、それに適応できた人間が、一番悩みなく生きられるって思うからね。

良い価値観とか常識とか、人の素晴らしさなんてのは、時代が変わればすぐに変わる。
だから、一々それに拘るのは馬鹿馬鹿しいし、結局大きな流れには逆らえない。

そういう意味では、自分の考えなんて有って無いようなもんなんだよね。
自分が信じてた価値観がバッサリ否定されて壊されるなんて、よくあることってワケ。


だからこそ、心から自分の望む、「自分らしさ」を信じて、誇りを持って生きることが大切!
その時代に合わせる形でね!

関連記事

category: 社会

tag: 社会  ゆとり 

コメント

僕はゆとり世代だけど徹底して自分の欲望に忠実でありたいと思います。こんな長時間労働はしたくない。もっと余暇を楽しみたい。

URL | たけ #-
2012/08/12 09:21 | edit

僕も上の人の意見に賛成です。
僕達は働くために生きているわけじゃなく生きるために働いてるわけですからね。
でも日本で生きるために働いていると周囲から洗脳されて結局、社畜化してしまうんですよね、、、、、
僕自身や友達も、日に日に目の輝きを失い死んだ魚のような目になってきますよ。
ガッチリと抑えこんでくるこの堅苦しいシステムから逃れるにはどうすればいいんでしょうか。




URL | リョウ #-
2013/04/01 00:37 | edit

Re: タイトルなし

>>リョウさん

そうですね、会社に入った以上は会社のシステムからは決して逃れられないと思います。
それを回避したいのであれば…

①出世して権力を持って、自分がシステムを変える
②その環境でも楽しめるように自分の価値観・精神を作り変える
③会社を辞める

の3択じゃないでしょうか。会社に入って給料を貰うけれど、自分のやりたいようにやるっていうのは、なかなか難しいと思います。
もちろん話はそんな極端なことじゃなくて程度の問題であって、100%自分のやりたいようにとまでいかなくても、我慢できるレベルで収まってくれればいいんですが、今の会社のほとんどが我慢出来るレベルを超えてしまいますからね…。僕は会社を辞める選択肢を選びましたが、もうちょっとどうにかならないのかなぁっていうのはつくづく思います。

URL | ゆとりさとる #-
2013/04/01 10:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/47-3854ac56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)