ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

「やりたいこと」を貫くより、もっと充実した生き方  

はーと




自分のやりたいことって、何なんだろう…。

このブログでは事ある毎に、「やりたいことをやろう!」って言ってる。
じゃあ、そこまで言うんなら、例えば僕のやりたいことはなんなんだ?っていう話になる。

それを話す前に。

「やりたいこと」っていう言葉の解釈にはある種の危うさが潜んでて、もしかしたら誤解を招いていたところがあったかもしれないから、まずは「やりたいことってほんとにあるの?」ってところから話をはじめるね。


僕は「やりたいことをやるべき」という主張を掲げていて、それはやっぱり間違っていないと思っている。

でも勘違いしてもらいたくないのは、「やりたいことを仕事にしろ」、とか、「やりたいことを貫け」なんてことを言っているわけじゃないんだよね。


例えば、ラーメンが好きで好きで、ラーメンを食べることが生きがいだっていう人がいたとする。
なるほど、この人は確かにラーメンが好きで、いろんなラーメンを食べた経験もある。
じゃあ、ラーメンの評論家になってもらおう!ということで、毎食ラーメンを食べさせていたら、どうなるか。

栄養失調だとかはさておき、普通、飽きる。そしてついには、精神的に参っちゃうよね。
しかも、お腹が空いてる時に食べさせられるならまだマシだけど、お腹が空いてない状態でも食べることを強要されたら、どうなるか。


ここに、現代の「働く」の大きな落とし穴があるように思う。


つまり、今みんなが働いてるってのも、自分で選んだ結果といえばそうなんだよね。
いろいろな職業がある中から、その仕事を選んでる。建前上は、やりたいことのはずなんだよ。

でも、息苦しい。毎日がしんどい。

そりゃそうだよ。いくら好きとはいえ、毎食ラーメン食べさせられて、お腹が空いてなくても否応なくラーメンを食べなきゃいけないんだもの。


じゃあ、ここで原点に戻って、「やりたいこと」ってなんなのか。

結論を言うと、
そんなものは無い、んだよね。

何を言ってるんだこいつはって思われちゃうかもしれないんだけど、ちょっとそれ以外に表現しづらい。


「あえて」表現するとすれば、やりたいことっていうのは、その時々の気分でやりたいと思ったことっていうのが、近いかもしれない。

さっきのラーメンの話から言うと、人間はいくらラーメンが好きでも、それだけ食べて生きていくことなんて、不可能、あるいは、非常に苦しい。
だから、「今あなたはご飯でもパンでもなんでも食べていいんだけど、何にする?」って聞かれて、「昨日は焼肉を食べたし、今日はラーメンが食べたい」って答えて、ラーメンを食べる。
そんな状況が、人間にとって最も好ましくて、自然な状態だっていうことなんだよね。

選択と集中っていう言葉があるよね。企業は、効率を求めるものは、これを好む。
なぜなら、生産性が高いから。

けど、そんな選択と集中をした結果、人々の心はどうなるか。
最初の数年は、まだいい。新鮮だし、みずみずしい。
それを、安定した収入を得るためという理由で、10年、20年と続けていくと、どうなるか。

仕事をすること自体は、どんどん楽になっていくのかもしれない。やりなれた領域だろうからね。
でも、自分の中で沸き起こる、新しいことに挑戦したい心や、好奇心のようなものを、いつもズタズタにしながら生きていかなきゃいけない。
もう体はラーメンを食べたくないって訴えていても、それを押し殺して、食べなきゃいけない。
それは果たして、安定した収入と引換にできるくらい、軽いものなんだろうか。

前も書いたけど、僕は働いていた一年間、本当に一生懸命仕事に取り組んだし、上司からすごく評価されていた。
将来は企画を担当するような組織の中枢へと行って、多くの人の役に立てるポジションに行くはずだって、言ってもらえた。最後まで、辞めることに反対された。

けれど、僕は、頑張れば手に入ったかもしれないその将来を捨てた。


人間にとって心地良い状態と、効率性っていうのは、ある意味相反するものがあるのかもしれないね。
人間は機械じゃないっていう言葉に言い換えてもいい。

「人はやりたいことをやって生きるべき。でもやりたいことっていうのは、常に変化して、うつろうもの。」


ここまで書いて、「やりたいこと」の意味ははっきりしてきたかな。

だから、僕は仕事を辞めて、今はその「やりたいことをしている」環境にいるんだよね。
毎日決まった時間に起きないし、毎日何かを義務的にこなしているわけでもない。


そこで問題が生まれる。確かに、やりたいことをやっていると気分はすごくいい。
けど、実際問題として、日々の糧を得られないっていうのは、間違いないんだよね。

つまり稼げない。

この壁は、多くの人達が常にぶつかり続けてきたんだろうなぁと思う。
やりたいことをやるのが一番いいなんてのは、多分太古の昔から言われてることなんだろうけど、それでも、じゃあ現実問題として何をやる?っていう質問に答えられる人たちは、ほとんどいなかったんじゃないかなぁ。


その問題に対する答え、つまり、やりたい、やりたくないとは別に、僕が「やろうとしていること」はいくつかあるんだよね。
そのヒントというか、大本の考えになっているのが、このブログのテーマである「人間にとっての自然とは何か」ということ。
人が生きるという一点で、僕は常に自分にとって分相応な、自然な状態を目指してる。
それは、ビジネスにおける最大の焦点とも言われる、「継続」にも繋がってくることなのかな。


①ワークシェアリング

毎日ラーメンを食べるのがいやなら、いろんなものを食べられるようにすればいい。
今日はラーメン、明日はカレー、というようにね。
ただ、日本で正社員という条件だと、これは現状不可能に近いわけ。やろうと思ったら、バイトの掛け持ちのような状態になるわけだね。


②ネットビジネス

毎日ラーメンを食べるのがいやなら、食べる量、回数、日数を少なくすればいい。
ネットは一個人が大多数に対して情報を発信することができる、唯一の媒体なんだよね。
これまでの既存のビジネスを応用させれば、1日の労働時間が2,3時間でも、今までと同程度の収入を得ることは可能ってわけ。
具体的には、アフィリエイトのような広告収入モデルが主流なのかなぁ。


③お金を使わなくても満足できるライフスタイルを確立する

毎日ラーメンを食べるのがいやなら、そもそも食べなくてもやっていけるようにすればいい。
今は本当にありがたいことに、安価で上質なモノ、サービスはいくらでもあるし、無料で楽しめるコンテンツも山のようにある。
自分の人生の中で本当に必要なことを見極めて、日々生きていること自体に感謝することができれば、自ずと馬鹿みたいな出費をしなくなるんだよね。



僕が今思いつくのは、これぐらいかな。そして、「やりたいこと」の話を踏まえると、これらすべてをその時々で実践することが、今の僕にとっては「やりたいこと」なわけ。

中でも一番大切なのは、③かな。
人間の欲望は限りないし、お金は仕方なく稼ぐものなんだけど、はっきり言って①や②なんてのは、その次善策でしかないわけ。



僕がやりたいことは、わかんない。その時々の、気分でしかない。
けれど僕がやろうとしていることはある。それは、人間にとって自然な状態を目指すっていうこと。
もちろんその中には、「生きるために働く」っていうのも含まれるね。

でも僕が言う働くっていうのが、いわゆる大企業に入って敷かれたレールの上を行くようなものではないことは、間違いないんだよね。

関連記事

category: 自然

tag: 自然  人間 

コメント

こんばんは。
コメントに対して記事を書いて下さって有難うございました。
私には少し難しい部分もありましたが、ゆとりさとるさんは「生き生きと働いていく」ことを目標とされているんですかね?

私は仕事を辞めるか否かで悩んでいる者です。「もう何もかも嫌だ!」となれば早いのですが、仕事で満足出来る部分もあるのが決断を鈍らせますね。
残念ながら能力のある人間ではないので、転職先が見つかるとはあまり思えないですし、特に身に付いたものも思いつかないです。

URL | みけ #-
2012/07/08 00:41 | edit

>みけさん

そうですね。僕は収入や地位より、生き生きと働くことを目標にしているわけですね。

僕ももちろん、以前の職場の「すべてが嫌だ」とは思ってませんでした。でも、僕の中で最も大切な「生き生きする」ということが、満たされなかったんですね。

周りを見渡しても、生き生きしていると思える人はほとんどいませんでしたし、やらされ感や、そうならざるを得ない体制があったわけです。僕自身働いてみて、とても辛かったです。

そして最終的には、自分の道は自分で切り開くしかないと決断しました。

でも、僕もお金を稼げる能力・スキルはありませんよ。
それをどうするかを考えるほうが「生き生きできる」ってわけですね。

なので単に不満があるからという理由で仕事を辞めるのは、おすすめしません。

まずは、みけさんにとって一番大切な働く理由を考えてみましょう!
そしてそれが満たされてないのであれば、その不満を解消するためにどうするか、考えればいいわけです。

そして僕のように、会社にいる以上それが解消されることはないと思ったら、それが辞め時なんでしょうね。

URL | ゆとりさとる #gFYImC.2
2012/07/08 01:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/43-44347622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)