ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

大増税時代について真面目に考えるのは時間の無駄<第一回>  

a0782_001189.jpg





増税されちゃった世の中。

こういう現象を目の当たりにして、あるいはヒントにして、
僕らはどうやって生きていくのかを考えていかなきゃいけないよね。

僕はこれからもっと税金は課されていくと思うし、お金を稼ぐこともどんどん難しくなっていくように思う。
それにはいくつかの根拠もあるんだよね。

この増税っていうテーマはさ、僕らにいろんなことを示してくれてるように思うんだよね。
生きる上での、本質的なこと。

ちょっと大切なことなので、何回かに分けて書こうかな。



じゃあ、まずは増税がますます課されていく背景と、その対処法から。

背景としては、もうこれはいろんな書籍やテレビなんかでも論じられてることだから詳しくは触れないけど、
政治がどうだの利権がどうだのって言わなくても、要するにこれから高齢者が増えるんだから、
その人達を支えるためにお金が必要になるっていうことなんだよね。

で、僕的には理由は割とどうでもいい。問題は、増税されるっていう事実だよね。
そこにどうやって向きあえばいいんだろう。


これさ、ほんと単純な主張なんだけど、お金を使わなければいいっていう話にならないのかな?


だって、税金の本質っていうのは「お金を利用することに対して利用料が発生する」っていうことでしょ。
消費税はそのまんまそういう意味だし、所得税もお金を「所得する」行為に対して課せられてる。
自動車税だって、自動車を「買う」っていう行為から生まれるものだし。
住民税だって、一年前の自分の「所得するっていう行為」に対して発生してる。

理由は何にせよ、お金を手に入れたり使ったりすると、税金がかかってくる。

で、そろそろ社会について一言いっとくか<第一回>のシリーズでも述べているように、今の社会のシステムって、主に60代後半~90代の人たちが創りあげてきたものなんだよね。

当然、税金っていうのも、そこには含まれる。
今の社会って、お金をどんどん使おう!そうすれば幸せだよね!稼げる人=付加価値を生み出せる人が偉い!
っていう世の中で、そういう世の中で得をするのは↑の人たちなわけだから、

基本的に、お金を使えば使うほど=その循環に巻き込まれれば巻き込まれるほど、しんどくなると思っていい。


だからね、できるなら、お金を使わない=今の社会システムを利用しないっていうのが、一番賢い。
賢いというか、強い。どんな財政状態になろうが、生きていける力を身につけるっていうのかな。

例えば、自宅で家庭菜園をやってもいい。自炊をして、料理の腕を磨いてもいい。
農家の人と直接、食料と貨幣のやり取りをしてもいい。

今までは、おいしい料理が食べたければ、稼いで高級レストランにいけばいい時代だった。
でも、今はそれじゃ効率が悪すぎる、だって、税金かけられるんだもん。
稼ぐ時に取られ、消費する時に取られ。

だったら、自分でそれを再現できるようになった方が、結局長い目で見ると「コストが低い」
っていうのが現実化してくる時代なんだよね。


まとめると、これからの大増税時代を乗り切るポイントとしては、


  • お金をなるべく使わない。必要以上に稼がない。

  • お金を使わなくても楽しく生きるスキルを身につける



っていうことになるかな。

で、実はこれ、概ね僕が目指してる姿なんだよね。
僕は別に増税されようがされまいが、こうなることを目標にしていくつもりだったけれど、
増税されるっていうことであれば、尚の事、この戦略が有効になると思う。

関連記事

category: 社会

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/39-e388bd5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)