ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

ここであえてのゆっくり歩く  

a1160_000006.jpg






外を出歩いてるときにふと思った。


「あれ、なんでこんな早く歩いてるんだろう?」


働いてる時は、早く歩く必要があった。というか、それが求められてたよね。
のんびり歩いてたら「何をだらだらしてんだ」って言われるし、朝は一分一秒を争って早く駅につかなきゃいけないし。

「早く歩く」ってことが、何も悪くない、むしろ、早ければ早いほどいいみたいな考え方になってた。どうせ同じ歩くなら、そのほうが効率がいいってね。

けど、もう会社を辞めたわけだし、早く歩く必要はない。時間もあるしさ。
じゃあ、好きなようにゆっくり歩いてみようと思って、ゆっくり歩いたんだよね。
するとすんごい不思議な事に、なぜか心が穏やかになるというか、「歩く」っていう行為に充実感を覚えたんだ。

「早く歩く」ことがこんなにも自分にプレッシャーを与えていたんだって気づいた。

よくよく考えてみると、人を追い抜かすぐらい早く歩いていると、横に広がりながら前をノロノロ歩いてるおばあさん達が凄まじくストレスに感じるし、人を追い抜かすってそもそも、いろいろと気を遣いながら追い抜かすから、楽ではないんだよね。

それが、自分の方から脱力して、ゆっくり歩いてみると、一気に風景が変わる。

人を抜かすっていうエネルギーを使う行為をしなくて済むし、今まで見落としていた木々だとか街の風景がよく見えるようになるし。


そうやってちょっと一歩引いた状態で周りを見てみると、なんだかみんな歩くの早くない?って感じちゃう。僕の勘違いなのかな。


自分にとっての「自然」なペース。呼吸をじっくりしながら、風景を味わいながら歩ける、そんなペース。時には立ち止まって寄り道してもいいじゃん。そういう歩き方ができるってのが、実は贅沢ってことなんじゃないかなぁ。

関連記事

category: 人間

tag: 自然  歩く 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/38-41ddc932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。