ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

ゆとりハウスプロジェクト  

家作ります。いろいろ疲れたり悩んでる人のための居場所。

ざっと背景を言うと、つまり僕たちは抑圧されて生きてきたんだと思う。生まれた時から家族という社会に属して、大学まで含めれば16年間の教育を受けて、会社に入ってからはますます神経をすり減らして。その時々で本当に自分がやりたいことや思うことを自由にやったり言ったり出来てこなかったんじゃないだろうか。
加えて今の会社の在り方というか働き方はなんかおかしいところが非常に多く、そもそもやたらときつい。就職したとしても本当にその会社でこれから何十年もやっていけるのだろうかと。まぁこの辺の詳しい話は過去記事にも書いてるので割愛します。

そんなわけで、自分の心を見つめたり癒やしたりやりたいことを探したり生き方を見つめ直したいと思っている人がめちゃくちゃ多くいるなと、それはこのブログを通じて痛感したことだった。

で、じゃあ具体的にどうするよとなった時に考えついたのがこのゆとりハウスでした。
しかし自分の心を見つめるというのは実はひじょうーーに難しい。知らず知らずの内に押し込んでしまった自分の気持ちを引っ張り出してくるようなもんなので、一人でやるには時間もかかるし精神的にも辛い。
親や世間に干渉されない自由な空間や時間を持って、気持ちを理解し合える人達同士で話したり遊んだりして交流するのが理想なんだけど、ゆとりハウスが目指すのはそんな空間です。

コンセプトは「一日シェアハウス」。
シェアハウスって住民同士の交流ができるのがすごく魅力的ではあるんだけど、ハードルが高すぎるのよね。大層に引っ越し作業したり月額何万払ったり相性が合うかどうか心配したりするんじゃなくて、一日だけふらっとやってきて「今夜泊めてやー」「おう泊まってけやー」くらいの、友達の家に遊びに行くような距離感で過ごせる空間があったらいいなと思う。

放浪の旅で使ったネカフェなんかもすげー良くて現状あるサービスの中では一番使い勝手良いんだけど、ネカフェはやっぱり「店」感が強過ぎてくつろげない。ぶつぶつ独り言も言えない空間じゃ落ち着けないよー。

店感じゃなくて家感。ジャージ姿で「だぁー」とか言いながら入ってこれるようなとこがいいよ。部室みたいなイメージかな。僕は大学時代よく部員でもないのに写真部の部室によく通っていて、しょーもない話をしたりゲームしたりして過ごしてた。あの感じが欲しいんだわ。
真剣に人生について悩めて、気軽に遊びにもこれる空間…になるといいな。

で、これはお金もらってやろうと思ってます。僕もバイトなりなんなりできることはやろうと思ってるけど、それなりにアクセスも良くて広めの家だと家賃高いからなー。多分、一日居続けて1500円くらいになるかなと思っている。さらに一泊する場合は1000円とか。細かいことは決めてないけど。

これはもう一つ僕の好きな空間である碁会所を参考にしてる。碁会所って席料1500円くらい払って、あと居放題なんだよね。碁会所は囲碁を打つ仲間が集まるってことだけど、ゆとりハウスはそのテーマが変わったような感じ。

概要についてはこんなとこです!
あとこの家ができたらやりたいことがたくさんあって、それはまた今度記事書こうかなーと思ってます。お楽しみに。
関連記事

category: 未分類

コメント

私も居場所ない

URL | 匿名さん #-
2015/05/10 09:07 | edit

Re:

僕も無いんです。だから作ります!ぜひ遊びに来てください

URL | ゆとりさとる #gFYImC.2
2015/05/10 14:09 | edit

現代人の不幸は選択肢が多すぎるからと言われてますがどう思いますか?選択肢の多さが意欲を削がれる原因だとか

URL | 匿名さん #-
2015/05/12 13:36 | edit

Re:

選択肢が多いことをきっかけとして、1つの選択に決められない自分であったりやりたいことが見つからないことが辛さの原因になっていると思います。

今はいろんな生き方ができるようになった分、それを選ぶ側である自分もきちんと意見を持たないと押し潰されてしまうんですよね…。

URL | ゆとりさとる #gFYImC.2
2015/05/12 21:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/371-06568b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)