ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

最近おもったこと  

最近のことをつらつらと書きます。

受験シーズンが終わってバイトが入れる量が少し減ったので、これを機会にどっか他のかけもちできる塾探すかーと思って新しくバイトを受けた。

単純に時給いいからって理由で選んだところがあったんだけど、そこはなんというか、いわゆる受験戦争バリバリな感じでお金をたくさん払う代わりに絶対志望校に合格させます!!みたいな感じだった。そこはバイトといえども実績があって経験豊富なベテラン講師しか要りません的な雰囲気で、面接でちょっと話してから「あーこれは全然違うな」と思ったんだけど、案の定面接は不合格だった。

久々に会社に居た頃の雰囲気に近いものを感じた。なんていうかこう…なんだろな…僕はとにかく「責任」とか「保証」とかそういうが嫌いなんだなと思う。あなたこの生徒を絶対合格させられますか?みたいな。万が一うまく行かなかった時の責任なんて追求されても困るし、絶対安心みたいな保証を求められても困る。そんなの断言できない。けど今の社会で強く生き残って成功しているタイプの人って、この「責任」と「保証」に嘘をつける人なんだなって感じた。

もちろん実際には責任を全うできる人なんていないし、絶対的な保証なんてありえないんだけど、「自分ならできます!お任せください!」みたいな言葉に多くの心が弱い人は胸をうたれて信じてしまうんだと思う。で、ハッタリでもなんでもそういうセリフを自信満々に言える人が結果的に実績を作って成功していくんだろうな。そんな成功はタダでもいらんけど。

僕が今勤めてる塾は勉強がほとんどできない子のための補習塾みたいな感じで、合格実績がどうとか生徒の成績絶対あげます!みたいな感じではないからめちゃくちゃ楽なんだけど、でもそれじゃ生き残っていけないのかもしれないなぁ。いつ無収入になってもおかしくないと思う。

もうなんていうかなんというか。今のこの「他人に保証を求める」仕組みというか風潮というか、どうにかしよーよって思う。世の中そういうことを求める人ばっかりでうんざりしてくるよね。保証や安心を謳うサービスは嘘も甚だしいし、消費者は消費者で「お金払ってるんだから責任取れ、ちゃんと保証しろ」だし。企業に勤める正社員にしても「自分は働いてるんだから給料が保証されてる」っていう謎の安心感で会社に寄生するような人ばっかりだし(僕がいた会社はそういう人がほとんどだった)。

宗教だろうが会社だろうが国だろうが、人がかかわるとなーんか知らんけど全部この図式になっちゃうよね。嘘八百を自信満々に強く発言する人と、それを盲信して奴隷になる人。ほぼどっちかしかない。

なんで自分ですら不確定なものを他人に委ねるのか…。他人が「安心ですよ」って言ったらなぜ安心できるのか。わからん…。いやもちろん楽な方向に流れたいっていう気持ちはわかるけど、それって思考停止だよね。甘くて緩くてわかりやすい方向に流れれば流れるほど何かあった時の反動も大きいから、最終的には得してないのに。ひょっとしたらうまくいくとか無いからね。

結局のところ、自分に降り掛かってくることはすべて自分の責任であるっていうところに落ち着くんだけど、これがわからん人が多すぎる。もうあまりに多い。年齢性別能力は全く関係ない。何かに依存して思考停止するのってすごく恐ろしいことなんだけど、全くそのことに気づかずナチュラルに依存してる。これはやべーよ。

いろんなものを捨てることってなかなかできないとか言うけど、依存してる恐ろしさがわかるとむしろ捨てたくてたまらなくなってくる。人間関係にしろ利権にしろ、自分が良い思いをした分はどっかで精算しなきゃいけないってのがわかれば、だったら最初から良い思いなんていらねーってなるよね。言ってしまえば等価交換なわけだからね。

ふぁああ疲れました。読んでくれてありがとう。
関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/348-2b0dd9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。