ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

人間関係について書きたくなったので  

書く。人間関係というのは奪い合いや搾取が基本となっているみたいで、僕が人間関係を狭くしていっているのはそういう行為が嫌だからっていうのと、終わりがくるのが虚しいからっていうのがあるという話。

より良い人間関係というテーマの行き着く先は「相手も自分も喜ぶ関係」っていうことになるだろうし、それが多分僕らが考えうる理想的な人間関係だと思うので、それについて話すことにする。

相手に喜んでもらうことをやるっていうのは一見素晴らしいことのように映るんだけど、結局のところはお互いを体良く利用しあっているということになる。相手は何かをしてもらって嬉しい。で、その相手の反応を見て自分も嬉しいっていう。それで別にええやん素敵やんって思うかもしれないけど、なんていうか、それって本質としてはいじめっ子がいじめられている子を見て喜んでいるのと一緒だよねって思う。どっちにしても喜んでいるわけよ。

つまり相手が嫌がっていようが嬉しがっていようが、行為の本質としては自分の欲しいものが欲しいだけっていうことなんだけども。自分が悪役かそうでないかっていう違いがあるだけで、相手を支配したり奪ったりしてるんだよね。

僕がやってるバイトなんか非常に良い例だけど、バイトなんて世間的に見れば搾取される側の代表みたいな扱いだけど、僕からしたらあまりにも自分が搾取する側すぎて申し訳なくなる。だって高校生としゃべってるだけでお金が貰えるわけで、僕との会話に本来、金銭が発生する価値なんてあるはずがないんだよね。もしそういう価値があるのなら友人としゃべるだけでお金を貰えておかしくないわけで。なので、リアルにお金を出している生徒の親とまともにしゃべれる自信がない。それは多分、相手から奪ってる自分を強く意識させられるからなんだろうな。

相手は納得して払ってるんだからいいじゃん、って言うかもしれないけどそういうことじゃない。相手が納得していようがいまいが僕が搾取しているという事実に変わりはないし、僕はそんな自分が嫌だって感じる。まぁ嫌かそうじゃないかは人それぞれかもしれないけど、やってることを冷静に見てそれは搾取だっていうこと。

どんなに綺麗事を言おうが自分は誰かから何かを奪っているんだよっていうこと。嫌がる相手から奪うのはわかりやすく罪悪感が生まれやすいけど、たとえそれを相手が望んでいたとしても、やってることは搾取なんだっていうことを訴えたい。

けどそれが人間関係の本質だなーってつくづく感じる。本質なので、それを変えることなんて出来ない。相手の思惑が見えなくて、ただ自分の欲しいものが手に入るからいいやって感じでなんとなくでやってしまうんだろうな。で、それが一見するとすごく綺麗な行為に見えてしまったりするから厄介なんだよな…。

金銭や物々交換の絡まない純粋そうに見える人間関係(一見すると何も奪い合っていないような関係)でも、長い目で見るとやっぱりその人のためにはならない。

例えばある会社の株に投資していたとして、その会社が倒産したらその株は紙切れ同然になるわけだけど、そんなことが起きたら誰だって悲しい。それまで株価の上下に一喜一憂していたのが嘘のように消え去って、こんなことなら最初から買うんじゃなかったって思うわけよね。

それが人間関係でも当てはまる。いつかは別れが来るってのは、株の話で言うならいつかは必ず倒産するってのと一緒だ。終わりがあるっていうのはそれだけですごく悲しいことだと思う。これはもう伝わる人にしか伝わらないだろうけど、それまでの良い事や悪い事が全部吹っ飛んで無になるってのはショックとしてはめちゃくちゃ大きいことなんだよね。

というわけで純粋そうに見える関係でもいつかは終わりがくる以上、最終的には自分に刃となって突き刺さるものでしかない。僕はそれが一番こわい。奪うのも奪われるのも嫌だけど、関係が無くなることも同じかそれ以上に恐ろしい。そんなことあってほしくない。

まぁ僕のような人間は仏教に救いを求めるのが当然だって言える。仏教ではその問題をどう解決するかっていう話が書いてあるから。
僕はこの問題が見えるようになってから、割りとマジでみんなよく平然と生きてられるなって思うようになってしまった。ほんの些細な日常会話の中に奪い合いの構図が見えたり、あるいは相手と自分の関係が失われることが怖くないのだろうか。
理屈ではわかっても、怖ろしいっていう感情はわかないんだろうな…。いや自分も以前は何も考えず生きてたんだけども。
けど本当にそれが怖ろしいと感じる人なら何でもいいから助けを求めてすがりたいってなると思う。僕が本当に関係を持ちたいって思うのはそういう人なんだなって思う。そういう人に、仏教を伝えたい。
関連記事

category: 未分類

コメント

>金銭や物々交換の絡まない純粋そうに見える人間関係(一見すると何も奪い合っていないような関係)でも、長い目で見るとやっぱりその人のためにはならない。とはどう意味ですか?
その人の成長する力を妨げるという意味ですか?


さとるさんは相手と自分の関係が失われることが怖く感じる方と関係をもちたいと書かれてますが、知り合ったら別れが来て中庸になるというか、楽しい分と同じ位寂しさがありゼロになるなら、そもそも関係をもたない状態から変化しなくてもいいのではないですか?

URL | 新人 #-
2015/02/06 17:47 | edit

Re: タイトルなし

新人さん
>その人の成長する力を妨げるという意味ですか?
うーんなんというか…。楽しいとか嬉しいってことがそもそも良いことなのかって話なんですね。僕らはそれを手放しで良いことだと思って生涯をかけて探し続けているけど、仏教ではそれは決して良いこと(善)ではないって教えられてるんです。なぜならいつか終わりがくるからです。終わりがくるってのは僕らが想像してる以上にきついってことですね。

>そもそも関係をもたない状態から変化しなくてもいいのではないですか?
そうですね。なのでそれを目指して生きてるつもりですよ。変化しない…というのは無理なことなんですが、いたずらに自分から手を加えて思い通りにしてやろうっていう気持ちをなるべく抑えるようにしてます。
ただ、仏教だけは伝えたいですね。これだけは何があっても虚しくない、誰かにとっての次につながると思えることなので。

URL | ゆとりさとる #-
2015/02/07 01:04 | edit

謹言

ただ一つ頭の上に乗っかっているお荷物を放り投げよう

URL | 辻 #-
2015/02/08 00:54 | edit

そういう他者に対してマイナスになる恐怖が前に仰っていた「消えたい」に繋がるのでは?と思いました

URL |  #-
2015/02/09 14:53 | edit

Re: タイトルなし

そうなのかもしれないですね。他者に対してマイナス…というより、自分がいる意味ってのをいつも考えてしまうんですよね。で、別にいなくてもいいなって思ってしまうと離れたくなる性格なんです。虚しさを感じないための自分なりの予防線ですね。

URL | ゆとりさとる #-
2015/02/09 15:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/340-d9324274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)