ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

話は変わるけど本音  

a1380_000307.jpg




梅雨の晴れ間なのかなぁ…。最近天気がいいよね。風が気持ちいい。それだけで生きててよかった。


前回は、人間やりたいことをやるのがよくて、それって普段の自分を見つめてみると、ひょっこり見えてくるものだよって話だったっけか。
もうね、この「やりたいこと」をやる、「心がワクワクする方向に行く」って言ってもいいんだけど、僕の中で生き方の奥義かもしれない。仮に失敗しても楽しいし、満足感のためなら理屈なんて無視していい。理屈はもはや死んだ。

僕は理系出身なのに何を言ってるんだろう。



なんかわかんないけど、これをやりたい!って決まったあとに、「それはいいとして、じゃあどうするかね…」って考える一つの手段として、理屈は使うべきだよね。道具だ。

そのはずだなんだけど、今はそこが逆転しちゃってる。「こうすべき」「ああすべき」「こっちのほうが合理的だ」。
無闇矢鱈と効率化を追い求めるからだよ…。企業は正社員より派遣をこき使う方がそりゃいいだろうし、どんなジャンクフード店だろうが、店員が高校生だろうが、一流レストラン並の接客対応ができたほうがそりゃいい。効率的だ。素晴らしい。

でも、そんなのやってて楽しいかなぁ?働く側も、働かせる側も。
最初は、それが「生きがい」の人がいて、その人がすごい成果を出したんだろうな。で、こうやったらすごくうまくいくから、みんなもやろう!って共有しだした。そこまではいい。

それを「強制」しちゃったから、こんな社会になっちゃったんだろうね。

みんなが自分の生活=お金を守るために、やりたくないのに、どんどんつまらないことをやる方向にいっちゃってる。そして実際に、閉塞感が漂う。自殺者3万人超。鬱。

僕も実際に社会に参加してみたけど、「うーわ…これはきつい」としか言えなかった。
金融っていう一番どぎついところに入っちゃったからかな。笑顔で働いてる人、いないんだよね。

そうなると、もはやなんだかわからない。何のために働いてるんだろう。生きるためにしては、全く「生き生き」してないんですけど。

もちろん、そんな人ばかりじゃないと思う。自分はこれだー!っていうのを見つけて、頑張ってる人もたくさんいるんだろうな。でも、そうじゃない人がちょっと多すぎて、どないやねんっていう社会になってる以上は、選択肢が必要なんだよ。

働かないっていう選択肢が。あるいは、転職、一時的な休職。

けど今の社会はそれすら許されない。一度社会のレールから外れてしまうと、もうお前なんかいらないっていわんばかりに除け者にされちゃう。
それは言い過ぎなのかな。そこまでではないのかな。でも、僕のような新卒で一年で辞めた人間なんかには、不信感しか抱かないんじゃないのかな。僕はもう大手企業に再就職する気はないから、いいんだけど。


こうなってくると、打開策は、一つしか無い。今のシステムを壊しちゃうしかない。つまり、価値観を変える。ほんとに幸せなことってなんだろうって、みんなが考えなおす必要があるんじゃないの?

ちょっと停電になったり、コンビニが24時間じゃなかったり、電車が秒単位できっちりこなくたって、いいんじゃないのかなぁ。それでみんなが笑顔で働けるんだったら。


風が気持ちいい。昼寝でもしようかな。

関連記事

category: 人間

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/34-abdd947c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。