ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

人生の答えを探す旅③  

あらすじ:幸せになりたいが、なろうと思ってもなかなかなれないし、なったとしても他のことで物足りなさを感じるしということで、目先の幸せを追いかけることを繰り返す人生に疲れた&飽きた。所詮、幸せなんて脳内麻薬がドバドバ出てるかどうかだ。そんなドラッグパーティーをするために僕は生まれてきたのだろうか?なにかもっと本質的で誠実な答え、人間として生きる意味があるのではないか?そんな疑問に駆られて人生の答えを探す旅を始めることにする。そしていろいろ調べてみた結果、仏教になんだか可能性がありそうな予感がしたので、アポ取って勉強会に突撃してみた。


僕が最初に参加した勉強会はS会という、浄土仏教の教えを普及するために盛んに活動をやっている団体が主催しているものだった。ここは恐らく新興宗教の類に入るんだと思うけど、まぁとりあえず金目的ではなさそうだし、真剣な雰囲気も感じたので行ってみたのだった。

確か、お釈迦さんが生まれてどういう人生を送ったとか、お経とは何かとか、仏教とは何かとか、そういう概論的な話をしてたと思う。まぁ知識として興味深いものではあるけど、僕がここに来たのは「人生の目的」だとか「絶対的な幸せ」だとかいうものについて聞くためだ。それが本当にそういうものであるのかどうかとか、あるいはもし本当にそれがすごいものだったとしてどうやって手に入れるとか、そういう核心の話が聞きたいわけなんだよね。

勉強会が終わって、早速講師の方に質問しに行った。
「人間が生きる目的って何ですか」みたいに、ほんとにストレートな質問だったと思う。そしたらその講師の方は僕のただならぬ?雰囲気を察したのか、詳しくは個人的に話したいので、いつか時間取れますか?みたいに聞いてきた。

こぉーじんてきにぃ~??うわぁ~…。やっぱうさんくせぇええ…。そんな話でもしようものならどこぞの怖い人がやってきたり、脅されながら契約書書かされたり、はたまたツボでも売られるんちゃうか…。と、いう不安は無いことはなかったけど、勉強会の内容や話しぶりからすると結構普通に普通な感じだったので、何日後かに会う約束をした。虎穴に入らずんば虎児を得ず、とも言うし…。

さて当日、談話スペース的なところに腰を落ち着けて、仏教が説く人生の目的とやらについて解説を受けることになった。良かった…とりあえず何か危ないことには巻き込まれなくて済みそうやな…ということはわかった。

実はその日をきっかけに、数ヶ月にわたって僕は仏教の話(あくまでS会という組織が説く仏教だけど)を聞くことになる。毎回結構楽しかったし、さらに深い内容についてどんどん知っていきたいというような感覚もあった。もちろん、S会が言っている仏教だけじゃなくて、自分なりに本を読んだりネットを漁ったり、仏教の知識についてかなり勉強していってたと思う。

けどこの時点では仏教が真実なんて微塵も思ってなかったし、いろんな話を聞いても「あぁー仏教ってそういう世界観なんだー」と、マンガや小説を好奇心で追いかける時とおんなじような感じだったと思う。

内容的には人間の目から見て「確かにそのとおりだな」と納得できる部分と、「はぁ?そんなんホンマなの?」と言いたくなる、人間には確かめようのない話とが織り交ざっていた。(仏という存在とかね)

ただ、僕が最も警戒し怪しんでいた「結局この世で生きる上でのお金とか健康とか名誉みたいな幸せを求めてるんやろ」ということではなかった。どれだけ話を聞いても「それでお金が儲かります」とか「こうすれば簡単に幸せになれます」みたいなことは出てこなかった。むしろ人間に対して非常に鋭く、厳しい見解を持っている宗教だなぁって思えた。この時点で、仏教に対して自分の中でかなり信頼が厚くいったかなぁって思う。

人生の目的や仏教が語る幸福観についても、少なくとも「そんなんただのお伽話だろ」とか、「あー自分には全然関係ない話やな」とか、さっきも言ったように「結局のところお金かー」みたいなことではなかったので、仏教を否定する気持ちは起きなかった。仏教以外のところで答えとか真理みたいなものってのはあるかもしれないとは思ったけど、仏教が明らかに真実ではないとは言いきれなかった。

で、肝心のその内容についてなんですが次回の記事から書き始めようと思います。続く。
関連記事

category: 求道

コメント

Into the wildの主人公みたいですね。
世界中放浪してみてはどうですか?

URL | J #-
2014/03/27 04:22 | edit

空想の話ではあるけれども…その中に答えがあったのか…?
次回期待してます。

URL | U #-
2014/03/27 10:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/314-248046a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)