ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

人生の答えを探す旅②  

さて、そうはいっても探したからといってもちろんそんな簡単に見つかるわけがない。普通の新書とか文庫みたいなものには(全部読めないからしらんけど)ないだろうし、ニュースやバラエティ、映画や小説、科学や自然を眺めてみてもこれっていうものなんてない。あったらもっと早く出会ってるだろうしね。

なのでとりあえずネットを使ってみることにした。というかそれしか出来なかった。人類の知を結集したといってもいいインターネット。人生の答えだってググれば見つかる時代なのかもしれない。もちろんネットに書いてあるのはほんの入り口の情報だろうから、奥義みたいな部分はやっぱり人と直接あって突き詰めないとだめなんだろうけどね。

で、「人生 答え」とかでググると出るわ出るわ、宗教関係から哲学関係、だれそれの書いた本とか個人的な思いを綴ったサイト。内容も賛否両論、答えはあるとかないとか、関係ないとか考えないようにしようとか、いろんな意見が出てくる。

一応それらに対する僕の見解を書いておきます。

哲学関係……もしかしたら先人の知恵の中に人生に対する答えが残っているかもしれないと思ったけれど、「人生の答えなんてない」「絶対的なものなんてない」みたいに言うニーチェとか、トルストイなんかもいろいろ名言は残しているけど、結局のところ絶対的と言える答えはわからなかったらしい。調べても調べても僕の求めるものは出てこない。哲学の限界はなんとなく見えた感じがしたので、興味は持てなかった。

宗教関係……宗教の中でも特に新興宗教に類するもの。創価学会とか統一教会とかあと詳しくは知らないけどその他雑多な宗教。それらしいことは書いてあるけど、結局行き着くのは「信じればお金が手に入る」とか「信じれば健康になれる」とか「信じれば幸せになれる」みたいな話ばかりだった。なんだ……脳内麻薬の出し方を工夫しただけか……という結論に至って却下。

その他いろいろな著作やHP、知恵袋とか……どれもこれも「これからをどう(良く)生きていくか」に終始している。理不尽なこと、理解できないことに対してなんとか納得するための方法ばっかり。「こう考えればいいんだ!」みたいな興奮剤としては優秀かもしれないけど、全くもって人生の答えではない。さよなら。

総括すると、どれもこれも一時的に幸せになるためのその場しのぎの方法論でしかない。そんなのはこれまで飽きるほど試したし、そしてどれひとつとして僕を永久的に幸せにしてくれるものではなかった。もうそんな虚しさの繰り返しは嫌だったので、上に挙げたサイトには全く興味が持てなかった。

僕は幸せになりたいんじゃない。いや幸せになりたいんだけど、一時的な幸せに興味はない。人生ってこういうことなんだ!!!って声高らかに叫んで、人として生まれた喜びいっぱいに元気よく毎日を過ごして行きたい。自己啓発なんてのは、思い込みで都合の悪いことから目を背ける行為にしか僕には思えなかった。

まぁそんな感じであらゆる情報を吟味していって、最後に残ったものが宗教だった。

宗教と言っても、上に挙げたような今が幸せになればいいというような新興宗教ではなくて、ガチで人生という謎についてなんらかの答えを提示しているもの。信じる信じないは別として、どんなことを言ってるのかを聞いてみたいと思った。

候補は3つ。キリスト教、神道、仏教。


キリスト教……僕はもともとキリスト教系の学校に通ってたので、キリスト教の概要については知っていた。正直、地動説と天動説の矛盾があったので全く話を聞こうという気にはなれなかった。人間が発見できるようなレベルで矛盾を起こしてるなんて論外。キリスト教信者が大勢いるアメリカが特に幸せって感じでもないし。

神道……

これはなかなか面白かった。八百万の神に代表されるように、万物には神が宿っている。そして生命は全て輪廻転生を繰り返しながら、魂の向上を願って生きているらしい。人間界の上には霊界だか神界だかがあって、そこを目指して人間は日々努力して、善い行い(徳)をしたら魂が向上し、悪い行い(不徳)をしたら魂が下降するそうな。そして人間に生まれるレベルの魂というのはそれだけで過去世で大変な徳を積んだ結果であるらしい。

まず、話の理屈はわかった。人間で確かめられない霊界とかそういうのはまぁ置いておこう。けど、僕がこの話を聞いて大変に疑問に思ったのは「魂が向上して何が嬉しいの?」ということだった。どうも神道では人間の才能とか容姿っていうのも全て、過去に徳を積んだかどうかによって決まるらしいけども、「魂の向上が人生の目的」っていうのは、それってつまり才能をバンバン発揮して容姿端麗で周りにチヤホヤされて、お金持ちの家に生まれて人生イージーモードで過ごすのが良いっていうことなのか?

もしそうなんだとしたら。それは僕の求めている答えじゃない。だってそれだったら僕みたいにレールから落ちぶれた無職ニートは一体なんなの。ブサメンはイケメンに一生勝てないのか?才能あるやつが全てなのか?人望があるやつが上位の魂なのか?

そんな、人間に対して優劣の差別を押し付けるゴミクズみたいな価値観は消えてしまえばいいと思った。

結局!!!結局、今、目の前の幸せか!!!優越感に浸ったり無我夢中になったり脳内麻薬出しまくったり、そんなことが答えなのか???

そんな人生だったら、こっちから願い下げだ。今すぐ自殺してやる。
でも死にたくない。死のうなんてとても思えない。

ということは、生きて何かやることがあるはずなんだって思った。死ねない理由があるはず。それは脳内麻薬の分泌量とは全く異なる次元で、人間はこのために生まれてきたと胸を張って言える、どんな聖人君子もどんな大犯罪者も関係ない、万人共通の答えがあるはずだ。

僕が求めているのはそういうものだった。

次に僕が調べたのは仏教。

仏教……

まず、新興宗教じゃない伝統的な仏教の中でも、宗派がたくさんある。正直あまりよく分からなかったけど、しかし人生に対する答えを追求している雰囲気を感じた。瀬戸内寂聴みたいなエセ仏教は山ほどあるけど、本物の仏教ってなんなんだろうか。思えば教科書の知識すらないくらいの認識でしかないんだよな。

そして僕は浄土真宗という仏教に出会った。

この宗派は親鸞とかいう人が開祖らしい。浄土真宗の中でもさらに本願寺派とか大谷派とかいろいろあるらしいけど、僕が最初に仏教を学んだのはS会という組織だった。(この組織はいろいろと問題ありで僕も最終的には離れていくんですが、最初の仏教を知るキッカケとしてはすごく良かったです)

そこのHPを見てみると、なんと!!!「人生の答え」というようなワードが使われている!!!

まじか…!で、気になる内容は?

「仏に救われて絶対的な幸せ(極楽行きの身)になること」

は…?
いやまて、人間に理解できないレベルのことはとりあえず置いておこう。仏に救われる?キリスト教でも死んだら神に救われて天国に行くみたいな話があるけど、似たようなもんかな?

「仏の教えは、ただ今現在救われる教え(平生業成)です」
「人生の目的はある あるから早く達成せよ(親鸞)」

僕はこの言葉にズドーーーーーーんと来るものを感じた。
だって、仏やで。意味わからんやん。意味わからんからどうせ死後の世界のおとぎ話かと思ってたら、「ただ今現在」「達成できる」「救いがハッキリわかる境地がある」って書いてるやん。あぁ詳しく見たい方はS会のホームページ見てみて下さい。

……。馬鹿な……。いや……でも僕が求める人生の答えなんていうのは、そういうレベルのことなのかもしれない……。

ホームページを見たその日の内に、近場で開催される勉強会への参加を申し込んだ。とりあえず、話を聞くだけ聞いてみたいと思った。

でも僕はこれまで書いたとおり、「これをやれば生活が楽しくなる、幸せになる」みたいな話にはうんざりしているので、徹底的に理屈で叩いて(理屈だけは人一倍達者だし)、その絶対的な幸福とやらがどれだけ絶対的なもんなのかを暴いてやろうっていう気が満々だった。どうせ仏教もこれまで見てきたものと大差ない。そんな見下した気持ち100%で勉強会に向かっていったのであった。

次回へ続く。
関連記事

category: 求道

コメント

こんにちは
またブログ再開?し始めて嬉しいです。
嬉しかったのでコメントします。

僕は人生悩むことばかりでまったく楽しくありません。
とりあえず、一人暮しでお金稼がないと死ぬので働いていますが、向上心もないしやる気もないし何も楽しくありません笑
なんで周りの人が土曜も会社にでて、残業代もなくて、遅くまで仕事をしているのかがわかりません。
僕には責任感もありません。
何してももすぐ楽な方に逃げてしまうし、そうすることが好きです。


一読者として反応を示してみました。
さとるさんの答えは僕にとってのヒントにもなり得るので、少しだけ期待しています。

URL | U #-
2014/03/25 11:02 | edit

初めまして

今日朝、会社に着き、一服している際
仕事 無気力
というワードでぐぐったところ、こちらのブログに辿り着きました。

たまたま電車での外出であったため、移動時間に読み進め、今、最後まで読み終わりました。
私が常々考えていた人生ということや会社員としてレールの上を歩く違和感やそこから脱出する踏ん切りがつかない現状、そこから来る仕事への無気力さがなんともまあ、言い得て妙というか、文章にされており、最後まで一気に読んでしまいました。

これからの生き方を決める踏ん切りが欲しいと考えておりました。
まさに今日見つけられたかと思っております。

これからも更新を楽しみにしております。
また、何かご相談させていただくかもしれません。
取り急ぎ、書き込まずにはいれませんでした。

駄文を長々と失礼しました。

URL | S #-
2014/03/25 20:20 | edit

>>Uさん
コメントありがとうございます。
>僕は人生悩むことばかりでまったく楽しくありません。
本当にその通りだと思います。たまーにテンションの上がることがちょっとあったりしますが、基本的に物足りない・退屈・ダルさが出てくるのが人生だと思います。
楽な方へいこうとするのは人間の素直なところなんじゃないでしょうか。
更新、ご期待ください。

>>Sさん
はじめまして、読んでいただきありがとうございます。
違和感を感じている人はほんとにたくさんいるんだなって思います。このブログの文章に何かあるってわけではないですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。

URL | ゆとりさとる #-
2014/03/25 20:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/313-63cffe7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)