ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

そろそろ社会について一言いっとくか<第一回>  

a0001_003529.jpg




社会ってなんなんだろうね。


というのもさ、僕が生まれた時ってのは丁度バブルが崩壊する寸前くらいの頃だったわけなんだけど、僕はこの社会しか知らないんだよね。経験したことがない。

でもさ、今の日本社会の起源って、戦後にアメリカ文化を輸入して、そこから日本独自の色に仕立てあげてきたっていうところにあるでしょ。

じゃあそれ以前はどうだったのっていう。
いやまぁそれ以前に興味があるわけじゃない。

何が言いたいかって言うと、「今、僕らが当たり前のように思い、感じ、行動していること、社会の常識っていわれていることってのは、たかだか戦後の70年程度の話ですよ」っていうこと。

価値観とかさ、ほんとに移り変わりが激しい。

例えば、結婚に対する価値観。一夫多妻制が当たり前の時代もあった。
例えば、仕事に対する価値観。今のような専業でなく、複数の仕事を掛け持つのが当たり前の時代もあった。

日本だけに限った話で、だよ?さらに細かく見ていけば「うっそーーーん!?」てなるような雑学は山ほどある。

この「当たり前」とか「当然」っていう言葉って、たまたまその時の社会の大多数が良しとしていることっていうだけであって、時代や背景・文化が変わればたちまち何の価値もない話になっちゃう。

だから僕は、「こうすべき」とか、「これが常識だろ」とか、「当たり前の話だ」とかいう話はほとんど聞かない。聞かないというか「まぁそういう考え方もあるな」程度にしか思ってない。
でも、そういう表現をする人を嫌ってるわけじゃない。だって社会の常識を盾にとるっていうのは、楽じゃん。大きく自分を否定される心配がないというかさ。とりあえず自分は正しいんだっていうポジションを確保しやすいよね。

ま、社会ってのは僕にとってはそういうもんだと思ってる。


じゃあね、ここで僕の人生のテーマと絡めて考えてみよう。
つまり、社会とどう接するのが自然か?ということ。

① 絶対的な価値観はないとは言っても、人間なんて群れてなんぼだし、社会の大多数に合わせとく(=長いものには巻かれろ)が自然でしょ。

② 周りの意見に合わせることが幸せなの?人にはそれぞれ自分のやりたいことがあるし、そういうときってすごく幸せじゃん。自分の思ったようにするのが自然でしょ。


①か②か、どっちか。


という話ではなくて、実はどっちもなんですっていうのが今時点での結論。
そもそも人間なんて矛盾だとか時と場合だとか、そういうのが入り交じってるごっちゃごっちゃした存在なんだから、そんなきっぱり分けれるものではないんだよね。

ただ、エッセンスだけを抜き出すと、人と社会の関わりっていうのは、↑の2つに集約されるんじゃないかなぁ。

僕は、どうでもいいことは①で、どうでもよくないことは②の方針。言ってみれば当たり前なんだけどね。あ、当たり前って使っちゃった。


けどさ、なんでこんな話するかっていうと、今の日本の企業で勤めてる人っていうのは、②の部分がすごく圧迫されてるんじゃないかなっていうこと。そういう人が増えてるんじゃないかってこと。

過労死。鬱。引きこもり。

こういう社会現象を目の当たりにすると、どうも①を守るために必死になりすぎて、すり減って、そんな風になってしまってる人が多いんじゃないかな。

第一回はここまで。社会って何だって話でした。
関連記事

category: 社会

tag: 社会 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/29-bcc830ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)