ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

10月5日関東集まる会に行ってきた  

行ってきました、関東集まる会。今回も会議室を借りて、2次会まで含めると6時間に及ぶ話し合いでした。来ていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

集まる会も10回以上開いてるのでこれまで一体何人の方と出会ったのだろうかって気になってアドレスを調べてみたら、なんと60人以上でした。そんなに多くの人と僕は会っていたのか…。一対一で会った人を含めると70人くらいいる気がする。

さて今回は1次会が3時間だったんだけど、なんと最初のプロフィール紹介で3時間まるまる使ってしまった…。11人の方に参加してもらって、それぞれの方のこれまでの歩みとか今どういうふうに感じてるとか、あとは話を聞いていて気になる部分をみんなで質問しあってたら3時間過ぎた。テーマ別の討論が出来なくて残念だったなぁ。。ほとんどの方が2次会に来てくれたので、それは良かったんだけど。

少し人数が多すぎるのかもしれない。グループでの会話って実質4人くらいがせいぜいだし、せめて6人ずつくらいで話し合うのがいいような気がするな。

内容については、自分の夢とか理想を追いかける人生と妥協とか世間体に合わせた人生との間で揺れ動いていてどうしたらいいのかっていう悩みを持ってた人が多かったので、僕がしゃべったのはその点についてだった。

リスキーな人生というか、周りをはばからずに夢を追いかける人っているんだけど、僕らからするとそういう人って普通とは違うなーとか、才能や自信があるんだなーみたいに思えてしまう。けれど当人にはそういう感覚は全くと言っていいほど無いんじゃないかと僕は思っていて、そういう普通とは違う道を選ぶ人っていうのは、「それしかもう自分が生きていく道がない」って感じた人なんだと思うんだよね。

言い換えると、普通に生きる生き方に限界を感じてもうその道には進めないって確信してるっていうことなんだと思う。僕が会社を辞めた時だって、「会社にいてもいいけど辞めた方が僕には合ってるよな~」程度の考えではなくて、「会社にいるなんてもう有り得ない。何が何でも辞めねばならぬ」くらいの感覚だった。それは正に会社人生という生き方について、自分の中で☓印がついた証拠なんだと思う。

人生は消去法なんだなって感じた。で、リスキーで非現実的な道を選ぶ人っていうのは、それ以外の道に限界と閉塞感を感じてるんだなっていうことがわかった。

なので、自分の生きる道に迷ってる人はその迷ってる範囲の中で一番楽そうな道(体裁が良くて安定してるとか)を選ぶのがいいんだと思う。というか、人間ってそういう風にしか生きられないんじゃないかな?
でもそうやって生きていく内にこのままじゃやっぱりダメだって思うときが来て、それはイコールその道に☓印がついた証拠なんだと思う。

僕はそんな感じの話をしました。他にもほんとにいろんな話が聞けて、普通に生きてたら出会えなかっただろうなぁっていう人達のいろんな言葉は新鮮で、また開きたいと思った。次は関西でやろうかな。

関連記事

category: 行ってきた

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/275-e93aefcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)