ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

9月7日関東で集まる会に行ってきた  


関東の集まる会、行ってきました!数えてみたら今回でちょうど通算10回目の集まる会でした。なんだかんだもう10回もやったのか…。いろんな人に出会って、たくさんの話が出来たような気がする。

今回は場所は新宿でいつもどおりだったんだけど、貸しスペースを借りて個室でやりました。人数が12人とかなり多かったので、もう喫茶店に入って話をするスタイルは限界だろってことで会議室を使いました。集まっていただいた皆さん、本当にありがとうございました。初めての方がほとんどなんだけど、リピーターの方も4人ほど来ていただいて嬉しかった。

費用としては普段よりむしろ安く、1次会は1000円で済んだな。人が集まるのってお金がかかるもんだし、それで個室で4時間話せたのでかなりコスパが良かったような気がする。
会はお昼の15時頃から始まって、2次会はお酒を飲みながら結局22時までやってたので(そこでも8人くらい残って話してました)、今回は7時間に及ぶ大会議だった。飲み代は1人1500円くらいだったかな。

会議室を借りてじっくり話ができるということで、今回は最初に参加者の方のプロフィールを紹介するところから始まって、そこでよく出て来たキーワードを元にグループ毎に自由に討論する形を取りました。6人ずつ2つのグループに分かれて、僕のグループは「幸せとは何か、充実感とは何か」だった。もう1つのグループは「使命感、自分らしさ、自分の軸、自信をもつということ」について。

そこを最初の取っ掛かりとして、いろんな話を各自展開していってもらうみたいな感じでした。今回はすごくスムーズにいろんな話しが出来たなぁって思う。人数多い時はやっぱ会議室だ。

2次会でもテーブルを2つに分けて話してたんだけど、そこでもほんとにいろんな話をしてた。仕事のことはもちろん、旅行きてぇよなとか、いろんな生き方があっていいとか、サービスの話とか。集まる会ってワイワイガヤガヤするというより、ごくごく普通に話す感じで僕は好きだ。いろんなテンションの人がいてくれてもちろんいいんだけど。

10回やってきて思うのは、この会ってほんといろんな人が集まるなぁっていうこと。会社員(辞めたい人ともうちょい続けるつもりの人と)・就活生・ニート・フリーター、などなど。それぞれ立場も生き方もやってることも何もかも違うし、普通に生きてたらまず間違いなく会わないであろう人たちなんだよね。そんな中で初対面同士の人間が一つのテーマについて一生懸命、話をしたり聞いたり考えたりで、なんか楽しい。普段周りの人達とする会話よりも一歩深いところの会話だからこそ出来るんだろうな。仕事とは何かとか、幸せとは何かとか。地域や職種や年齢、趣味嗜好で区切られない話だからこそいいんだと思う。
集まる会をきっかけにして、人生についてのいろんな話しをしてもらえて本当に良かった。

関連記事

category: 行ってきた

コメント

はじめまして

初めてコメントさせていただきます
ふあと申します。

集まる会お疲れさまです。
最近ここのブログの記事をちょこちょこ読んでいる者なんですが、私もそういった会に参加してみたいなーと読んでて思いました。

私なんかはまだ学生なのですが、会に参加される方はやはりもっと年上の方、社会で働いた経験がある方ばかりなのでしょうか…(・・)?

URL | ふあ #1eH//aj6
2013/09/09 23:55 | edit

Re: はじめまして

>>ふあさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
おぉ、ぜひ次の機会の時には参加なさってください(^^)
学生の方も参加されますよ。まぁ大半は社会人経験者であったり大学を卒業してニート・フリーターになってる方ですけどね。でもこういう人は来てはいけないとか話しづらいっていう雰囲気は無いので、一度お越しになってください。

URL | ゆとりさとる #-
2013/09/11 13:25 | edit

さとるさんの場合は比較的に仕事がうまくいっていて、会社の仲間にも受け入れられていた中で仕事に疑問を抱き辞めたと思います。しかし逆に仕事がうまくいかずに、会社の人からも疎外というか、雰囲気に馴染めずに辞めた場合は心に受けるダメージもそのあとの行動や思考も全く違います。
こういう人がニートやフリーターになってしまうと、やる気の起こし方や物事への興味すらなくなって、前を向くことができないと思います
こういう場合はどう思いますか?

URL | ナナシ #-
2013/09/11 19:42 | edit

Re: タイトルなし

>>ナナシさん
僕の場合、会社の人から疎外とかいうことは確かにありませんでしたが、明らかに自分の気持ちと周囲の気持ちが食い違っていたのを、無理矢理周囲に合わせて馴染んでいるような雰囲気を出していただけなので、結局のところ心が離れているという点では一緒だと思います。
なので辞めた後のダメージは同じようにあったなと思いますが、もしそれが違ってたとしても、「自分の中で何が本当に大切なのか?」「自分は何をやってこれから生きていくのか?」という問題に立ち向かわなければいけない部分では、みんな一緒なんじゃないかと思うんです。
人生何をやってもいいという中で、自分はどこに向かっていくのか。その気持ちをはっきりさせることと、心構えをきちんと持つということが誰にとっても課題なんじゃないかなって思います。もし会社での人生がやっぱり大切だと思ったなら、会社の人との疎外感を無くすためにどうすればいいかを多少のことでもくじけずに努力できると思いますし。

URL | ゆとりさとる #-
2013/09/12 01:43 | edit

ご丁寧なご返答ありがとうございます。

私は会社で働く覚悟も、会社をやめる覚悟をない状態なんで、ずっと気持ちが不安定です。
夜しんどくて早く寝ますが、朝は身体が怠く気持ちも沈んだままの日がもう数カ月続いています。
自分で決めて責任を取ることを恐れています。
その結果を受け入れるのも、怖くて仕方ないです。

URL | ナナシ #-
2013/09/13 06:45 | edit

Re: タイトルなし

>>ナナシさん
その気持ちはとてもわかります。僕も会社を辞めるときは残っても地獄、辞めても地獄の精神状態で、でもまだ辞めた方が自分にとって砂粒ほどの希望があって辞めることができました。しかし地獄であることには変わらず、会社を辞めるときの気分は自殺をしたのも同然のような状態でした。
それまでの自分の生き方を否定するわけですから、人間としてあるまじき行動です。しかしそれをせねば前に進めないところまで来てしまったので、痛みを覚悟で決行しました。とても辛いことでしたが、今はその経験が逆に強さになっているような気もします。

URL | ゆとりさとる #-
2013/09/13 20:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/262-0bb9872e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)