ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

脳が疲れているとダルくなりやすい  


脳疲労っていう言葉を最近知った。体がだるいとかやる気がでない、何をやっても飽きるとかっていうのは、脳が疲れてるサインらしい。言われてみるとそうなのかもなぁって思う。特にこの一年は「こんなんやって自分にとってどんな意味があるんだろう」とか反射的に考えることが多かったし、人の多いところにいって疲れやすかったりするのも無意識であれこれ考えてるからっぽい。

脳の疲れに対してじゃあどうするかっていうところでいうと、とりあえず今すぐ効果があるやり方としては目をつぶってゆっくりするとかストレッチするとか、深呼吸やヨガみたいなリラックスできることをやるっていうことなんだけど。それは溜まった疲労を取り除く行為であって、「疲労がたまることそのもの」をどうにかできているわけじゃないんだよね。

根本的な解決っていうことになると、自分の中で「軸」ができているかということなんだろうなぁって思う。何でこれやってるんだろうとか、何のために自分の人生があるんだろうみたいなところがはっきりしてくると何があっても折れない軸が出来上がって、結果的にストレスをストレスと感じない、疲労のたまりにくい生き方が出来るんだろうな。

人生は挫折の繰り返しとかっていうけれど、挫折っていうのはこの「軸」が試されてる時のことなんだと思う。それまでは楽しけりゃいいやーでやってたけど、そんな心構えじゃとてもどうにもならないような何かが起きてしまって、その時初めて「これから自分はどうしたらいいんだろう」とかって悩んで、より人生を根本的に見直す作業が始まるんだろうな。

僕は今はその作業中みたいな感じで、言ってみれば軸がない状態なんだと思う。だからちょっとのストレスですぐに疲労がたまって、だるくなるのかもしれない。自分にとってしっくりくるものって何なんだろう。よくわからん。多分、困っている人のために何かやっていく方向性ではあると思うんだけどね。

とりあえず深呼吸と、目をつぶって何も考えない時間を多く取るようにするか~。最近は昭和の名曲をぼんやり流し聴くのがプチマイブームになってる。なんかレトロって落ち着くよね。そういう癒やしを増やしてなんとか耐えよう。

関連記事

category: 未分類

コメント

脳にほめ回路を作る

こんばんは。

脳疲労を解消する方法になるかどうかはわかりませんが、斎藤一人さんのお弟子さんのみっちゃん先生の書いた「楽しい奇跡がたくさん起きる自分ほめの魔法」を読みました。その中で、自分をほめる言葉の「私ってえらいね!あなたってえらいね!み~んなえらいね!」という言葉を毎朝口に出していると脳にほめ回路ができてくるようです。

みっちゃん先生は、この方法でうつ状態から脱出できて仕事を始めることができたようです。

私も毎日口に出しています。ゆとりさとるさんもぜひお試ししてみてください。

URL | うさこ #-
2013/09/02 21:28 | edit

おすすめの昭和の歌です

追加です。

久保田早紀の異邦人は名曲だと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=dByxYd7NDoc

ほか、佐藤隆のエスメラルダも良いと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=DhmFuyGkmic

モトリー・クルーも数々の名曲を生み出しています。

Starry eyes

http://www.youtube.com/watch?v=KhNqL6rmqWE

Rodeo
http://www.youtube.com/watch?v=Gj9UFlnJDj4

All I need

http://www.youtube.com/watch?v=2PD7K8Lmc_U


私の好みが先行してしまいました。すみません。

URL | うさこ #-
2013/09/02 22:03 | edit

個人の好みになってしまうかもしれませんが。
平沢進氏の賢者のプロペラやロータス、サイレンなどを聞くと、
なにか浄化されるようなひどく安らぐような、宇宙にいるような気分になります。


http://www.youtube.com/watch?v=Gh8CaqxNOHE

これなんか、目をつぶってイヤホンやヘッドホンで聞くと、
なんだかもう何もかもどうでもいい(良い意味で)心地になり、
あらゆることが許せるような気分になってきます。
平沢進おすすめですよ。新しいような古いような、神話と科学が融合したような不思議な音楽です。

URL | 名無しの哲人 #-
2013/09/04 02:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/259-2c32bba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)