ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

資本主義について何か書く  


資本主義って働いた人がお金をもらって、お金を持っている人がサービスを受けられる、っていう明瞭な価値基準があってとても優れているとは思うんだけど、一方で生まれるデメリットをなんとか出来ないものなのかなぁって思う。


①お金が無い人に対してサービスが出来ない

仕事って本来的には「困っている人に対して自分ができることをする」ということだと思う。でも資本主義だとこれが必ずしも成り立たなくなってしまって、とても困っていてそのサービスを必要としているんだけどお金が無いために受けられない、という人に対して無力なんだよなぁ。

思いがあって始めた仕事なのに、お金のやりとりが出来ないために一番必要としてくれている人に対して仕事が出来ない。これがまず資本主義のデメリットの一つだと思う。

いや仕事に思いだとかやりがいなんていらねーよ、と言っている人は恐らく人間以上に有能な機械が現れた時にまっさきに存在価値が無くなるし、人間って物質的な食料と同じくらい精神的な食料(思いやり・共感・熱意・愛情)が必要な生き物だと僕は思ってるので、仮に働けていたとしても生きている意味を感じられなくなってきてしまうと思う。

今現時点においても心が敏感な人はその危険性に気づいているし、このまま行くとヤバイということはわかってると思うんだけど、世間一般的にはまだまだ理解が進んでないのかもしれない。

②嫌だと思ってもお金がある人からの要求に反発できない

①の裏返しみたいな感じになるけど、仕事上で自分の思いに反することを要求された時に断れないんだよね。よっぽど大金を稼いでいて働かなくても一生やってけますみたいな人は別として、普通は生活のためにお金がいるわけだから、基本的にはお金をもっている人の言いなりになってしまわざるを得ないわけで。

僕を含めて、このブログを読んでくれている方が抱えている問題意識はどっちかというとこっちなんだろうな。会社のやり方に反発できない。上司に対して強く出られない。自分のペースを譲らずに仕事ができない、などなど。

①、②ともに共通して言えることとしては、お金の価値が高すぎるんだよなぁっていうこと。例えば500円玉と一杯500円の価値があるラーメンがあったとして、好きな方をどうぞプレゼントしますと言われてラーメンを選ぶ人ってまずいないと思う。自分はラーメンじゃなくて他のものが欲しいという時には500円玉の方が圧倒的に便利だし、もしどうしてもラーメンが食べたかったらその500円を使ってもう一度ラーメンを買い直せばいいだけの話だもんね。

でも500円玉も500円のラーメンも、経済的な価値としてはどちらも同じ500円なんだよなぁ…。不思議だ。お金のほうが便利な分、明らかに価値があるだろって思うけど数字の上では同価値ってことになる。ここに資本主義がカバーしきれない不平等があるんだろうね。

・資本主義の欠点をカバー出来ないものだろうか

最初に書いたように、僕は基本的には資本主義はいいものだと思う。頑張った人が頑張った分の対価を貰って、ほどほどの人はほどほどの対価を貰うという体制に別に不満はない。極端な社会主義のように、ひっくるめてみんな平等っていうのはなんか変だと思うし。

ただ、今の資本主義って目に見えていること(お金がどれくらい動いたか)しか見てないから殺伐とした弱肉強食の世界になってしまっているんだと思う。人間が生きていく上で愛情やぬくもり、思いやりが必要なんだってことが世間的に評価されてないことが一番の解決すべき問題なんじゃないだろうか。

本当に自分を必要としてくれている人のためなら、お金なんて関係なく働きたい。どれだけお金を受け取れるとしても、自分をねじ曲げてまで働きたくない。こういうことをみんながはっきり言えるようになったら一段階上の社会になるんだろうな。

そのためには、自分がどれだけ精神的な食料の重要性を理解できるかがカギだ。今のまま働いて仮に経済的に満たされたとしても、心はどこかポッカリと穴があいたように虚しい人生になりそうだってことを想像できるかどうか。

具体的にはボランティアとか、お金にならないけどなんか面白いこと、元気をくれることをやってる人とかを支えられる体制ってことになるんだろうか。それで全てが解決するわけじゃないけど、今よりは相当、肩の力が抜けた社会になってると思う。クラウドファンディングはそれに近いことをやっているけれど、生計が立てられるレベルでそれが実現したらいいんだろうなぁ。

関連記事

category: 社会

コメント

僕は介護の仕事をしていますが仕事自体にそれほど生き甲斐ややりがいを見出だしてはいません。
僕の場合は仕事はお金を儲ける手段以上のものではなくて生き甲斐や幸せは別のところに求めています。
仕事にそこまでのめり込めない性格に生まれてきたからなのでしょうね…だから高い志をもって仕事をしている人を僕は尊敬しますが自分はとてもそんなふうには出来ません
残念ながら自分は卑しい人間のようです( ´△`)
仕事は僕にとっては生きていく為の手段でしかありません。だから宝くじが当たったら仕事はやめると思います(^^)

URL | ラジオスター #-
2013/08/15 22:22 | edit

すごく共感します!

ぼくも、個人のレベルでは、「自分がどれだけ精神的な食料の重要性を理解できるか」が大切だと思いますが、

同時に社会のレベルでも、もっと自由な生き方を「世間的に評価」してほしいですし、さらににそんな生き方を「支えられる体制」になってほしいです!

URL | tarou #-
2013/08/15 23:53 | edit

>>ラジオスターさん
普通はラジオスターさんのような感覚で仕事を捉えているのかもしれません。みなそれぞれその人なりの生き方があるということなんでしょうね。ただそれでも、僕は今の社会が良しとしている働き方を良いとは思えないですし、一人でも多くの人に自分の仕事の意味や、自分の中にある思いと向き合って欲しいなと思っています。

>>tarouさん
3つ「」で区切られた中のうち、1つでも実現できれば連鎖的に他のものも実現できそうですね。個人的に大切だと思うのはやはり、最初に挙げられた精神的な食料の重要性でしょうか…。

URL | ゆとりさとる #-
2013/08/16 23:51 | edit

行為の対価を国が払う

《ただ、今の資本主義って目に見えていること(お金がどれくらい動いたか)しか見てないから殺伐とした弱肉強食の世界になってしまっているんだと思う。人間が生きていく上で愛情やぬくもり、思いやりが必要なんだってことが世間的に評価されてないことが一番の解決すべき問題なんじゃないだろうか。》

 この部分は非常に共感しました。
 「お金がどれだけ動いたか」という文章がありましたが、
 お金が動く仕事の対象をもっと広げるべきではないかと思います。

 例えば、主婦の仕事を金銭に換算すると、

 サラリーマンの年収に値するという話を聞いたことがあります。

 また、善意で他人の相談に乗ってあげるという行為にも、

 金銭が発生してもいいのではないかと思います。

 何が言いたいかというと、

 現在では金銭が発生しないような行為に対しても、

 国がその対価を払うという考えがあってもいいのではないか?

 と考えています。



URL | タケゾウ #-
2013/08/17 07:34 | edit

相互リンクの依頼

追記

記事が今日深かったので勝手ながら、リンク貼らせて頂きました。
http://www.futeki-dassyutu.info/blog-category-1.html
にリンクを張らせていただいております。どうか、ご確認下さい。

尚、相互リンクでリンク貼って頂けると幸いです。

よろしければ下記のタグお使い下さい。

リンクタグ

<a href="http://www.futeki-dassyutu.info/ ">社会適応障害脱出法</a><br>

どうぞよろしくお願い致します。

URL | タケゾウ #-
2013/08/17 07:38 | edit

Re: 行為の対価を国が払う

>>タケゾウさん
コメントありがとうございます。
国がその対価を払う、ということは公務員的なポジションということですね。確かに、「自分はこういうことをしました」っていう人がいて、「確かにそうされて、自分は幸せになりました」っていう人がいてちゃんと確認が取れたなら、国からお金を支給するみたいなのがあってもいいのかもしれません。まぁ間違いなく悪用されるでしょうが…。
現実的には、善意を感じた人が相手に対してお金を払うというスタイルを取らざるをえないんでしょうね…。

あとリンクの件ですが、このブログではリンクを載せるスペースを設けていないので、相互リンクはできないです…。せっかくの有難い申し出なのに恐縮ですが、ご了承下さい。

URL | ゆとりさとる #-
2013/08/17 16:09 | edit

仕事はお金をもらうための手段。
そう思っている人達が、多分、今私が勤めている会社で、私の心の中の敵になっているようです。お金をもらうための手段だと思っている人たちは当然、やるべきことだけきちんとやるし、気を抜けるときは抜く。私はというと、認めてもらうためなら残業も全然構わないし良くなるのであれば、時間を費やすことを惜しまない。そういう人たちだけと仕事がしたいと思ってしまうけど、そんな人たちばかりではないのが、当然社会でした。最近、自分ばかりバカらしく思うときもあって、みんなと同じように必要最低限だけでいいのかなと思ってしまうようになってきた。そして空いた分を自分を癒すために使おうとも思う。だけど、その空いた時間を 何も進歩のないことをすることにしか使えない自分がいました。
私は何によって、心が満たされるのか、
私の場合、それはやっぱり毎日の仕事場にあるんだと思いました。

入社三年目に突入した女子です。
今の会社に今よりも物足りなさを感じたらとりあえず転職しようと思っています。
心が空っぽになることがたまにあるので、またブログにおじゃましますね。

URL | めぐ #TrE5O6vA
2013/08/19 00:12 | edit

Re: タイトルなし

>>めぐさん
コメントありがとうございます。
とても前向きな方なんですね!!めぐさんはお金ではない仕事のやりがいを追い求めてらっしゃるということですが、その正体は一体なんなのでしょうか?社会的に認めてもらうためであったり、より良い社会の実現ということでしょうか。
自分の行く先がはっきり見えていれば、周りの態度なんて関係ないという見方もあります。周囲の動きにやきもきするのは、めぐさんの行き先が明らかになってないということなのかもしれませんね。

URL | ゆとりさとる #-
2013/08/19 01:36 | edit

アダム・スミスに忠実なら資本主義は素晴らしい

アダム・スミスに忠実なら資本主義は素晴らしい
世界の誰もがウインーウィンになれる経済学
次の2点が無視されているのが問題
▼スミスが批判している重商主義から離脱すること、すなわち外貨を溜めないこと
このために「対外純資産ゼロ」を国際ルールに
具体的には黒字国は最低時給を上げてゼロにする、すなわち輸出競争力を賃上げに活用すること
▼資本主義の成果である国富を有効に活用すること、国富とは供給、技術、社会資本
国富の最たるものはロボット自動化電子化の革新による人減らし技術でこの活用
このため「労働力の供給制限」(労働力の不況カルテル)で労働力の売り手市場を常時維持する
具体的には失業者で求職しない者のみに失業保険料を支給する、現行と正反対、支給額は求人倍率で増減する
次より
http://6238.teacup.com/newbi/bbs

URL | heiwatarou #KS0kiiIk
2013/12/08 17:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/254-82b4254e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。