ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

「働く」について考える勉強会に行ってきた(動画あり〼)  


大阪で開かれた勉強会に行ってきました!このブログから勉強会に来て頂いた方も何人かいて下さって、本当にありがとうございました。

この会自体は、僕が個人的に知り合いになった仏教の講師をされてる方が定期的に開いている勉強会で、今回は「働く」をテーマに話すのでゆとりさんもぜひ、ということで話させていただきました。

僕が話したのは仕事の意味について。

人間関係がどうとか、残業がどうとか、休みがどうとか、通勤時間がどうとか、仕事内容がどうとか、働いてるといろんな不満や疑問が湧いてくるけれど、そういう不満ってひっくるめて言うと自分の仕事に対して「意味を見出してない」から起きるものなんじゃないだろうか。

人間って意味がないと思うことをやる気になんて絶対なれないし、逆に意味がある・目的があることならどんな苦労をしてでも達成しようとする。

だから働くのが嫌というのは、なんだかんだ働くことに対して「納得してない」ということなんだと思う。まぁ働くことに対して納得してないというのは厳密に言うと違うくて、「会社のやり方、社会の風潮に対して納得してない」ということなんだろうな。はじめは働きたいと思って就職してるわけだから、働くことに対する自分なりのイメージは元々あったはずなんだよね。

僕らが見失ってる「働く意味」をもう一度見つけるためには、その最初にあって今は封じ込めてしまったイメージ・思いを見つめ直す必要があるんじゃないかっていうこと。

僕の場合で言うと、仕事っていうのは困っている人を見てなんとかしてあげたいとか、人の役に立つことをしたいっていうことであって、上司の顔色やお客さんの顔色を伺って自分の作業を無難にこなしてなんとか今月やり過ごすことではないんだよね。

それが僕の思いだし、働く意味なんだと思う。
で、お金とサービスのやりとり以上に、そういう「思い」って大切なんだろうなって僕は思う。

共感、親切心、思いやり、情熱、愛情。目には見えないけど、人間ってそういう気持ちと触れ合って初めて人間らしく生きていけるし、極端な話、そういう感情を食べて生きてるんじゃないかな。

その目に見えない気持ちと気持ちのやりとりが、物質的なサービス以上に大切なものだし、今の社会で軽視されてることなんだと思う。

僕らは働く意味を見失っているからこんなにも働きたくない
→何で働くのか?自分の中にある思い、熱意をもう一度見つめ直す必要がある
→思いが見つかるとそれが働く意味になって、どんな苦しい環境でも跳ね除ける力になるし、元気になれる

僕たちはあまりにも考えずに生きてきすぎたのかな、とも思う。生まれた時からご飯も家もテレビも洋服もあって、上の世代の人たちが築いてきた仕事のやり方をそのまま丸呑みにしようとしているけど、それってなんか違うというか、僕らは僕らなりに自分たちが求めているものを訴えて、自分たちで行動していかなきゃいけないんじゃないのかな、と思う。

言葉で言ったので細かい表現はぜんぜん違うけど、大体こんな感じのことを言いました。何で働くのか?何のために生きるのか?それがはっきりしてないとただ毎日わき起こる食欲とか睡眠欲とかに流されるだけの生活になる。そういう生活でも別にいいんだけど、やってみた結果、個人的にはオススメしないです。
仕事の意味を見つめ直す時間が、必要なんじゃないかなって思う。

目からウロコの東洋哲学

↑のリンクから勉強会の動画が見れます。僕が話してるのは52分くらいからです。大体20分ほど。
関連記事

category: 行ってきた

コメント

いつもいつもゆとりさんの行動力と思慮深い思いには感心しています(^^)
働かなくても生きていける人と働かなくては生きていけない人とでは考え方はおのずと変わってきます。
貧しい国の子供たちはとにかく早く働いて親を助けたいと思い働かなくても生きていける人達は出来るだけ親の袖をかじりって情報の洪水のなかを身動きできずに日々を漠然と生きている。これはなにも今に始まったことではなくてローマ時代から成熟した国の国民はえてして堕落した生活をするもの…何千年も前となにも変わってないんです( ´△`)不思議ですね…人間はもしかしたら不自由な方が前向きに生きられるのかも知れませんね…僕も現代人なので行動するよりも考え込んでしまう方が多かったので今思えばずいぶんと損な人生を歩んできたなぁと53才にして思います。
ありふれた言い方になりますがやらないで後悔するのならやって後悔する方が後々自分の糧になります。
考える事も大事ですが行動することはもっと大事です。
ゆとりさんはとてもよく行動されていると思います(^^)
行動してこそ思考することが活かされると思いま
行動力×思考力で自分の力を5倍にも10倍にでもできます。
ゆとりさんはそれをよく実践されています!凄いです(^^)v

URL | ラジオスター #-
2013/08/12 00:40 | edit

私たちは、外的要因を満たすことによって、常に自らを安心させてきました。
ゆとりさんが前回いった「恐怖」による行動力ですね。
ですが、確かにあまりにも私たちは考えなさすぎたのかもしれません。
私たちは、何か物質的に満たされれば、幸福が待っていると思っていた。
昔は食べるのも困ったからこそ、ひたすらに内的な幸福ではなく、外的な満足によって幸福を満たそうとしていた。

ですが、現代に生まれた私たちには、こんなにも物があふれ、娯楽があふれ、享楽的な時代だというのに、どこか虚しさを覚えるときがありますね。
仕事に関していっても、一体これがどうなっていて、何をしているのかが見えてこない仕事。
最近思うのは、ここ5年~10年ぐらいで、ターニングポイントに来ているのではないかと思います。

それは、私のではなくて、人類のといっていいかもしれません。
今一度、本当に何がよいのか、私たちはなぜ生きているのかと問わない限りは、人は2000年前から進化してはいないと思ってしまうのです。
一人ひとりが自らに原初の問いを問わなければならなくなっているのかもしれませんね。

URL | 名無しの哲人 #-
2013/08/12 08:50 | edit

>>ラジオスターさん
堕落した生活をしていると心も堕落してくるので、そこに対して「不自由」を自覚することが出来れば、豊かな状況でも前向きに取り組んでいけるんじゃないかなと思います。
行動は、ほんとうに大切ですね。動くことで自分の中のものがどんどん変わっていくのを感じます。これからも出来ることをやっていきたいです。

>>名無しの哲人さん
今は情報や物質の量が多すぎて毎日をつい流されてしまいがちですが、その中でよくよく立ち止まって「自分はいったいなにがしたいんだろう」と考えることが求められているんですよね。それをしなかった結果が、今の厳しい労働状況に現れているんだと思います。
労働だけじゃなくて、おっしゃるとおり遊んでいたとしても虚しさがあったりします。自分が素直に感じる思いを実現するために生きていくということをみんなが実践する必要があるように思います。

URL | ゆとりさとる #-
2013/08/13 13:04 | edit

はじめまして

自分の感じていた、「働く」ことに対する違和感と似てる気がします。

僕の記事も、良ければ参考にしてみて頂ければ幸いです。

URL | アウラ #-
2013/08/14 23:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/251-e6e09492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。