ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

本当の意味での仲間を考えてみる  

これが仲間だ!


ある方とメールをしていて「仲間」についての話題が挙がった。仲間ってなんなんだろうとか、友達と仲間は違うなぁ、とか。今回は僕の思う「本当の仲間とは何か」です。



まず、そもそも人間ってみんなどこかに向かって走ってる(歩んでる)存在だと僕は思うんだよね。それはどこに向かっているかというと、その人それぞれが「これはきっと善いことだ」と感じることをやるということなんだと思う。

善いことっていうとなんかボランティアとか慈善事業とか親切心とかそういうワードが頭に浮かぶけど、決してそんなかっこいいものばかりじゃなくて、例えば食事なんかも「善いこと」に入ると思う。食べることを悪いと思ってやってる人ってそんなにいないんじゃないかな。まぁベジタリアンの人みたいにこだわりがある場合はあるけどね。

つまり善いことっていうのは「法律上での善悪の区別」では無くて、「その人の中での善悪の基準」というわけ。肉を食べるのは普通の人にとっての善いことであり、ベジタリアンの人にとっては悪いことっていうことになる。こだわりっていう言葉の正体はこの「その人なりの善悪の基準」っていうことなんじゃないだろうか。

で、みんなそれぞれで「善いと思うこと」をやってると思うわけよ。ニートは社会的には怠惰な存在で悪いことみたいになってるけど、僕はそうは思わなくてそれが「善いこと」と思ってやってるわけだし。逆に僕個人の基準からすると会社に属することって悪いことになるわけだけど、でもそれを善だと思ってやってる人はたくさんいるわけだし。

犯罪者や自殺者ですら、その行動はその人にとっての「最善の一手」であることには違いないんだと思う。法律的、道徳的に悪いことだとわかっていても、その人の環境や状況から考えて、それがきっとその人にとっての善いことなんだと思ってやってるんだろうなぁ。

そんなわけで、みんながみんな自分基準の「善いこと」を日々実行していってる。そういう意味で人はみんな何か(善いこと)に向かって走ってる存在なんだと思う。

でもその歩みってすごく寂しいというか、道中はやっぱり不安になってしまうものなんだよね。ほんとにこれでいいんだろうかとか、上手くいくだろうかとか。そこで出てくるのが「仲間」っていうものなんだと僕は思う。

仲間っていうと一緒のチームの人間みたいな感じだけど僕はそうは思わなくて、「同じ方向に向かって走っている人」なんだと思う。同じ組織に属していても「仲間」って感じじゃない人がいるけど、そういう人とは向かってる方向性が違う、つまり「何が善いことか」の基準がズレてるっていうことなんだと思う。

で、人間関係の根底って実はこの「善悪の基準」がかなりの比重を占めてるんじゃないだろうかって最近思うようになってきた。良い人だけどあんまり親しくならない人っているじゃん。そういう人って多分「善悪の基準」がなんかズレてるんだと思うわけよ。その雰囲気をみんな敏感に感じ取って、「何かこの人は違うな」って判断してるんだと思う。恋人とか家族とかも親しくなったり疎遠になったりするのはそういう作用が働いてる気がする。

でも人間って基本的に寂しがり屋さんだから、いつでもこの「自分の善悪の基準」と似ている人を探してるんだと思う。この前にもちらっと書いたけど僕も常々仲間が欲しいなぁって思っていて、でもそれは僕の活動を手伝ってくれるとかそういう意味じゃなくて、「本当にいい事ってこういうことなんだよなー」って分かり合える人なんだと思う。同じ方向性に向かっている人というか、同じ方向を見つめている人というか。

僕は自分が会社を辞める時には仲間と思える人が全く居なくて辛かったので、自分はそういう人の仲間になろうと思った、ということになるんだろうか…。それは僕に対する依存とか信頼とかじゃなくて、ただただ同じ方向を向いてる人がいるってことを知ってほしいっていうことなんだと思う。

関連記事

category: 人間

コメント

はじめまして。
人生つまらない、で検索したらこちらにたどり着きました。
何件か記事を拝見しましたが、他の自己啓発系ブログよりもかなり共感しました。
特に、やりたいことが見つからないというか、結局は何もやりたく無いというのは、まさしく私の思っていたことです。満たされていて、ハングリー精神が無いとでも言うのでしょうか…。
最近謎の無気力状態になり、他にも同じように悩んでる方が居るのだと思うと安心しました。
また来ます!

URL | のん #-
2013/06/21 20:59 | edit

Re: タイトルなし

>>のんさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
満たされて無気力で、でも何かやらないと生きていけないっていうのはなかなか大変なことですよね。じゃあハングリー精神がある方がいいのかというとそうでもないというか、そうだったら何か困るというか、微妙なところだと思います。

URL | ゆとりさとる #-
2013/06/22 08:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/224-4a9ec9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)