ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

今ほど掃除が必要とされている時代はない  


台風が過ぎたので、窓を開けて、部屋を掃除した。


掃除したってだけなんだけど、すごく気分がよくなる。
僕は大学時代に下宿していたときから、掃除・洗濯・料理は割りと好きで、男にしてはマメにやっていたほうだと思う。

最初はちょっと面倒なんだけど、やり始めるととまらない。しかも、一区切りやり終えた時の気分の良さったらない。

こういう気持ちがさ、もっと必要な気がするんだよね。

ニーチェも「衣食住のことはもっとみんなちゃんと考えたほうがいいよ」って言ってるんだけど、ほんとにそう思う。

今の多忙なサラリーマンの皆さんは、部屋の掃除も、日々の食事も、落ち着いてする余裕がないくらいだよね。
僕も働いてた頃は掃除なんて全くできなかったし。

でもさ、自分の身の回りのことをやるってさ、すごい幸せな気分になれることなんだよね。部屋に風通して、掃除するだけで、自分の心も透き通ったようになる。スーパーでのんびり買い物して、好きな音楽でも流しながら料理してるだけで、なんか心が落ち着く。

普段の何気ない生活にすごく癒される。
そういう時間を、みんなちゃんと取れてるのかな。取れてないように僕は思うんだけど…。

こんな時代だからこそ、必要とされていることのような気がする。
関連記事

category: 自然

tag: 自然  掃除 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/22-3eee9171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。