ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

周りに流されない、自分の考えを持つために  

流れる


この前の集まる会でタイトルにあるような質問をされたので、せっかくだから記事にも残しておこうと思う。今みたいな経済というか社会の仕組みになってしまっているのも、一人一人が自分の生き方についてきちんと考えてこなかったせいみたいなところあるし、このテーマは想像以上に大切なことのような気がする。



「自分の考え」という言葉にもいろいろあんだろなーと思うんだけど、今回は「自分の本心」っていう意味で考えていくことにするね。自分の本心を知ることができれば、周りの意見にただ流されて同調するようなことにはならないだろうっていうこと。前回記事の「恋愛・結婚について」でも述べたことだけど、この「本心を知る」っていうのは自分にとっての自然な生き方を考える上での奥義みたいなもんじゃないかなーって思ったりする。

例えば「自分はモノづくりが好きだからメーカーの技術職じゃないと嫌だ」とか思っていた人でも、実は本心としては「整理付けて組み立てるパズル感覚が好き」ということなのかもしれない。もしそうだとすると、この人にとっては部下を指導する中間管理職も適職になるかもしれないというわけ。部下の動きをチェックして、より良い結果を出すために最適な仕事を与えるパズル感覚でチームをまとめる事が出来れば、それはきっとその人にとっての「モノづくり感覚」なんだと思う。

そんなわけで、自分の根っこの部分を知ることが出来れば表面上の些細な違いにはあまり囚われなくて済むんだよね。一番大切な感覚さえ守られていれば、現実としてその形がどうであろうと関係なくなってくるんだと思う。

じゃあ自分の本心を知るためにはどうするかっていうと、僕の場合はとにかく「疑問を持つ」ということが大切になってるんだろうな。例えば普通なら多くの人が喜ぶようなことでも僕はそんなに嬉しく感じない時とかがあって、それって何で何だろう?って考えてみる。あるいは他の人が面倒くさがってやりたがらないことでも、自分はそんなでもないし全然やっていいよーとか思う時に、それって何でなのかを考えてみる。

楽しいでも嫌いでもなんでもいいんだけど、自分の心が動いた時って自分の本心を知るチャンスだと思うんだよね。さっきの例で出て来た技術職希望の人にしても、なんでモノづくりに喜びを感じるのかっていうことを突き詰めていけば、「パズル感覚」っていう本質が見えてくるんだろうなって思う。

そもそも「考える」という行為の始まりって「疑問を持つこと」だと僕は思う。疑問に思わないことを考えることって出来ないんじゃないだろうか。だからとにかく何でも疑問に思って考えてみればいいんだと思う。するとそれが自分の中で「考え」になって、やがて「意見」になってくる。

まぁーでも大変めんどくさいことに、この「疑問を持つこと」ってすごく疲れる作業なんだよね。答えが出るかどうかなんてわかんないしさ。それに「考えてもしゃーない」で片付けたくなることがほとんどだし、だからこそみんな周りの意見に流されることを良しとしているんだろうけどね。

でもそうやって考えることや疑問を持つことを放棄し続けていると、やっぱりそのツケは必ず自分に返ってくるんだと思う。会社に入ることが幸せだと信じて疑わなかった僕らの親世代を見ていると、本当にそのことを痛感してしまうん。昨日も親父とちょっとしゃべってたけど、30年サラリーマンとして働いてきて今が一番しんどいんだってさ。でも嫌だと思っても辞めることは出来ないというか、会社に行く自分以外の自分というものを想像することすら出来ないって言ってた。

会社のために働いて、それが自分の幸せになるって信じて疑ってこなかったことが、ここにきて一気にガタが来ちゃってるんだろうなぁ…。会社のために働いて幸せになるのは会社であって、自分であるはずがないのにね。自分が幸せになりたいなら自分のために働かなきゃいけないっていうことを考えなかったんだろうなぁ。

そんなわけで、自分の心が動いた時にはすぐさま疑問を持つことが大切だと思う。楽しい時はまぁいいとしても、嫌なことがあった時はなるべく考えたほうがいいんじゃないかな。それって言わば「心の警告音」なわけじゃん?本心が望む形と違うことになってしまっているからそういう警告音が出て来ているわけだよね。
そんな感じで日々疑問を持つことで、少しずつ自分にとっての「自然な生き方」が見えてくるような気がする。

でもこれってすんごい時間がかかる方法なわけよ。っていうか自分の本心なんて死ぬまでわからんかもしれないしね。しかも今までそんなに自分のことを疑問に思って来なかった人にとってはちょっと荷が重い話だよね。

しかし!!そんなあなたのために超がつくほど即効性のある「周りに流されない方法」があるのだ。

それは何かというと、「引きこもること」。これは案外馬鹿に出来ない方法で、テレビもネットも絶てば驚くほど周りに流されずに済むのでオススメ。僕も会社を辞めてニートになって引きこもることで自分を見つめる時間を確保出来たしね。
心が動いたら疑問を持って、自分を見つめよう。ヤバくなったら引きこもろう。というのが僕の回答でした。

関連記事

category: 人間

コメント

神田昌典さんの2018年の予想図です

こんにちは。

ネットサーフィンしていたとき、見つけたブログ記事です。

2018年ごろにはお金を使わないで暮らす人々が全体の10%程度になるようです。

http://blog.goo.ne.jp/konsaruseijin/e/fefd25deefbdffd9c0d1e84282751cb6

御参考になれば幸いです。

URL | たもんまる #-
2013/05/27 15:26 | edit

おおー

>引きこもる
まさかの結論w
かと思いきや、自分の心の声をきくには、それが一番の方法かもしれませんね。

「引きこもる」というと
ネガティブなイメージがアンハッピーセットのようにくっ付いてきますが、
「引きこもらない」場合、
自分を見つめる時間が削られるというのは、確かかと思います。

URL | yume #xPC5zgKA
2013/05/27 23:16 | edit

Re: 神田昌典さんの2018年の予想図です

>>たもんまるさん

コメントありがとうございます。
なるほど~。確かにお金を使わないでも工夫次第で十分豊かな暮らしが出来る世の中ですからね。しかもその工夫がやってて結構楽しいみたいなところがあって、何でもかんでもお金で揃えようとするのは違うんだろうなぁって思います。

URL | ゆとりさとる #-
2013/05/28 02:23 | edit

Re: おおー

>>yumeさん

なんというか、そもそも現代人って一人になる時間が少なすぎるんじゃないかって思うわけです。学校や会社もそうだし、スマホやPCを見るといつでもどこでも自分にとってのタスクが待ち構えていて、心が落ち着くときが少ないんじゃないでしょうか。
基本的に1人で過ごしていて、なんかあった時に誰かとつながるくらいで十分なのでは?って思ったりしますね。

URL | ゆとりさとる #-
2013/05/28 02:29 | edit

なるほど~。
ネットもテレビも絶って引きこもる、
これってわたしが生きてきてまったくしたことがない生活かもしれません。

せっかく時間があるので、バイトも外出も休んで、3日間くらい試してみようかと思います。

URL | みゆ #wYJYk8LY
2013/05/28 18:49 | edit

Re: タイトルなし

>>みゆさん

多分、元気になれると思いますよ。もともと元気な人ならより明確に「これがしたい!」って思えるでしょうし、弱っている人なら自分の心と向き合う時間が取れて落ち着けるでしょうし。
とりあえずヒマでヒマで嫌になってくるとは思いますが。

URL | ゆとりさとる #-
2013/05/29 01:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/209-a2477b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)