ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

僕らはなんで生きてるんだろうシリーズ第四回  


前回、「死んだらどうなるか」ってことを考えてみたけど、考えてもどうも埒があかない感じなので、じゃあだったら逆に「生きてる意味」がわかれば、自然に「死ぬ意味」とか「死んだらどうなるか」ってのもわかるかもしれないっていうことで、第四回を始めるね。


生きてる意味…。生きてる意味か…。んんー…??
いや、意味があるかないかはともかくとして、とりあえず「生きてしまってる」わけだから、意味があろうがなかろうがとにかく生きるしかないわけで、その上でやりたいことをやる、でいいんじゃないの?と言ってしまえばそれまでなんだけどね。

でもさ、それにも実はものすごい矛盾が隠れてることに気付いてしまった。

だってさ、「生きてる意味はわかんないけど、とにかくやりたいことをやる。それは趣味や生きがいだったり、人と通じ合える何かをすることであったり」っていうけどさ、
でもぶっちゃけ「そうは言っても人生ってしんどすぎないか?」っていう疑問が残るわけよね。

僕はさ、会社を辞めてそれまでのいろんな価値観に縛られた人生を抜けだして、これからはもう自分のやりたいことだけやろうって決めたけどさ。でも正直、会社を辞めてからの一年間、「すっっげぇえ楽しいーー!イヤッホォォオオ!人生やりたいことやっときゃ万々歳だぜえぇー!」とはならなかったんだよね。

寝たい時に寝て、食べたい時に食べて、ゲームもアニメも好きなだけやって、酒も飲んで。誰の言うことも従わず、24時間自分のやりたいことだけをやって、この一年過ごしてきた。ブログを書いてお礼のコメントやメールも戴いたりして、すごく充実した瞬間もあった。でもさ、なんか知らんけど、どうもこれで人生クリアー!ってならない。そりゃぁ会社にいた頃よりは全然マシになったけど、でも相変わらずダルくなったり、しんどくなったり、あーめんどくせぇってなったり、いろんな感情がまき起こってくる。

僕は「えっ?」ってなった。心の言うことに従って自分のやりたい放題やらせてあげてるのに、それでも愚痴が出たりする。意味がわからん。その時に「どうも人生って楽しいとか辛いとか、嬉しいとか悲しいとか、充実してるとかしてないとかだけじゃないな…」って感じた。

楽しかったり充実してるのは、それは一瞬でしかない。どんなに嬉しくても一瞬のことでしかない。それが終わるとまたダルくなるし、めんどくさくなるし、寝たくなる。これをなんと表現したらいいのかよくわからないのだけれど、「人生って苦しいもんだな」と思った。

そうなるとさ、ますます生きてる意味ってわからなくなるわけよ。一瞬充実してたり楽しかったりはするけれど、すぐに飽きたり終わったりして苦しくなる。そしておんなじようなことを何十年と繰り返した挙句、みんな例外なく死んでいく…。えぇー…。じゃあ今すぐ死んでもそんなに変わんない…というのを否定できないんだよなぁ…。

でもだよ?でも相変わらず、僕らは死にたくないわけよ!

はぁあああん!?マジ理解できない。何時何分何秒地球が何周回った時ー?って聞いてくるガキくらい理解できない。
人生苦しい。いろいろやっても一時しのぎで、どう足掻いても苦しいらしい。でも、死にたくない。今すぐ死んでいいやって思えない。この究極の矛盾。人がどんな時代になっても、どれだけ豊かになっても、いつまでも悩み苦しむのって、実はこの問題をはらんでいるからじゃないのか!?

僕はこの結論にたどり着いた時、あまりの不可解さに一瞬パニクったけれど、ここで冷静に考えた。

確かにこのままだと矛盾している。でも、これが矛盾しない道が1つだけある。それは、「生きてる意味」が実はあったってことだ。っていうかもうそれしか無くない?こんだけ何やっても意味不明な人生ってものに説明をつけるとしたらさ。

ここで第四回は終了ね。どうも、生きてる意味がないとおかしいらしい。まぁおかしいってだけなので、そんなことどうでもいいやっていう人がほとんどだとは思うんだけどね。でもおかしいのはおかしいからさ、僕としては気持ち悪いわけよね。というわけで、次回からは生きてる意味を積極的に探っていきます。
→第五回
関連記事

category: 人間

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/173-45cb2bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)