ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

ゆとりさとるの「やる気」論  

やる気



前回の記事から早速嬉しい反応がありまして、一通のメールをいただきました。2つテーマについて考えて欲しいとのことなんですが、1つ目が「一人前は自立しているか」、2つ目が「好きなことをしているのに、ふとやる気が無くなる現象の意味」ということです。なるほどなぁ…。

今回は2つ目のテーマについて書こうと思う。なんで順番通りにやらないかというと、今の僕はこっちのテーマを書きたい気分だからだ。



「やる気」とか「モチベーション」って今や社会人の必修科目みたいになってる気がする。本屋に行けば「今すぐやる気を引き出す○つのステップ」だとか、「モチベーションを持続させる方法」だとか、「部下のやる気を引き出すには」だとか、とにかくやる気を出して自分や他人を馬車馬のように働かそうとする本がたくさんある。たくさんあるってことは、需要があるんだろうか。つまりみんなやる気を出したがってる。やる気を出せればいいことがあると思ってるんだろうな。やる気をコントロールしようとしているというか。

今回の質問に関しても、質問者さんの真意が全てわかるわけではないけれど、「好きなことをやってるのにやる気が出なくなるのはおかしい。もっとやる気が出るはずだ。」というところから出た疑問なんじゃないだろうか。
話が逸れる前に質問に対しての僕の考えを言っておくと、まず、意味なんてないんだと思う。強いて言うなら、心が「もう飽きたし別のことをやりたい」と言っているだけなんじゃないかな。

そもそも、僕はやる気が出ない状態ってそんなに悪いことじゃないと思ってる。だってやりたくないことをやる以上のストレスなんてこの世にないし、やる気が出ないっていうのはその行為がその時の自分には合ってないっていうことだから、さっさと諦めて素直にやる気が出ることだけやってればいいんだと思う。

僕は自分の心を全肯定してる人間だから、やりたくないことはやらないし、好きなことであってもやりたい時とやりたくない時があるから、やりたい時だけやることにしている。それで何か困ったことはないし、困ったことがあったとしてもそれは自分がやりたいと思ったことをやった結果だから、愚痴を言うようなことにはならない。どうしても問題があるなと感じたらそこからまた軌道修正していく、というだけなんだと思う。自分の心を信じてれば最終的に何でも上手くいく、って楽観的に思ってるところが僕にはかなりあるなぁ。

そんな、その時々の気分だけで生きてたら目標に向かって地道に頑張ることなんてできないじゃないか!っていう意見があってそれはもっともなんだけど、ほんとに自分の心から叶えたいと思っていることは、なんだかんだ何があっても努力しようって気になるし、目標が達成できなかったのであればそれは本心から実現したいと思ってることじゃなかった可能性の方が高い。ただ欲の皮が突っ張って出て来ただけの一時的な願望なのかもしれない。

この辺りは「引き寄せの法則」と結構似たような感覚になるのかなぁ。全然先が見えないけど手探りで頑張って、もがいて努力した結果目標を達成するというより、目標を達成している自分が既にぼんやりとあって、そこに行くための道を自分から自然と選んでいっているという感じだ。そういう自分がぼんやりと浮かぶかどうかっていうのは、頭とか理屈とか損得じゃなくて、ただただ心が決めることなんだと思う。

ここまでいくと、僕は運命論者みたいな立ち位置になってしまいそうだなぁ…。まぁある意味自分の運命は決まってるとも思うし、そうでないとも思う。運命が決まってると思う理由はさっき言ったように、自分の取る行動や人生の行き先は自分の心の中では既に決めていることであって、それを理屈や損得で捻じ曲げることなんて出来ないからだ。
でもその一方で運命が決まってないと思うのはなんでかというと、その「心の声」はとても小さくてただ生活してるだけじゃとても聞こえないくらいささやかで、普段から自分に対して素直になることを心がけていないと、すぐにかき消されてしまうような薄っすらとした力だからだ。

僕だって損得勘定や世間体、現実という立派な大義名分を掲げて「いい大学」や「いい会社」に入ったけれど、そこに待ってたのは自分らしさのカケラもない絶望的な日常だった。それは自分の心の声を無視して、欲の皮が突っ張った結果なんだと思う。でもだからこそ僕は、今は胸を張って自分の心を信じようって思える。何かに対してやる気が出ないならそれでいい。またいつかやる気がでることもあるだろうし、今はその時じゃないってことだ。僕に出来るのは、「その時」が来た瞬間に全力でスタートダッシュがきれるように、ただただ自分に対して素直であり続けることだけだ。

それに、何かがやりたくないっていうことは、その一方で何かがやりたいと思っているということなんじゃないだろうか。人と会いたくないということは家に居たいということだし、寝たくないということは遊びたい、あるいは働きたいということだ。無理に何かに対してやる気を出そうとするよりも、今やる気が出ていることに対して全力になるほうが何倍も建設的なんじゃないのって僕は思うんだけど、どうだろう。今遊びたいという気持ちは、その時にしか生まれない大切な気持ちで、それを抑えて勉強したり働いたりするということは、言ってみればその時の自分の心を殺してるようなものだ。そんな生き方って僕は不自然だと思う。

心ってすごく不思議で、まるで玉のようにあっちこっちにコロコロ転がって行くような気がする。さっきまで全力でゲームしてたくせに今は猛烈に眠いから寝る、とか。時間も場所も損得も関係なく、基本的にやりたい放題だ。あまりに不確定要素なものだから、規則で縛って律しよう、なんていう風にみんなが思うのもわかる気がする。でも、元々それだけ動きまわって仕方ないものををある一定の規則で縛ろうなんて考えが不幸の入り口なんじゃないかって思う。
だから僕は毎日同じ時間に起きて、同じシャツやらスーツやらを着て、同じ時間の電車に乗って、同じ会社の同じデスクでルーチンワークをしてるような生き方が耐えられない。不自然極まりないなと思う。

同じ理由で、僕は予定というものを入れたくなくて仕方がない。だってその日その時にそのイベントに参加したいかどうかなんて今の僕にわからないからだ。まぁ人に会ったりするのに予定を合わさざるを得ないので仕方なく入れるんだけど、でも本来ならお互いがどちらともなく「今日会うかー。」って気分になって会うくらいのものでいいと思う。それ以外の人間関係は最終的に蛇足なような気がする。

どうだろうか…僕のやる気に大してのスタンスはこんな感じだ。そんなだから、僕はブログの記事をいつ自分が書きたくなるのか、てんでわからない。深夜だったり早朝だったり、1日に2つ書きたくなったりこの前の冬眠中の時みたいに何週間も書きたくなくなったり。
でも、僕はこのブログを良いブログに育てたいなぁと、なんだか知らないけど心の中で思っていて、そう思っている以上、僕という人間の理性の部分がごちゃごちゃ指図することなんて、何も無いんだと思う。だって放っておいても何か記事を書きたくなって、そうこうしてる内に良いものが出来上がるはずだから。僕の理性が出来るのは、書きたいと思った時に書ける環境を常に準備しておくことだけだ。それ以上のことは知らないし、やっても良いことなんてあった試しがない。

うわぁ…もう…。今回の記事を書いて改めて質問文を読んでみると、全然違う話ばっかりしてることに気付く。でもなんでか知らないけど僕はこんなふうに書きたかったからしょうがない。僕はこんなにもしょうがない奴なのだ。それを思い知ってもらえたら、それはそれで意味があったんだと思う。
やる気についてはまだまだ語り足りない、もっともっと深く考えたいテーマだなぁ。これがきっかけで、僕自身考えてもなかった新しい価値観に出会えるかもしれない。そういうワクワクがあるから考えるのは止められないな。

関連記事

category: 人間

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/150-505f70d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。