ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

ランキング順に過去記事を振り返る回  

公園



前回頼まれて書いた2つの記事について。
依頼をしてくれた方には「とても満足した!ありがとう!」という旨のメールを頂けた。僕としても良いテーマをもらって、書いていてとても楽しかったし、こんなブログの在り方もいいなぁと思った。
もし「こんなテーマどうよ」っていうのがあれば、ぜひぜひメールしていただければと思います。

このブログは「会社員だった頃の悩んでいた自分を救う」っていうのが一つの大きなテーマになっていて、だから人生観だとか労働についてだとか幸せって何だろう的な話ばっかりになってしまう。だから働いていた自分とは違う世界の事を論じることは、自分からはなかなか出来ないんだけど、こうやって他の人につつかれて出てくるものもたくさんあると思うので、こういう機会は大切にしていきたいって思う。

で、今日の記事はタイトル通り、ちょっと趣向を変えて過去の記事について。
←のランキング上位の記事についてなんだけど。


上手に馬鹿になれるかが楽しく生きるコツ

意外だ。いやまぁどんな記事が多く読まれてても意外なんだろうけど、まさかこれとは。
みんなほんとはもっと馬鹿になりたいんだろうなぁ…と思っていたんだけどそれは違っていて、どうやら「楽しく生きる」って検索するとこの記事が上位にランクインするらしくて、そこから僕のブログにたどり着く人が多いようだった。

僕は今まで自分が書いた過去の記事を読み返したことがない。というか読み返したくない。なんだろう…。その記事を書いたのは確かに僕なんだけど、もはや別人というか、もうとにかく気持ち悪いことこの上ない。一度外に向かって放出したものは、それはもう自分のモノではないな、と思う。
セミの抜け殻みたいな。セミはきっと枝に張り付いてる自分の抜け殻をみて、「あの茶色いカサカサしたものが自分だったのか…たまらん…」と思うに違いない。少なくとも僕はそう思う。

で、内容なんだけど。

うーん…。うーーん……。んー…???
あかん…。これはあかんわ。もうなんとも言えない。もうだめだ。
でもその人らしさというか、何かしらの人間性みたいなのはこの記事から感じられるような気もする。なんだろう。言ってることが正しいかどうかはわかんないけど、とにかくこの人は何かを訴えたいんだなっていうのはよくわかる。

いやお前が自分で書いたんだろって話なんだけどね?自分の事なんだけどね?
でももう全く覚えてないし、別人が書いた記事にしか思えない。同じ内容、趣旨の記事をかけって言われても、全く違う表現になる自信がかなりある。
いつ書いたんだろうこれ。去年の7月末か…。呼吸してるだけで疲れていた暗黒期の真っ最中じゃないか…。

だめだ。次いこう。

座禅とか瞑想とかやってる人の意味がわかった

これは…どうやら「2ch 瞑想」っていうキーワードで来る人が多いみたい。
うーん。うん…。瞑想について語ってるな。いま見てもさっきほどの恥ずかしさないな。けど恥ずかしくないってことは何かこう説明口調みたいな感じに終始しているということなわけで、そういう点ではさっきの記事の方が僕の当時の心をありありと表現できているのかもしれない。

フロー状態か…。なんか懐かしい単語だな。そう言えばあの頃はやりたいことをやって我を忘れて没頭している瞬間に生きる意味を見出そうとしていたんだった。間違いではないんだけど、でもそれは人生のごく一部分の話だなぁって今は思う。我を忘れてなくても楽しいことはたくさんあるし、なんか説明しづらいけど、何かをやってる瞬間だけが人生っていうのはなんか違うな、と思う。それをやる意義だったり、それをやってる自分に対する気持ちだったり、とにかくあらゆる行為にはそのバックグラウンドみたいなものが常に控えていて、そういう部分も含めて楽しむ、というのが今の僕の感覚だ。

働きアリの法則は割りと正しい

これもあれですねー。働きアリとかいう単語で検索エンジンにのってるってやつですねー。
なんかさ、こうやって知名度・関心度の高いキーワードをたくさん載っけてアクセスを稼ごう!なんていう手法がブログ運営のノウハウなんかを見てるとよくあるんだけど、僕のブログに関しては全く使えんテクニックだなぁ…と思う。だって僕のブログのすべての記事は何かしらの項目について語るつもりなんて全くなくて、結局のところ「どう生きるか?」っていう部分に落ち着くからだ。

瞑想とか働きアリとかで僕のブログに来てくれる人がいるのは嬉しいけれど、そういう情報が欲しい人はきっと他のページは見ないだろうなぁ。まぁしょうがないんだけど。それがきっかけというか窓口になったりもするんだろうし、いいことなのかな。

で、内容に関しては…。全力で生きるに足る理由はどうやって見つけるの?、か…。働きアリはもう完全に関係ない上にやたら深いな。僕の記事ってもしかして全部こんな感じか!?!?
書いてる時はそれがごくありふれた感覚として僕は書いてるつもりなんだけど、客観的に見るとこんな感じだったとは…。恥ずかしい…。恥ずかしいっていうか…なんだ…なんだこれは!?

まぁとりあえず落ち着くことにするとして、そんな理由なんてものはないってのが今の僕の考えだな。全力で立ち向かうかどうかは僕の「人間性」「感性」が勝手に判断することで、事象そのものは川が流れてくるようにどんどん自分に向かってきているんだと思う。その事象を僕の感性で選り分けて、引っかかったものだけ全力で処理していく。だから自分で見つけるとか、探すとかっていうのはちょっと違う感じがする。たまたまその時、その時代、その環境で自分の前に流れ着いた何かに反応してるってだけだと思う。
だから全力で働きたいのであれば、その機会を逃さないように自分の感性を鋭く持っておくこと、ということになるかなぁ。

ムラ社会を考えた時に、次におこすべき行動

えー…これは…ムラ社会っていうのがキーワードで引っかっかってますねー。
実は冒頭に書いた依頼主の方というのは、このムラ社会という単語でこのブログを知ってくれたらしい。とてもありがたい。何でも書いてて良いことあるもんだ。

内容はと言うと。

これは…これは…もう勘弁して下さい。暗黒期第二弾だよ…。
うわぁああああ!!!アホって単語を大きくして書いてるよ…。アホはお前だ、と言ってやりたい。
しかも読んでみるとなんだこれは。ただの愚痴でしかない。一応「やりたいことを見つけよう」っていう前向きな方向性で締めようとしているけど、これは間違いなく愚痴を言いたかっただけの記事だ。僕にはわかる。

でもまぁ、「これが嫌なんです!」っていう主張は実はすごく大切だし、共感を得るための一つのやり方ではあるなぁ。前向きなことばっかり言っててもなんかキレイすぎてつまらんし。ふざけんなボケ!って感情をこれからも大切にしていこう。

あ、でも最後の主張は今でも声高に主張したい一文だ。
「これからは、今までごく一部の人しか達成してこなかった、強い主張を持つ自分っていうものを、みんなが実現していく時代になる。」
これってみんなが自分の感性を高めて、感情を豊かにして、自分のやりたいこと・やるべきことをはっきりと見定められるようになるってことだもんな。人間にとっての自立。この時はそんなこと全く考えてなかったけど、やっぱり根は変わらないなぁ…。


以上で終わろうと思います。
なんかふと思い立って始めた企画だったけど、どうだろう…。
自分としては、半年に一回くらいはこんなことをやってもいいのかもしれないと思った。

関連記事

category: 未分類

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/149-e52f89e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。