ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

「嬉しい」と「楽しい」にはこんなにも違いがあった  

笑い




昨日はたまたま連絡を取った九州大学の学生が就職活動で大阪に来るっていうので、ちょっとした飲み会に参加してきた。7つある旧帝大って昔から交流が盛んで、京大とか阪大からも何人か来ていたので久しぶりに部活時代の懐かしい話が出来てとても楽しかった。

集まっていたのはちょうど僕の1つ下の年代が多くて、大学院に行っている人がほとんどだったから就職活動の真っ最中ということもあったので、ついああだこうだと自分の思っていることを押し付けるように話してしまった。そんな中で就活生がどんなことを考えているのかを聞いてみると、僕もずっとそうだったけれど驚くほどある1点が欠けてることに気付いた。


彼らに「なんでその会社に入りたいの?」って聞いてみると、例えば「○○って今すごく大切だと思うんです」とか、「○○はこれから必要とされてくるんじゃないかって考えてるんです」みたいな話がまず真っ先に出てくるんだよね。確かに話を聞いてみるとその分野、あるいはその商品の有望性であったり普遍さであったりみたいなのがとても伝わってきて、はーなるほどそれは知らなかったなぁと僕が感心することばっかりだった。

で、そこから一歩突っ込んで「○○が大切なのはわかったけど、じゃあなんであなたがそれをしたいの?」っていう風に聞いてみると、大抵は「それが実現できればたくさんの人に感謝されるから」っていうようなことを言ってくる人が多かった。言われてみるとなんでその仕事をしてるんですかっていうインタビューなんかでも「お客さんに喜んでもらえた瞬間がすごく嬉しい」っていうようなエピソードはたくさんあるし、それが原動力となって辛い仕事でも耐えていけるんだっていうような主張の人も多いのは確かなのかなぁって思う。

なんか話を聞いてるだけで社会に貢献しようっていう気持ちがヒシヒシと伝わってきて、そりゃまぁ旧帝大に通ってて大学院にも行って、それなりに恵まれた家庭と能力も持ちあわせてるんだから当然といえばそうなのかもしれないけど、それにしても立派なものだなぁって思った。僕なんかはただ「社会のことが知りたい」っていう理由でなんとなく銀行に入ってしまったので、彼らとは比べ物にならないなっていう思いしか出て来なかった。

けど僕はそこですごく疑問に思ったことがあったので、ちょっと厳しいようだけど次のような質問をすることにした。

「○○が大切な仕事で、それが人から喜んでもらえるのもわかった。でもその仕事をやるのがあなたじゃなきゃだめな理由ってあるの?」

この質問をすると、驚くほどみんな答えに詰まる。これから大切な分野や仕事があって、それはお客さんなりその地域に住む人なり、なんなりに貢献できて感謝されるもので、自分はこれまで勉強も頑張ってきたし仕事もきっと同じように頑張っていけるって考えてて、でもそれはまさに会社に入る前の僕の考え方と全く同じだった。あ、僕はそこまで貢献することを考えてはいなかったけどね。

ブログを普段から読んでくれている方にはすぐわかると思うのだけれど、僕がこの質問を投げかけた理由は何かというと「本当に自分の心からやりたいと思って出て来た願いじゃないと、頑張れないし継続しない」っていうことなんだよね。今回話を聞いた就活生に圧倒的に欠けていたのは、就きたい仕事に対しての「楽しみ」なんだと思う。

お客さんとか上司や同僚から感謝されて感じるのは「嬉しさ」であって、「楽しさ」ではないよね。全然つまらん仕事だけどお客さんとか仲間のためにも頑張ろうっていうのはこれまで日本を根強く支えてきたのかもしれないけど、そのおかげで毎年自殺者が3万人を超える国になってしまったわけで、僕もほぼ鬱病になったわけだし、「嬉しい」から頑張るっていうだけの働き方は、どこか人として自然じゃないんだろうなって僕は思う。それがお金なのか笑顔なのかはわからないけど、「報酬」のために頑張るのではなくて、あくまで自分がただ一人でも「楽しい」と思えることに取り組むっていうのが大切なんじゃないかっていうこと。

感謝とか笑顔とかってのは、たまたま上手くいけば確かにそういうものも手に入るのかもしれないけど、それはあくまでその一瞬の話だし、結局のところ「自分のため」じゃなくて「誰かのため」に働いてるに過ぎない。そんな人生ってなんだったんだろう、僕は今まで何をしてたんだろうって、いつかふと振り返った時に虚しさがこみ上げてくるような気がする。自分の経験から察するに、だけど。

けど「楽しい」は違う。それはあくまで自分の心の奥底から湧いてくる衝動みたいなもので、その「楽しい」っていう気持ちは誰にも否定できない自分だけの宝物なんだよね。
なんか知らんけど積み木を触るのが好きで好きでしょうがなくて、いろいろ組み合わせてるうちにおっきい家みたいなとにかくなんかすごいのが出来て、それを見た通りすがりの人がなんだこれはすごい!感動した!ってなってありがとうと言われる。僕が理想とする働き方って、そんな感じ。自分のためにやってることが、結果的に周りにも波及していく。行動の発信点は常に自分の中にある。

嬉しさと楽しさってなんだか同じような、とりあえず自分の心を暖かくしてくれるものみたいな感覚があるけど、その質は大きく違うように思う。いい大学に入ってる人なんかは特に、きっと親の喜ぶ顔が見たいから頑張ってきてるところがあって、それは嬉しいことなんだけどほんとに自分が楽しいと思ってやってることなのかどうなのか。それは誰にもわからないからいつも自分に疑問を投げかける必要があるんだと思う。

この飲み会に行く途中で電車に乗った時に、隣にリクルートスーツを着て新聞を必死に読んでる女の子がいたけれど、そんな光景を見るたびに僕はなんだか悲しいというか、なんなんだろうそれって思ってしまう。そんな片手間に読んだ新聞で決まるほどあなたの人生は軽いものなの?自分がやりたいって思うことを信じられないの?って言いたくなる。信じられないからそうしてるんだろうけど。もっとみんな自分の心を信じてあげようよ。

関連記事

category: 人間

コメント

「自分が死んでも代わりなんていくらでもいるし、社会は通常運転。だから自分が好きな(興味のある)ことをしよう。」という考えまで行き着くにはなかなか大変でした。僕はPhaさんと同じく完全自殺マニュアル読んで悟りましたが(笑)

URL | o-mi #xRS1q4qQ
2013/03/07 02:38 | edit

Re: タイトルなし

>o-miさん

そうですよね。僕が就活生に投げかけた質問はそういう意味で少し意地悪なところがあって、別にその人じゃなきゃいけない仕事なんてないんですよね。

だからこそ、自分がその仕事じゃなきゃいけない理由にたどり着いて欲しかったんです。僕は自分がそういうものを見つけていないのに言うのはおこがましいところがありますが…。

URL | ゆとりさとる #-
2013/03/07 13:34 | edit

楽しいって感じれる仕事見つかるかなあ(泣)

辞めるのに、時間がかかって、まだ辞めて、一週間。なのに・・・

強烈な、自分一人だけ、のんびりしてていいの?という罪悪感と、生活なりたたなくなったらどうするわけみたいな焦燥感に、時々、襲われます。

嫌って感情を、大切にしたい!楽しいと思える仕事を見つけるまで、のんびりするって、決めてたのに、辞めた瞬間からの強烈な感情に、うわ!!勤めてた方がまし??って、感じでした。

もちろん、後悔はしてないけど、家族に、仕事探してないのか??って、昨日言われて、キレそうになりました。

自分を信じるって、難しいですね。



URL | あゆみ #-
2013/03/07 15:26 | edit

Re: タイトルなし

>>あゆみさん

罪悪感と焦燥感、すっごくわかります。正直、精神的には仕事を辞めてからの数ヶ月の方がきついです。
働いてる時はストレスは確かにあったけど、でも働いてるんだから自分は立派に社会人やってるっていう免罪符みたいなものがあったわけですから。仕事を辞めるとそれまで自分を支えてくれていたアイデンティティが無くなって、何をやればいいのかもわからないし、仲間だと思っていた人もいなくなります。

それでも仕事を続けるのがあんなに嫌だったという気持ちは確かにあったわけですから、不安だからといってまた安易に就職先を見つけても、結局同じ事の繰り返しになるんです。(と僕は思います)

とても根気のいる時期なのは痛いほどわかりますが、周りの意見に流されずに自分の心に向き合ってみて下さい。今まで親とか世間とか他人のために犠牲にしてきた自分の心を取り戻すわけですから、並大抵のしんどさではないです。僕はちなみに毎日生きている心地がしなくて、呼吸してるだけでしんどいといった感じでした。寝たりご飯を食べたり1人で散歩でもするぐらいがせいぜいで、ずっと何もやる気が起こりませんでした。

でも生きてる限り、ずっと同じままっていうことはないです。良い状態も続かない代わりに、悪い状態も続かないんです。自分を信じるのは難しいけれど、ここでまた周りの言い分に従ったら今までの自分が台無しです。今が生まれ変わるチャンスだと思って、辛くても家族の方の意見に耳を貸さないようにしてください。

この苦しさは誰も代わってあげられないんですけど、僕が救われたのは自分の趣味でした。寝るとか音楽を聴くとか運動するとかアニメ見たりゲームしたり、その時間だけはいろんなことを忘れてゆっくりできます。癒される趣味を続けて下さい。あとは僕のブログの記事の何かがあゆみさんの苦しさを少しでも和らげられればと思ってます。

URL | ゆとりさとる #-
2013/03/07 16:15 | edit

アドバイスありがとうございます!!
すごく心に沁みました。

免罪符・・・確かにそうですね。言い訳ができない状態で、自分と向き合うのは、つらいですね。

でも、趣味しながら、あまり気張らず、乗り越えてみます。私も、散歩大好きです。野生の植物見てると、雨と、大地の栄養だけで、あんなに綺麗な花咲かせるって、すごいって、勇気もらいます。

人だって、不自然に頑張るとか、目標設定とか、しなくても、自然体で、生きれるはずですよね。

かなりへこんでましたが、乗り越えます。いつも、ブログ更新を楽しみにしてます!

URL | あゆみ #-
2013/03/07 21:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/141-50b59137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)