ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

やる気に関する驚きの科学  

ダニエル・ピンク
http://www.ted.com/talks/dan_pink_on_motivation.html




すっごく面白くてわかりやすいTEDスピーチがあったので紹介。最近紹介が多いなぁ。
Daniel Pinkさんの「やる気に関する驚きの科学」。
「報酬が高いことが良い仕事を生み出すわけではない」「目的とルールがはっきりしている単純作業は報酬によって効率が上がるが、クリエイティブな仕事は報酬がむしろ悪害となっている」っていうような話がいろんな経済学者、大学院の研究によって明らかになったことを述べてる。

これ、人が働く上ですごく大切な要素だと思う。後半部分で言われてることだけど、やっぱり行き着くのは「やりたいことをやる」っていうことなんだなぁ。


前回の桜井章一さんの記事で、僕は「給料を貰わずに働けるならそうしたい」って書いたけど、それは正にこのスピーチで言われていることと一致してる。僕が働くのは自分のやりたいことをやるためであって、お金なんかのためじゃない。そんなもののために自分のやる気を汚さないで欲しいと思ってたけど、それは僕だけじゃなくて誰にでも当てはまることなんだなぁっていうことがこのスピーチでわかった。

僕は、「人は誰しも自分らしく生きることができる」っていうこと、つまり自由を信じてる。じゃあ自由に生きる人間にとっての「なぜ働くのか?」に対する答えは何かというと、このスピーチの中でも表現されているように、「重要だからやる、好きだからやる、面白いからやる」なんだよね。決して生活のためだとか、お金のためじゃない。まして上司の顔色を伺うためでもなく、地位を得るためでもない。ただただやりたいからやるんだ。その時、人はようやく色んなしがらみから開放されて、本当の意味で自由な働き方ができる気がする。

それはもしかしたら毎朝5時に起きなきゃいけないかもしれないし、満員電車に乗らなきゃいけないかもしれないし、何をやるにしても手続きが大変だったり、根回しがいったり、お客さんに頭下げまくったり、職場の空気は重いかもしれないけど、その仕事が自分にとって心から「やりたいこと」なら、きっとそういうマイナス要素も気にならないんだろうなぁって思う。

もう戦後の経済復興から蔓延った拝金主義的、アメとムチ的な「働かされ方」はそろそろ滅んでもいいんじゃないの。もうみんなすごく疲れ切ってるじゃん。こんな豊かな時代に給料のためにやる仕事なんて、あってもなくてもどうでもいいような下らないものばっかりだ。「なんで不景気なのかがわかった気がする」の記事でも書いたけれど、人の心を動かすのは人の心であって、決して優れたサービスや機能なんかじゃない。生活のためのインフラはもちろん重要なんだけど、それはもう十分行き渡ってるんだから今考えるべきなのはそこじゃないよね。

なんで人間って、特に日本人って自分で自分をわざわざ不自由にするような考え方をしてしまうのかなぁ。和を以て貴しとなすとか、お客様が神様ですとか、○○道みたいな考え方が悪い意味で人を抑えつけすぎてる気がする。例えば小さい頃って「男の子なんだから我慢しなさい」とか、年齢が上なんだからとか、みんなやってるんだからあんたもきちんとやりなさいとか、そういうことを事ある毎に言われ続けてたような気がする。いやいやいやいや、男だろうが女だろうが、幼稚園児だろうがじいさんばあさんだろうが、嫌なことは嫌だしやりたいことはやりたいんだよ。どうしてそういう訳のわからない壁みたいなものをせっせと作りあげて、しかもみんながそれを信じてるのか、今にして思えばすごく不思議だ。そういう考え方って誰も得してないと思うのは気のせいだろうか。

あー、まぁ管理する側の人間にとってはそっちのほうが得か。言うことを聞く人間を管理するほうが、親も先生も上司も客も、便利だし楽だもんね。けどそういう人間関係ってすごく寂しいし心底下らないと思う。誰かを下に敷いてないと安心できないのかなぁ…。自分は自分だしって割り切れる人間が少ないのかもしれない。

こういうことをはっきり言ってる人ってまだまだ日本には少ないような気がするけれど、このTEDスピーチにもあるようにやっぱり人間はやりたいことをやりたいものだし、それは一見すると自分勝手でわがままな生き方のように思われるかもしれないけど、そのほうが結果的に自分にとっても周りにとっても良いんだっていうことをみんなが少しずつ理解して、実践していかなきゃいけないんだろうなぁって思う。今はまだまだ「稼がなきゃ生活できない」っていう強迫観念が強いけど、僕みたいに自由に生きて、それで飢え死にしてもまあしょうがないやっていう、言わばリスクを楽しめる人間とかあるいはお金持ちで生活は安泰ですみたいな人間が、率先してそういう生き方をやっていけばいいんだろうなぁ。そしてそこから少しずつ輪が広がっていくことで、みんなが自分の自由をもっと信じられる時代が来るのかもしれない。

関連記事

category: 人間

コメント

このスピーチは私も大好きです

>やっぱり行き着くのは「やりたいことをやる」っていうこと

本当にそのとおりだと思いますし、それが一番大切なことだと思います

ゆとりさとるさんのように、この原則を忘れないように生きていきたいです

URL | tarou #-
2013/02/28 14:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/135-91c1c726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。