ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

会社が悪いって言い切れないこの感じ  

会社2




あー。なんだって僕のメンタルはこんなにも豆腐なんだろう。
やわい。やわすぎる。
僕にはとても会社みたいな組織でやっていけるような精神の硬さはなくて、そんな硬さって一体どうやったら手に入るんだろうっていつも思うけど、無理なんだろうなっていう予感しか湧いてこない。



会社は利益を追求する。モノやサービスを売ってお金を得る。ライバルがいない間はいいけれど、競合がどんどん出てくるような業界になってくると、商品内容よりもどちらかというとイメージが大切になってくる。イメージとは言い換えると信用で、これは築いていくのはやたら難しい反面、壊れるのは一瞬だ。だから企業の幹部、役員クラスが考えるのはいつもこの「信用」なんだと思う。「商品の良さ」と「信用」のどっちが大切かと聞かれたら、ほとんどの役員が「信用」って言うんじゃないだろうか。だって「商品の良さ」は流行なんかで一瞬で変わるけれど、「信用」は一度手に入れて崩れない限り、どんな商品でも売れていく可能性があるから。だから経営側は信用を失わないように、いつも従業員に対してルールやマニュアルを徹底させようとする。

例えば居酒屋なんかで言うと、「はいよービールお待ちー!」っていう接客をする店はまずない。もちろん個人がやってる店ではあるんだろうけど、少なくとも大規模なチェーン店でそういう店は見たことがない。それはなぜかというと、そういう砕けた接客態度を気に入る人がいる一方で、それが馴れ馴れしいと感じて嫌がる人もたくさん出てくるからだ。賛同とか称賛の声が10や100とつくよりも、クレームが1つ付くことを何よりも恐れるのが経営側の感覚だろうなぁって思う。だからそういう仕事の仕方はどんどん変えられていくことになる。それは会社を守るためであり、引いては従業員の給料を守るためっていうことになる。
もっと言うと、従業員には半ば機械として働くことが要求されてる。だって下手に自分の色を出されでもして、それでお客さんが怒ったりしたらどうなるかわからないからだ。従業員は個人なんだけど個人じゃないところがあって、常に会社っていう看板を背負って動くことになる。従業員1人のミスが、会社を傾かせる危険性を常に持ってる。経営の効率から言っても、いかにブレなく社員を働かせられるかが、経営側の課題なんじゃないかなぁ。

僕が会社にいた時ってこんなことを考えてた。いつも思ってたわけじゃないけど、組織で仕事をするってそういうことなんじゃないかっていう感覚があった。で、それを意識した仕事の仕方をやっていると、上司には簡単に気に入られた。まぁそりゃそうなんだろうなぁ…。
でもそういう意識でやってると、すごくキツイ。これはもう半端ないキツさだった。まぁそれも当然で、だって機械になんてなれるわけないもん。
それでも仕事内容がすごく自分に合っててやりがいがあったら違ったのかもしれないけど、仕事自体かなりどうでもいい内容だったし、どうでもいいことに対してそんな意識で働くことはできなくて、でもかといってだらだらすることも出来なかった。

僕はこういうところが豆腐メンタルだと思う。なんというか、気付いてしまった以上はそれを無視できないというか、気にせず自分のペースでやっていく図太さみたいなのが全くといっていいほどない。っていうか、みんななんであんなに普通に働いているんだろう?そもそも上に書いたようなことを考えてないんだろうか?それとも気づいてるけど、でもそんなん考えてたらしんどいし適当でいいんちゃう?っていう感じなんだろうか。僕の働く感覚が普通じゃないとしたら、それってどれくらいのレベルなんだろう…。出かける度に「あの山が今噴火したらどうしよう…」とか「隕石が来たらどうする??」って考えてるようなレベルなのかな。そりゃ確かに可能性としてはあるんだけど、普通そこまで考えるか?っていう。
あーでも無理だわぁあー。僕は出かけるんだったら空を見るたびに隕石のことを常に考えちゃうし、山を見るたびに噴火の怖さが頭をよぎるような人間だわ。家にいるときは何も思わないんだけど。

行動する前からあれこれと理屈っぽくなってしまうところに関しては、僕は典型的なニートの思考のような気がする。とりあえず行動するとかっていうのが、自分1人のことなら別にまだいいんだけど、組織の一員としては無理だわ。重すぎる。自意識過剰って言われるとそうなのかもしれないけど、でもそんなこと頭でわかってても心は納得できなくて、だから僕は耐えられなくて仕事を辞めた。基本的に自分のことだけ考えて生きていきたいし、考えるにしても自分の目の前に映る、数えるくらいの人達のことしか考えたくない。
バックにある組織同士の思惑とか、自分の発言や行動を周りがどう取ってそれがどう人に伝わるかとか、相手の発言の真意はどこかとか、会社で上の立場の人間ほどそんなことばっかり考えてて、僕はそんなことどうでもいいにもかかわらず、でもそれに気付いてしまう自分がいて、気付いた以上そこに気を遣わずにはいられなくて、相手に反抗したくても「あーでも人の上にたって組織を背負ってるんだからそういうこと考えなきゃいけないんだろうなぁーそれが立場ってもんだし」とか思ってしまうから周りが悪いとかって言い切ることもできなくて、だから面倒くさくてしょうがなかった。
僕の感じるこのしんどさは誰のせいにもできなくて、自分がそういう人間だからとしか言いようがなかった。一言でいうとだるい。

あーあ。こんなふうに会社を辞めた今でも会社のことを書いてるのは、なんだかんだ僕が組織とか人っていうものを好きだからなんだろうな。どうでもいいことに対していつまでもこんな風に考えないもんね。でもまた元の会社に入りたいかといわれると全く入りたくはないけれど。

関連記事

category: 会社

コメント

では、利益を追求しない公務員という組織についてはどう思うのですか?

URL | なやま #-
2013/01/26 00:30 | edit

こんばんわ。
本当に共感します。僕も周りの大人たちは妥協してる感じがしてたまらないです。
僕は接客の仕事である程度フランクに接すると必ず上の人から厳重注意がはいります。まさに会社の保身を守るためのやり方 ベストよりベターをえらぶやり方自分らしさを消すやり方は納得できません。

そこで、両親に同じ質問してみたら食べていくだけ子供たちだけを養っていくだけで精一杯で自分の適職だとかやりたい仕事なんか関係なかったってこたえましたね。
僕は生意気にも妥協できないので(今は妥協してますけど)仕事は当人が苦痛の対価を貰うものだと考えてますが今の仕事内容では現在の給料の倍を貰わないと納得できません。

僕はかなりの豆腐メンタルなんで職場の上司や周囲に注意されただけで
いつも監視されてる感じがしていつもビクビクしながら仕事してます。
ゆとりさとるさんはこんな時どう自分のメンタルコントロールしますか?

URL | なお #-
2013/01/26 23:48 | edit

Re: タイトルなし

>>なやまさん

どう思う…とはどういうことか正確にわかりかねますが、公務員として働きたいか働きたくないかで言うと、今のところ働きたくはないです。
特定の地域に貢献したいっていう気持ちもあんまりないし、官僚になりたいわけでもないですし。
利益を追求しないというのは、今の不景気っていう状況下では一番安定してるみたいに思われて人気みたいですけど、逆に言うと人間関係が全ての組織ってことです。
会社だと「こうした方が稼げるから、効率がいいから」っていう理由で、上司に対してまだ自由に意見もできますけど、公務員じゃそんなことできないんだろうなぁって思います。実力がどうとかっていうより、気に入られるかどうかが全てみたいな組織なんて、息苦しそうで僕は無理だなぁって感じです。
まぁ働いたこと無いからわからないし、所属する部署によってももちろん違うんでしょうけど。

URL | ゆとりさとる #-
2013/01/27 00:54 | edit

Re: タイトルなし

>>なおさん

親の世代はそれが適職じゃなかったとしても、働き方として今よりはまだ牧歌的な時代でしたし、働けば働くほど収入も増えていくのが前提でしたからね。心の底からやりたいことができなくても、ほとんどの人がそれなりの幸せを感じられる時代だったんじゃないでしょうか。

>>ゆとりさとるさんはこんな時どう自分のメンタルコントロールしますか?

いや、アドバイスにならないですけど僕はコントロールできないので会社を辞めました。
強いて言うなら、結婚することで家族を守る意識を持つとか、仕事終わりに気分転換できるようなものを持つ…ということでしょうか。
でもいずれにしても根本的な解決になってないですし、自分がその壁を乗り越えるかもしくは逃げるかしかないように思います。
で、僕の場合はそんなどうでもいい壁を乗り越えようとするぐらいだったら自分のやりたいことをやろうって思って仕事を辞めました。もちろんそれだけが理由じゃないですけど。

URL | ゆとりさとる #-
2013/01/27 01:15 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/129-d988f6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)