ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

何かを断るときは神を味方につけよう!!  

祈り



めんどくさいとかストレスとかに流されてみるの記事でとても面白いなぁって思ったコメントがあったので、紹介させてもらおうと思います。


”某イスラム教国で働いていますが、 (略)この国の人達は慢性的なストレスを抱えません。
全ての悩みは日々のお祈りで解消です。
実際に問題は全然解決してなくても、気持ちがとても穏やかになるそうです。
時には明日の予定を決めようにも「神のみぞ知る」とかいってちゃんと決められない事もあり、こっちからすると、何でもかんでも神が、神が、じゃ何も進まないじゃん!と憤る時もありますが、絶対的に頼れる存在があることは素晴らしいことだと考えています。
宗教を敬遠しがちな日本ですが、こんな文化があればいいのにな、と日々思っています。”

まず、ストレスを祈りで解消してるっていう部分に関しては、座禅とか瞑想とかやってる人の意味がわかったの記事で書いた理屈と全く同じだと思う。
雑念に囚われず、ただただ「今」に集中する、フロー状態に自分を持っていくことで、すごくリラックスした状態になることができる。
どんな宗教でもある考え方なんだなぁ。

で、今回僕が面白いと思ったのはこの「神のみぞ知る」っていう言葉。
なんだろう…。僕はこの言葉がすごく気に入った。


いや別に神がいるとか思ってるわけじゃなくて、予定ぐらいしっかり頭ん中に刻み込んどけよっていう話ではあるんだけど、でもこれは僕がずっと感じている「予定なんて入っているに越したことはない」っていう感覚と、極めて似た発想なんだと思う。

僕は明日何時に起きなきゃいけないとかって思うのがすごく嫌だ。
どんなに楽しい予定だとしても、言われた時間に行かなきゃって思うだけでストレスを感じる。
もちろん、だからといって全く予定を入れないわけじゃないし、我慢できるレベルではあるんだけど、でもやっぱり寝たいだけ寝たいっていう欲求があるし、「その日にやることはその日に決める」っていうのが、人間にとって一番リラックスした生き方のように思う。
でも「お前明日の仕事遅れんなよ!」って言われて「いやぁー、それは神のみぞ知るわー」とか言ってもぶん殴られて終わるだけなのがツライ。

流行んないかなぁ。この言葉。
例えば友達に何かイベントに誘われたけど断りたい時って、「予定が入ってる」とか言って嘘をつかなきゃいけないじゃん。
僕はこれがイヤでイヤでしょうがない。
そもそも嘘を付くのがすごく苦手だし嫌だし、「行きたくないです」「遠慮します」って言ったらなんだか嫌な顔をされて、もうこいつは二度と誘わんみたいな感じでギクシャクしたりする場合があるし。
そんな時に、「神のみぞ知る」って言えたらめっちゃ便利だわー。

日本で使われてる言葉だと、「行けたら行くわー」に近いんだろうか。
断ってるわけではないけど、そのイベントに行かない可能性もきちんと示唆していて、こっちがどんな行動を取ろうがとりあえず相手も納得してくれるっていう曖昧さ。
でも「行けたら行くわー」の場合は、どっちを選んでもその人自身の判断ではその行動を選んだっていうことになるけど、「神のみぞ知る」って言ったらこれは自分が判断したんじゃなくて神様が判断したことなんですっていうニュアンスが含まれることになって、この言葉を言った相手を批判するということは神を批判することにも等しいのでそんなおそれ多いことは出来っこないなっていう牽制効果がある。すごい。

でもまぁ一番いいのは「えー、いや自分はいいっす!」ってはっきり言うことではあるよね。
長い目で見るとそういう風にはっきり言った方がお互いのためになるような気もするね。
関連記事

category: 人間

コメント

おお!良いですね。
私も「そういう気分じゃないんで」と断りたいことがありますが、それよりも「私が行くかどうかは神のみぞ知ることです」と言えたら、ちょっと面白いし後味も悪くないですね(笑)
まあ相手によりますが、一度は使ってみたい。

URL | taku #-
2013/01/12 13:41 | edit

Re: タイトルなし

ですよねー。
日本で「神」っていう単語を出すとなんだか変な感じになるのがネックですけど、
こういう文化を理解できるようになるとすごく楽になれる気がします。

URL | ゆとりさとる #-
2013/01/12 23:02 | edit

日本で神という言葉を出すと、宗教を即座に思い浮かべる人がいますが、
実際、神っていうのは在るものですよ。
それは、要するに存在としての神ではなく、概念としての神というか、神っていうのは「あらゆること」に対して、名前をつけられなかったから神といっただけなのではないでしょうか?
いわば、アレも神だし、コレも神だし、そう言う意味でいうと私も神であるし、全部神みたいなもんですよ。それはもうしょうがないです。
だってあらゆる存在自体が「なぜ在るか」っていうのはわかんないんですから・・・


私はよく人に対して大真面目に「神に聞くしかない」とか言ったりしますよ。
それはつまり「なるようになる」っていう意味合いですよね。
なるようにしかならないってことを言いたいのですが、まあ痛い人みたいに思われることもあります。


なんていうか、異常なほどの自己責任主義というのが日本ですからね。
そもそも日本に生まれて日本人になったのすら、そんなこと「なるようになった」だというのに、一体何がそんなに自己を確認したいのか・・・
私なんて、半分ぐらい全ては「なるようになる」って思っていますけどね。

URL | 名無しの哲人 #-
2013/01/13 20:57 | edit

Re: タイトルなし

おっしゃるとおりだと僕も思います。
考えても仕方ないこととか不思議なこととかどうしようもないことが多すぎますし、だったら原因は何かとかなんでそうなってるのかなんて深く悩まず、神の仕業なんだなって思うのが心身のためですもんね。
でも痛い人みたいに思われるってのは、なんだか悲しいですね。
どう言ったらいいのかな。「神様じゃないとわかんないだろ~!」ぐらいの表現がいいでしょうか。

>>なんていうか、異常なほどの自己責任主義というのが日本ですからね。

この民族性については、僕はまだまだ考えが足りてないですねー。
農耕民族だからとか、「和を以て貴しとなす」が自己犠牲の精神に結びついてしまったとか、何かしら古くからある文化風習に端を発していて、それが変形していった結果こうなったのかなぁってアタリをつけてますが、よくわかりません。面白そうなのでいつか考えてみます。

URL | ゆとりさとる #-
2013/01/13 21:55 | edit

引用ありがとうです。
“「その日にやることはその日に決める」っていうのが、人間にとって一番リラックスした生き方のように思う。”
同感です。私も先のことを約束するのが苦手です。
自分がやりたい予定ならいいんですが、誘われた時点で気乗りしない時は私も「インシャアラー(神のみぞ知る!)」って言ってます。
便利な言葉です。

ブログ面白いですね。
私も新卒でいきなり海外に来たので、日本で就職した同世代がどんな思いを抱いてるのか、とても興味深く拝読しています。

URL | むすりむ #-
2013/01/18 18:22 | edit

Re: タイトルなし

新卒でいきなりイスラム教圏内で働かれてるんですか!
いろんな人がいるなぁ…。

僕が感じてることは多かれ少なかれ、日本の新卒みんなが少しは思っていることだと思うので、ぜひこれからも暇つぶしに読んでみてください。

URL | ゆとりさとる #-
2013/01/19 09:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/123-fb602fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)