ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

めんどくさいとかストレスとかに流されてみる  

押しつぶされる何か



↑「押し潰される何か」。製作時間15分。

前回は自分にストレスを溜め込まずになんとか発散させよう、自分を自分らしく表現できるような場なり趣味なりを持とう、そうじゃないと生きていくのはしんどいっていう話だった。
でもそんなんねぇよって人もいるだろうし、そうでなくてもイライラが常に収まらないって人もいると思う。
そんな時にどうしようかっていう話。



この「押し潰される何か」を見ていても思うけど、人が密集した場所で誰かが自分を主張しだすと、誰かが引っ込まなきゃいけないんだよなぁ…。
自分らしく、自分のやりたいことをするのが一番の生き方かもしれないけれど、それをすると他人を押さえつけなきゃならなくなる時がある。
それが結局は他人への迷惑と捉えられて、出る杭は打たれるみたいな感じになる。

ニートとか引きこもりの人ってのは、常にこの「押し潰される何か」状態になってる。
だから特に何もしてなくてもしんどいし、新しいことをやる気も起こらない。
環境が悪いのか自分の考え方がよくないのかそれはわからないけど、とにかく自分を変形するので精一杯というような雰囲気。
めんどくさがりってのもそういう感覚かもしれない。
自分の思うがままを主張すると周りと反発してしまうわけだから、しょうがないっていう感覚なんだろうなぁ。
他者を引っ込ませるよりは自分が引っ込んどいた方が丸く収まるかっていう諦めもあったりする。

これってどうやって解決するんだろうってまず考えてみる。
そんなところさっさと抜けだして、自分の思い通りになる場所に行けよっていうことになるんだろうけど、なんやかんやとしがらみがあって、そうもいかないってこともあるだろうし。

悩み相談みたいなコーナーで誰かエライ人だかカウンセラーだかなんだかが答えてる番組とかあるけど、そんなことしたところで結局はもうどうしようも無いんじゃないかと思う。
多少の言葉で解決する話でも無いだろうし、考え方次第ですよとか気にしないことですよとか言ったところで、わかっちゃいるけどそうできないから悩んでるわけで。
仮に自分の悩みを相手にはっきり伝えて、その要求なり抗議なりを相手が飲んでくれたとしても、それは今度は向こうが引っ込む番になるという話なだけで、自分中心主義で行けばそれでOKなのかもしれないけど、あんまり根本的な解決にはなってない。

この手の、いわゆる考えてもどうしようもない悩みってとにかく尽きないというか、悩みがない人は悩みがないことが悩みですとか言い出したりするし、誰しも何かしら持ってて逆に面白いなと思うくらいだけど、そんな時に人の心を支える役割を負ってるのが宗教とか信仰とかなのかなぁってふと思う。

僕は昔から宗教という存在がよくわからなくて、神を信じなさいとか言われても何のことやらサッパリだったんだけど、最近は宗教の強みが少しだけわかるようになってきた。
どうしようもないこととか、誰のせいにも出来ないようなことに直面して、自分が弱ってしまった時にすがれる何かなんじゃないかっていうこと。
日本は無宗教っていうけど、そういう意味では日本人に深く根付いてる信仰が実はあるんだということに気づく。
それは「みんなそうだから」「自分だけじゃない」っていう言葉。
何か苦しいこととか、嫌なこととか辛いこととか、まぁあるんだけど、そんな時に「みんな誰しも何かあるんだよ」とかって言われると少し諦めがつくというか、心が楽になったりする。
自分だけじゃないんだっていう感覚。
よくよく考えるとそんな根拠のない言葉もないんだけど、実際日本人が過労死になるほどの働く人種である理由の一つは、この「周りが我慢してるんだから自分も我慢できる」っていう一種の信仰だと思う。

路傍の石にも木にも、道端の草花にも全て神が宿ってて、八百万の神がいるとかいうぐらいだから、日本はとにかく「みんな」とか「和」っていう観念がすごく好きだ。
でもそれは万能ではなくて、それが人を助けることはすごくたくさんあるんだろうけど、逆に人を縛ることも同じくらいにたくさんある。

あー、話がどんどん逸れてきた。
ストレスにどう対処するかという話だったのに、いつの間にか日本人的宗教観の考察になりつつある。
その日本の和の心は一旦置いておいて。

慢性的に感じてるストレスをどうするかっていうのは、多分もうどうしようもないんだろうな!と思う。
もちろん話し合いで解決できるなら解決すべきだし、環境を変えられるなら変えればいい。
愚痴言ったり怒ったりスポーツしたり趣味やったりで発散できるならそれも素晴らしい。
でもそのどれも望めないのなら、あとは流れに身を任せてみるしかない。
あー今自分ストレス感じてるわー、なんかきてるわーって独り言を言ってみるだけでもいいかもしれない。
なんか知らんけどそういう時期なんだろうなぁ…まぁそういうこともあるよ…って思ってもいいかもしれない。
無理に明るくなる必要もなくて、ダウナーな気分に浸るのもそれはそれでいいか、って思えると、ちょっと楽になるかもしれない。

希望があるとすれば、一生そのままで居続けることはないだろうっていうこと。
価値観も環境も、少しずつ変わっていくもので、それも根拠がないといえばないけど、諸行無常って昔のエライ人も言ってるわけだし、希望を持つくらい持っていいんじゃないのって思う。


はぁ。この記事は誰に向けて言ってるんだろうって考えたけど、自分だなって思った。

関連記事

category: 人間

コメント

はじめまして。
大阪在住のゆうきと言います。
仕事辞めたいと思っていたら、
ここにたどり着きました。
よろしくお願いします。

URL | ゆうき #-
2012/12/26 08:11 | edit

Re: タイトルなし

はじめまして。コメントありがとうございます。

URL | ゆとりさとる #-
2012/12/26 13:23 | edit

ありがとう。ちょっと元気が出ました。

URL | HIKARI #l3/T/ZDM
2012/12/26 19:20 | edit

Re: タイトルなし

よかったです。

URL | ゆとりさとる #-
2012/12/26 19:25 | edit

同じ状況で、仕事やめて独立しようとしてます。
労働にたいする価値観が似てるたので思わずコメント。
自分はアルバイトの時点で働くのは無理だと察して、それでも決心できず結局会社員になりました。
伏線として続けていた副業が安定的に一定の収益をあげはじめたので辞める決心がつき、辞めることになりました。
決断を後押ししたのは
自分の得意分野による一定収入と
共に頑張る信頼できる相方がいること。

ただ仕事を辞めるのはさみしいですね。
自分の所属先を自ら断ち切るのはさみしい。

URL | わお #-
2012/12/27 15:58 | edit

追加
多分私とあなたは同年代か私がちょっと上くらいで
考える道筋などがすごく似ているので共感します
自尊心を守りつつ、迷いつつ、正当化しつつ、疑問を持ちつつ、みたいなもころが。
(言語化は比較できないくらいゆとりさんの方がうまいですが

私は完璧主義で負けるのが嫌いです。
しかも負けず嫌いといっても、ちょっとでも負けそうだったりすると戦いを降りるタイプの。努力して勝ってやるみたいなことには滅多にならない。
おまけに面倒臭がりで人に嫌われるのが怖い気遣いしぃで、結果的に組織になじめない。コミュニケーションはそつなくやるし、仕事の成績もわりといいんだけど、自分だけは疲れきった自分を知っている。みたいな。
ゆとりさんと似てませんか?笑

あ、あとお金あるに越したことないですよ、多分。
お金の戦いからは宗教者になるかホームレスにならない限り一生つきまとうと思うので、この戦いから早々に降りるのはまだ若すぎると思う。
何がいいたいかと言うと、ゆとりさん頭良いみたいだし、得意分野での金儲け頑張ってというおちです!長文すみません

URL | わお #-
2012/12/27 16:21 | edit

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

副業が軌道に乗っておられるというのもスゴイですが、仲間がいるっていうのも心強いですね。
性格は書いておられる限りじゃ似てますねー。面倒くさがりなのに気を遣ってしまうから自分で自分をしんどくしてしまうところなんかまさにそうです。

お金があった方がいいのは確かにそうですね。お金が無くても生きていく道はあるようですけど、やっぱり少しはあった方が格段に便利です。
ただ僕の場合、お金儲けっていう意識で何かに取り組むのが苦手なのかなぁっていう気もします。
まぁまだお金に関することは自分でもわからないことだらけなので、とりあえずはやってみるっていう感じです。応援ありがとうございます。

URL | ゆとりさとる #-
2012/12/28 00:31 | edit

某イスラム教国で働いていますが、
”どうしようもないこととか、誰のせいにも出来ないようなことに直面して、自分が弱ってしまった時にすがれる何かなんじゃないかっていうこと。”
まさにそうです。
ですのでこの国の人達は慢性的なストレスを抱えません。
全ての悩みは日々のお祈りで解消です。
実際に問題は全然解決してなくても、気持ちがとても穏やかになるそうです。
時には明日の予定を決めようにも「神のみぞ知る」とかいってちゃんと決められない事もあり、こっちからすると、何でもかんでも神が、神が、じゃ何も進まないじゃん!と憤る時もありますが、絶対的に頼れる存在があることは素晴らしいことだと考えています。

宗教を敬遠しがちな日本ですが、こんな文化があればいいのにな、と日々思っています。




URL | むすりむ #-
2013/01/10 17:13 | edit

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

なるほど…。お祈りでそこまでできるってのいうのは本当に素晴らしいですね。
僕なんかはずっと「祈って何になるんだろう」って思っていましたが、要するに不安を取り除き、ストレスを解消するための手段なんですね。
日本で「明日は何時に来てください」って言われたのに対して「それは神のみぞ知る」とか言ったら変人扱いされること間違いなしですが、予定を抱えないというだけでどれだけ心が楽になるかを僕も理解しているので、本来人間なんてそれくらいでいいんだなぁって改めて実感しました。

日本は「宗教」っていう形から入るのは難しいかもしれませんけど、自分の心に素直になれば、必然的に同じ境地にたどり着くように思います。少しづつでもみんなの心が楽になるような社会になればいいなぁ。

URL | ゆとりさとる #-
2013/01/10 23:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hjkd8yg.blog.fc2.com/tb.php/117-5a4f1b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。