ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

人生の目標は…  

あらゆる物事には正の面と負の面がある。前の記事ではゆったり気ままなフリーター生活みたいな感じに書いていたけど、もちろんそんな良い感じな話ばかりじゃない。

まず僕は毎日「なんで僕はこんなことやってるんだろう」と100回ぐらい考えながら仕事をしている。そしてそのたびに「そうか、ニートやってても自分の心と向き合うばかりでしんどいからだったな…」と思い直すんだけど、それでも仕事に慣れてくるとだんだん働きながらでも自分の心と向き合ってしまっていて、結局なんのために外に出ているのかという気持ちになってくる。

朝起きるのも辛いし、ストレスもたまる。前は1ヶ月1万円あれば余裕で暮らせてたのに、今は衝動買いしたり無駄にお菓子食べたりで、月に4~5万円くらいないと生きられない体になってしまった。体重も無駄に増えた気がする。かといってニート生活になると朝起きるのが辛くなくなる代わりに昼夜逆転でしんどくなるし、生活費は安くなるけど収入も無くなる。

何かが満たされれば何かが欠けて、しかもそのどちらも本質的には僕にとってどうでもいいことなのに、そのどうでもいいことに振り回れている自分がいて、そのことに気づくたびに心がどっと疲れるような感覚になる。

「もっとこうなれば、ああなればいいのにな…」と思うこともあるけれど、少し考えただけで「けど本質的に自分が変わってないから結局一緒だな」とわかってしまうから、夢みたいなものをむやみに追いかけようという気持ちにもならない。
最近だと、「こんなに自分の心を見つめたり反省したりしないで、もっと他人とか他の事ばっかりに夢中になれればいいのにな」とか思ったりしたんだけど、昔の自分がそうだったことを思い出すことですぐにそれはそれで大変な部分があるってことに気づいたり。

仏教という救いにも出会ったわけだから、ここまで来るともう死んでしまってもいいのではないだろうかというのもよく考えるんだけど、なぜか人間として一生を全うする必要があるような気がしてしまって死ぬこともできない。だから僕の人生の目標は、最低限の人間らしい人生として終わりまで完走することなのかな、と思ったりしている。

そのためには少なくとも自分が生活していくだけのお金を稼いだり、親の面倒を見たり親戚づきあいもこなしたり、犯罪もしないようにしたり…なんだか書いていてすごく面倒な気持ちになってきた。なんで僕はこんなことやってるんだろう。
そんな感覚だから就職とか結婚とか起業なんてとんでもない、もう自分一人がなんとかやっていくだけで精一杯だ、と思う。

人生は作業なのだろうか?そんな感覚にすらなってる僕は相当心が硬くなってるんだろうなーとも思うんだけど、やりたいことが無いっていうのはこういうことなんだろうね。

category: 未分類