ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

気がついたら  

ソシャゲでギルド運営やってた。去年もネトゲでギルド運営してたけど、気がついたらまたやってるなぁ…そういうの好きなんだと思う。
けど今回はギルドマスターだった人がやめて僕がマスターに繰り上がるという形だった。その人がギルドをやめるってなったときとても悲しかったし喪失感があったんだけど、その感覚が来たときに「また同じこと繰り返してるなー」って自分の中で思考が巡った。

なんかこう…人生って何かを好きになったり愛着もったりしないとモチベが出ないから生きていけないじゃん?けどそういうのって必ず別れのときがあるわけで、その喪失感とか虚無感ってほんと辛いんだよね。
これは生きている以上、誰しも必ずもってるものだと思う。自分は何も守るものがないって人でも最後には自分自身というものがあるわけだし。

仏教の言葉でいうと愛別離苦ってやつだなぁ…。どんなに愛しいものでも必ず離れることになるという。いわゆる四苦八苦の中の一つで、他には怨憎会苦(怨み憎んでいる者に会う)とか求不得苦(求める物が得られない)とか五蘊盛苦(肉体と精神が思い通りにならない)ってのがある。これは人が避けることのできない必ずいつかは降り注ぐ苦しみなんだよね。まぁもちろんそればっかりじゃなくて楽しいこととか嬉しいことも必ずあるんだけどね。

けど、なんかその繰り返しなんだよなぁ…って生きてて常々思う。手で水をすくうようなことに一生懸命になって、勝手に喜んだり苦しんだりしてるなぁと。それやって結局なんなの?って聞かれてまともに答えられること一つもやれてない。マイナスじゃないかもしれないけどプラスでもないというか。

そうやってあくせくしながら一喜一憂しながら生きて…最後には時間だけが経ってるんだろうなぁ。。自分は今まで何をやってきてたんだろう…って死ぬ間際に絶対思う自信あるわ。仏教を他の人に伝えること…が唯一僕にとって生きてやる価値があると思えることなんだけど、なんでそれが大切なのか、何がそんなにすごいのかを自分でも説明できる気が全くしないんだよね…。

でもおそらく僕にとっての終着は仏教なので、そのうち何かのきっかけで動画で解説とかブログ書いたり…
できたらいいなぁ。。

なんだか心がざわついてる夜に書いた記事でした。読んでくれてありがとう。
スポンサーサイト

category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。