ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

なんで転職しないのって  

この前、小学校の頃の同級生たちの集まりに誘われて行ってきた。といっても小学校の頃から地元を離れてない5,6人くらいの飲み会だったんだけど。
で、そうするとなんで銀行辞めたのーとかこれからどうするのとか聞かれる。その時は面倒臭かったので適当に流したけど、今年最後になるっぽい今回の記事で総まとめを書いておこうと思った。
-- 続きを読む(このまま開きます) --
スポンサーサイト

category: 未分類

最近の生活観  

今回は仏教じゃなくて個人的な生活の考え方について。

これまで同じ内容はずっと書いてきたし、実践しすぎて個人的には当たり前なんだけれど、僕は本当にお金を使わない生活をしていると思う。

実家に住んで生活に必要なものは家族とシェアして、自分が使うのはせいぜいコンビニでお菓子買ったり飲み物買ったりするくらいになってる。あとはスマホ代かな。スマホはイオンの月額1400円くらいのやつで済ませてます。通信制限があるけど家の中でWifiにすれば関係なし。

なので月の生活費は1万円ちょっとくらいかな。暇つぶし兼さんぽ兼お小遣い稼ぎのアルバイトで月に5,6万は収入があるので、貯金も貯まっている。あと両親に食費を渡すのが月に1万円くらいだろうか。

そんな貧相な生活信じられないって普通なら思われるんだろうけど、全く不自由してない上に今の生活の方がむしろ豊かだなって感じる。一回で何千円もかかる飲み会だの、価値のないブランド品だのプレゼントだの、お金を使う機会が増えれば増えるほど面倒事が付きまとってくるので、僕にとっては収入を増やすメリットがない。

本当の本当に自分が使いたいお金って、すごく少ないと思う。周りと比べてどうじゃなくて、自分の心が求めるものだけを求めれば、結局のところ少しの衣食住にプラス暇つぶしのためのお金で済むはずなんだよね。

僕の暇つぶしはネットだけど、これはもう人類史上最高の発明だと思う。一日100円の通信費でいつでもどこにでもアクセスできて、その情報の多様性と新たな出会いは計り知ることができない。PCとスマホを触っていれば出かける暇なんてない。

けど、これは一人で居ることにある程度の耐性を持ってる人にしかできないとも思う。誰かと話していないと不安とか、みんなと一緒じゃないと寂しいとか、そういう「周りと比べてどうか」の生き方をしている人には難しいんだろうな。

お金でもなんでも、根本は「本当に自分が必要なものは何か」っていうことなんだと思う。

物が欲しくなるのって、それを持ってる人やコミュニティに触れるからなんだよね。そしてそれを見て「羨ましい」っていう状態になる。それに引きずられて自分も欲しくなって、そのためにお金が必要になってやりたくない仕事を我慢するようになる。

物だけじゃなくて知名度でも人格でもなんでもいいけど、とにかく他人と自分を比べざるをえない状況に近づいたらダメだよねっていうこと。何かが羨ましいって思ったら、その自分を一度疑った方がいい。ほんとにそれ必要か?周りと比べてないか?って。

そういう判別作業であれもこれも要らないってやってると僕のようなライフスタイルになるのかなと思います。比べることがないので心が安定してオススメです。

category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。