ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

コメント頂いたので返信  

一つ前の記事でコメントを頂いたのですが、今回の記事を使って返させていただきます。

はまちさん
「文章を書いてる時の自分は心が不安定な時だ、というようなことを前に
ツイッターでさとるさんが仰っていましたが、
やはり最近悩みごとが多いのでしょうか。
この記事を読んでいて、違和感を感じたのが
>ウェットな部分(情とか意義とか恩とか)に本当に興味がないし、そんなことに構ってても何の意味も感じられないので、僕は社会に適合しないのであった。…いろんな人とのつながりを捨てる方向性で生きてきてるから当然なんだけど。
>僕の興味は何かっていうと、自分が救われた仏教を少しでも多くの人に伝えたい(この繰り返しの日常からどれだけの人を離脱させられるか)
という箇所です。
興味がない故に人との繋がりが減ってきているのに、
多くの人に仏法をもって救われて欲しい、というのは矛盾しているのでは。
(別に人の感情なんて矛盾があるのが普通だとは思いますが)

さとるさんは結局他人のことなんてどうでもいいのか、
よくないのかが分かりませんでしたが
救われて欲しいと思っている時点で多少なりとも人への情があるように
感じました。社会との繋がりを完全に絶ち死んでいきたい、という想いも
今だけなような気がします。こんな書き方をすると失礼ですね。すみません。」

-- 続きを読む(このまま開きます) --
スポンサーサイト

category: 未分類

身の上話  

今回は完全に自分の話です。
このところよく自分がホームレスになって野垂れ死ぬ想像をよくしている。もちろんそうなりたいとかじゃないんだけど、それ以外に自分がこうなってそうっていうイメージが全くわかないんだよなぁ…。

今は塾でバイトしてるけど、学歴とか勉強とか心底どうでもいいし、そこで教えてる子ども達が将来どうなるとかもすごくどうでもいい。良くなってほしいとも悪くなってほしいとも思ってない。自由にすればいいとしか本当に思えない。だからそもそも「教育する」気がない。

塾で働いてる他の人達を見ていると、子どもたちのためにすごく一生懸命頑張ってる。仕事だからって言うかもしれないけど、僕は仕事だからという理由ですら相手を気遣うフリなんて出来ない。自由にしたらとしかまじで言えない。じゃあなんで働いてるのかっていうと1つは勉強を教える能力がそれなりにあって楽だからというのと、あとはいくら僕でも多少の収入が無いと不安だからなんだけど。

しかしまぁ塾に頼ってくる子って、勉強がわからないというよりただ単に応援してほしいというか悩みを聞いて欲しいというか、最終的にはそういうところに行き着く。勉強なんて自分でやって自分で理解する以外にないしね。多分どの仕事やってもそうなんだろうけど、目の前の仕事の先の先を見ていくと結局は人間の情になるんだと思う。

けどそういうウェットな部分(情とか意義とか恩とか)に本当に興味がないし、そんなことに構ってても何の意味も感じられないので、僕は社会に適合しないのであった。なのでこれまでの僕の生きている方向性からすると、おそらく収入もゼロになっていくと思うんだよね。いろんな人とのつながりを捨てる方向性で生きてきてるから当然なんだけど。

なんかなぁ。すごく気持ち悪くなるんです。何かしらの固定された関係、固定された日常、固定された価値観に身を置くっていうのが。社会の役に立ってるとか立ってないとかはどうでもいいんだけど、とにかく何か「これ」って定まるのがとてつもなく気持ち悪い。何かに定まった途端に僕の心はどうしようもなく澱んで、生きているっていう感覚が無くなって、その場所に居られなくなる。俺たち仲間だよなみたいな感じになるともう無理。違いますから。

固定されてても心の中で変化を感じられればいいんだろうけどね。僕は何やっても変化を感じない自信がある。人間相手である以上、結局こういうことだなって結論が先に見えてしまって、何も楽しいと思えない。そこはある意味仏教の価値観に基いているのかもしれない。仏教はそういう使い方をするものじゃないんだけど、なんて言うか副産物みたいなものかな。価値観もきっちり影響受けてますね。

じゃあ僕の興味は何かっていうと、自分が救われた仏教を少しでも多くの人に伝えたい(この繰り返しの日常からどれだけの人を離脱させられるか)みたいなとこにいってるけど、今のままじゃそれも出来る気がしないし、まぁおそらく野垂れ死にになるんだろうと思っている。死んだ後のことはどうにかなってるので死に方はどうでもいいんだけどね。

あるいは、社会と関わらずに孤独を全身で感じて死んでみたいのかもしれない。もちろんいますぐそんなレベルには達してないんだけど、少しずつ自分と社会を切り離していけてる気がする。社会とかつながりとか家族とか、自分を守る鎧であると同時に毒でしかないってのが見えてしまうから、興味が無くなったものから順に引き剥がしていこうって思ってる。

僕と仲良くなろうとしてくれる人にはすごく申し訳ないんだけれど、なんだか僕の心がそういう方向にいってしまっているのでしょうがない。あらゆるものを否定して、そうじゃないって言い続けたい。自信をもって僕がオススメできるのは仏教だけだわ。

category: 未分類

「仏教?あー質素に暮らして修行するやつね」「あれだろ禅を組んで心を静めるやつ」「仏の考え方を自分の生活にも取り入れよう」←全部違う  


前回の記事で意外にも多くの方にコメントをいただいたのですが、返事を書いてるうちにこれは言っといた方がいいなってことがあったので書いときます。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 未分類

散歩してるときに考えてたこと  

最近は…変わらずバイトをやって、寝たいときに寝て食べたいときに食べて遊びたいときに遊んでいる。人間関係もどんどん縮小されていってる気がするけど、まぁしょうがないくらいわ。得るものも少ないけど失うものも少ないって感じだ。

で、コンビニに散歩するときに今日は仏教をどう伝えるかっていうことについて考えていた。なぜそれが必要なのかとか、何が問題なのかとか書いてみることにする。

・なぜ仏教が必要か
人間は幸せになりたくて生きているわけだけど、頑張ってもうまくいかなかったり上手くいったとしてもその幸福感は続かなかったりする。その原因を仏教では簡潔に2つにまとめている。

①無常
全ての物事は変化するので、どんな不幸も幸せもいずれは消えてしまう。僕らが一般的に幸せだと思っている「家族・地位・お金・人間関係・健康・安定した仕事」などなどは早い遅いの違いはあっても崩れる運命にある。どれだけ策を弄しても最終的には死という現実で精算される。その後どうなるかは死んでからのお楽しみ。

②罪悪
やったことは全て自分に返ってくるので、食事をしたり相手を傷つけたり馬鹿にしたり…っていうのも全部自分に報いとなって返ってくる。これは非常に厳密で、心の中で思うだけでもアウト。いつ返ってくるかっていうタイミングはわからんけど、いつかは必ず返ってくる。

以上の2点から、人間は最終的に幸せになることはできないっていうのが仏教の主張ね。じゃあどうすればいいのかというと、この2点を払拭するように生きられればいい。具体的には「不老不死」とか「清い心を持つ」ってことなのかな。まあ人間には想像できないけど、仏教ではそれはできるって言ってる。

・なぜ伝わらないか
仏教の主張はこの無常と罪悪で全て説明されてる。そしてその解決方法も書いてある。けど求める人は半端無く少ない。世界中でこんなこと本気で考えてる奴いないんじゃないかってくらい少ない。なぜか。

①みんな自分の考え(理想)がある
罪悪とか無常とかってのはいわば正論みたいなもので。
人間の感情はそれをそのまま受け入れるようにできてない。そんなの証明できないとかなんとかとにかく理由をつけて行動はしない。なぜかというと、みんな自分の心の中に「これさえ実現すればきっと自分は幸せになれる」って思うことがあって、そっちのほうに興味関心がいってるから。

誰でも自分に今足りてないものなんてすぐわかる。友達やらお金やら才能やら。みんな普通を装って(あるいは強さを装って)はいるけど、本当の意味で満たされている人はいない。満たされたと思う瞬間があったとしても、それは5分で変わってしまう。

なので満たされていないものが満たされれば…って夢を描く。宝くじに当たったらとか。
オリンピックで金メダル取った人をみんなが注目するのは、その人を通して「もし自分がこうだったら」って妄想をふくらませるのにピッタリだから。そしてその妄想がいつか実現するかもしれないって期待を膨らませながら目の前のめんどくさいことをやり過ごしていく。

そのようにして夢とか目標とかを設定して(意識してるしてないに関わらず)、自分がいつかはいい思いができると信じて日々を生きている。

②無常と罪悪に気づくタイミング
こっから本題なんだけど、問題はその幻想が幻想だって気づくのがめちゃくちゃ大変だということ。これから結婚する人は間違いなく自分が幸せになれると信じて結婚する。これはもう例外なく、「自分はこれからどん底になっていくのだ」って思いながら結婚なり就職なりする人なんていない。一時的にそうなるかもしれない予感はあっても、最終的には上手くいくと思っている。

そして最も恐ろしいのは、本人がそのことに気づいていないということ…。これがとにかくどうしようもなくどうしようもない。僕自身そうだから否定できないんだけど、マジでなんとかなるとしか思ってない。

よく2chで「おれの人生終わった」みたいなスレがあって、自分がどれだけ不幸で劣等感を抱えているかを晒すスレがあるけれど、あれですら本人はそこまで終わってると思ってない。終わってると思っているのはあくまで自分の今の環境や能力であって、「自分自身そのもの」が終わっているとは微塵も思っていない。問題を克服して財や権力や才能やルックスを手に入れれば自分は幸せになれると思っている。なので最終的には(あらゆるものを手に入れさえすれば)なんとかなると思って生きている。

けど、「自分が考えうる限りの幸せを手に入れてもなお、満たされなかったとしたら?」
そんなのなったことないからわからんかもしれんけど、可能性はあるわけで。その予感を察知して「ちょっとまてよヤバイんじゃねーのか」と思う人は自然と仏教のような宗教に目がいくんだけど、その転換がねーー……。どうすればいいのやら。

伝えたいポイントはそこなんだけど、わからん。わからんというか、うん。わからん。自分がなぜそれを察知できたのかもわからんし、それを他人に気づかせる方法なんてのもわからん。とにかくこうやって情報を発信するしかないのかもしれないけど…。素で言ったら相手を怒らせるに決まってるよね。

人に対して「気づかせる」なんてのはおこがましいことだなと僕は思っているんだけど、そういう個人的な感情論はもうどうでもよくて、とにかくどうにかしたい。気づいてしまった以上はそれを伝えずにはおれないというのが今の僕の気持ちだわ。

あー。あーーー。伝われこの気持ち。もうぶっちゃけ嫌われるの覚悟でいうと、あなたは幸せになれないから。いろいろ自分なりに考えてるのはわかるんだけど、それじゃダメだから。だって今までもダメだったじゃん。そしてこれからもダメなんです。すくってはこぼれていく水みたいな感じなんです。馬鹿は死ななきゃ治らないとかいうけど、でもそれじゃ遅いから。今のうちになんとかするんだーーー!!!

category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。