ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

これからについて考え中……  


最近はすっかり悩み相談とかSkype会議とか集まる会とか、なんか自分じゃない誰かとの関わりについての記事ばっかりになったなぁ…。今月に入っていきなり動き出してきた感じがある。自分がそんなアクティブになることなんて想像も出来なかったけど、やっぱり少しずつ人は変わっていくものだなぁって思う。

会社を辞めて約一年、ずーっと自分のことばっかり考えてたけど、ある程度整理が付いてきたのかなか。動き出すことにためらいが無くなってきた証拠なのかもしれない。

ここらで一度、サイトをガラッとリニューアルしてもいいかも。過去の記事とか完全に埋もれてるし読みづらいし、もう僕なりに悩みをある程度体系化出来そうな気がするし。あとSkype会議とか集まる会とかこれから定期的にやっていきたいからそれ用の情報ページも欲しいし。
それと僕もそろそろ自分で生計立てていくこと考えなきゃなぁって気もあるので、そのへんのことも今いろいろと計画中です。

けど、やっぱり相変わらず生きてて疑問に思うこととか、「人間ってほんと○○な生き物だよな…」みたいなのはすごく湧いてくるので、落ち着いたらまたそれはそれでブログに書き溜めていこうと思う。

あ、あとSkype会議と関東集まる会について、少しずつ進展してますので掲示板を見ていただければと思います。

category: 未分類

関西集まる会に行ってきました  

第一回集まる会

撮影者…ゆとりさとる

行ってきました!最終的に5名の方に集まっていただきました。本当にありがとうございました。
男女半々くらいかなぁと思っていたんですが、女性の方が多かったのでびっくりしました。

会自体はなんというか、みなさんあまりお酒は飲まれなくて僕だけガンガン飲んでたせいもあってか、僕が言いたいことを言いまくる感じの会になってしまいました…。ほんとすみません…。次の日(今日だけど)めちゃくちゃ頭痛いし気分悪いしで、お酒は控えることにしようって思いました…。

やっぱ、リアルで会うと緊張するのですよ。緊張を和らげるためについついお酒に手が伸びてしまった…。しかも集まってくれた方はみんなブログを通じて僕という人間をかなり深いところまで知っているのに対して、僕からするとみなさんのことは全くわからないし、まぁ向こうが知ってるから初対面という感じではないのだけれど、なんだかムズムズする感じでした。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 行ってきた

【コメント欄より】豊かに生きる選択肢は無数にある【会社を辞めた話】  


先程、「当ブログについて」のコメント欄にとてもありがたいコメントをもらえたので、記事にさせて頂きます。内容を見る限りなんだかとても優秀そうな方ではあるんだけど、もし同じ悩みを抱えている方がいれば、その人にとって少しでも励みになればと思います。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 悩み相談

27日関西で集まる会に行ってきます&第2回Skype会議について  



27日(土)、大阪梅田で読者の方との「言いたいことを言う会」行ってきます!
わざわざ遠方から来てくださる方もおられるようで、本当に感謝です。どんな会になるのかは全く予想がつかないけど、せっかく面と向かって会えるんだし、ブログやメールだけじゃ伝わらない何かが伝えられたらいいなぁ…。もちろん、楽しい会であることが一番なんだけどね。来てくれた方が元気になってくれるような会にしたいなと思う。あとは、ブログの率直な感想とか聞いてみたいなぁ。

まぁ集まる会についてはまた後日、ブログ上でも報告するとして、次は第2回Skype会議についてのお知らせです。詳しくは掲示板に書いてるのでまた見て貰えればと思うんだけど、次回は音声会話での会議も考えてます。前回は結構大人数だったから結果的にチャットで良かったのかもしれないけど、ログとか文章だと見にくいって人もいるだろうし…。まぁ前回はそもそも僕がヘッドセット持ってなかったんだけどね。

というわけで今後使うこともあるだろうということでヘッドセットも買いました。
早速装着。

totoro.jpg


うん…。はい…。トトロでした。ていうかブロガーやっていくなら顔とかプロフィールとかもっと詳しく出した方がいいんだろうか。顔が見えた方が安心感はありそうだなって思う。集まる会で聞いてみよう。

Skype会議については、もし音声会話でやるならちょっとしたラジオ番組的な雰囲気でやってみたいかなって思ってる。僕と、あと3,4人くらいの方とで集まって、ある程度テーマを決めてそこからいろいろ討論できないだろうかと。
掲示板にも書いてる通り、みなさんの意見によって次回Skype会議の形式は決めようと思うので、ご関心の有る方はぜひ意見を投稿していただけるととってもありがたいです。

category: 未分類

【相談メール】20代男性の方から【ニートの心構え】  


しばらく続いた「悩み相談」カテゴリーもひとまず今回で終わりそう。あと、今後はブログに書かれたコメントについて、もしかすると僕の独断で記事にしていくかもしれないです。過去に書かれたコメントも掘り返して記事にするかも…。みんなに見える場所に書かれたコメントだから、多分大丈夫…だよね…。

今回はニートの心構えについて、そして無気力の正体と回復方法について書いてます。あれ、なんだろう、これ一文だけ見ると僕は医者か何かなのか?まぁどうでもいいけど。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 悩み相談

【相談】コメント欄で頂いた悩みについて  

えっと、前回の【相談メール】20代女性の方からを読んでということで、黒猫さんという方からコメントを頂いているのだけれど、そのコメントに返信しようと思ってキーボードを叩いてる内に、これは記事にしたほうがいいな、と思ってしまったので、僭越ながら記事にしようと思います。

何の承諾もなく独断での決行ですが、申し訳ないです。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 悩み相談

【相談メール】20代女性の方から  

つい先日頂いたメールなんだけど、記事にしたい旨をお願いすると快く了承してくれたので、早速記事にしたいと思います。この方の悩みは、仕事を辞めた頃の僕の姿にとても重なるところがあってとても他人事とも思えなかった。
ちなみに前回と同じ「Aさん」だけど、たまたまね。たまたま。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 悩み相談

【相談メール】ある音楽教室の先生から【組織を抜けるにあたって】  

ブログを書き続けてきた甲斐もあってか、とてもありがたいことに今まで何人かの方から、いろいろな相談のメールを頂いていた。個人のメールのやりとりの話だし、ブログには公開しなくていいか、と思っていたのだけれど、同じような悩みを持っている人ってきっとたくさんいて、だったらそのやりとりは公開した方がいいんじゃないかな?ってつい最近思ったので、これからは相手の方にお願いしてそのやりとりの記録を残しておこうかなと思う。

今回はその第一弾で、「子どもの教育に芸術がなぜ必要か」や、「僕にとっての何より素晴らしい教師」で質問を頂いていた、とある音楽教室の先生からの悩み相談です。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 悩み相談

ニートが何やってるかが気になる?  

ニート


昨日のSkype会議は「会社辞めたい」人がたくさん集まってくれた。まぁこのブログは会社辞めたい人のためのブログなので当然ではあるのだけれど、僕個人としては「就活生」や「ニート・引きこもり」の人達にも参加してもらえないかなぁって思う。

就活生にしてもニートにしても、周りが思ってるより結構、切実な問題を持って生きてる人たちだと思う。誰しも何かを日々学びながら生きていると思うけれど、それはニートだって同じだ。「何もしない」ことで僕はどれだけ多くのことに気付けたかわからない。
人間生きてればそれだけで十分だし、ニートだろうが社会人だろうが、若年者だろうが高齢者だろうが、人としての尊厳みたいなのは何一つとして変わんないな、と思う。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

「会社辞めたい」人たちがSkype会議で集まった結果(ログもDLできます)  

第一回Skype会議



終わりました!第一回「何か言いたい人が集まる会」!
予想を大きく超えて13名の方に集まっていただけました。
いやもう、一言で言うととても熱中した!こんなに熱中してチャットが出来たのは一体何年ぶりだろう…。参加してくれたみなさんの思いがどんどん湧いてきて、それを見てるだけですごく共感できて、時間が過ぎるのがこんなにも早い日なんて、本当に久しぶりだった気がする。

20日(土)の20:00からスタートして、2時間くらいは話せるかなぁーとか思ってたんだけど、気づいたら日付を跨いで合計5時間も経ってた。
集まって下さったみなさん、本当にありがとうございました!働くことについて考えたいという方がこれだけ集まってくれるなんて、なんだか感動してしまった。仕事って存在は大きすぎるし、やっぱりみんな悩むよね。けど、なかなかその本音を打ち明けられる機会ってなくて、でも話をするだけで楽になることってたくさんあるし、そんな場を提供できて本当に良かった。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 未分類

20日(土)のSkype会議について  


いよいよ明後日になりましたね!
掲示板にも書いたとおり、今のところ参加者は全部で6人ということになりそうですが、発言は抵抗あるけどどんな話になるのか見てみたいという人の参加も受け付けてます。

話の方向性としては基本的にどんな話題でもいいんだけど、仕事にしろ生き方にしろ、自分にとって何が一番良いのかなぁみたいなことを話せたら僕としては嬉しいです。そこで話し合うことで、今まで気付かなかった自分のやりたいこととか、好きな考え方とか見つかればいいなーと。そういう話って、他人はもちろん、家族でもなかなか真剣に話し合う機会ってないだろうし。もちろん、最初は仕事や人間関係の愚痴みたいなところから始まればいいと思います。そこから辿っていけば、必ずその人にとってのしっくりくる方向性が見えてくると思うので。

それで、参加したい方はメール下さいということでわざわざお手数かけさせてしまったのだけれど、Skypeなんだから単に僕のSkypeIDを晒せばそれで済む話だった…。

SkypeID: yutorisatoru です。
二度手間で本当に申し訳ないのですが、参加希望の方はこのIDまで一報頂けると幸いです。

あと肝心なこと言うのを忘れてました。
時間なんですが、20:00~としたいと思います。あと、ヘッドセット持ってる人と持ってない人といると思うので、チャット形式でやるということでお願いします。
酒飲みながらでも、好きな音楽聞きながらでもなんでもいいので、当日は楽しむことにしましょう!

category: 未分類

僕らはなんで生きてるんだろうシリーズ最終回  

やっと終わりが見えてきた…。と言っても、僕が自力で考えついたのは第五回までです。残念ながら、この回は神道で説明されてる「この世の仕組み」を紹介するに過ぎないわけです。

でもね。僕ははっきり言って宗教は嫌いだ。嫌いというか、とにかく胡散臭いので近寄りたくない意識が強い。そんな怪しいものが一体何をデタラメ言ってるのか、僕が暴いてやろうと思って、気軽にググった結果を見ていたんだけど。

……。

正直、すごいと思った。僕がこれまで挙げてきた数々の疑問を全て吹き飛ばしていきやがった。なんなんだこれは…。こんなものがそこまで大衆に広まらずに眠っていたのか…。まぁ僕みたいに人生について考える人はあまり居ないということなんだろうけどさ。
では最終回始まります。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

僕らはなんで生きてるんだろうシリーズ第五回  

えーっと。

そう。生きてる意味がないとおかしくてしょうがないんだよね。不可解でしょうがない。
実はこの疑問、というか壁にぶち当たって砕けていった人たちって、結構いるらしい。生きてる意味がわからなくて、すごく賢かったけど若くして自殺した人とか、調べたら何人か出て来た。まぁ…そうだよね。だってどう考えても全体的に見ると人生って苦しいと思うんだけど、でも生きようとするわけだもん。生きてる意味がわからなくなったら発狂してもおかしくないって思う。

というわけで、第五回は生きてる意味はなんぞや。を探る旅。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

僕らはなんで生きてるんだろうシリーズ第四回  


前回、「死んだらどうなるか」ってことを考えてみたけど、考えてもどうも埒があかない感じなので、じゃあだったら逆に「生きてる意味」がわかれば、自然に「死ぬ意味」とか「死んだらどうなるか」ってのもわかるかもしれないっていうことで、第四回を始めるね。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

僕らはなんで生きてるんだろうシリーズ第三回  


どうにも死ってのは重苦しいものらしい。普段は全然そんなこと考えないし、適当に生きて80歳くらいになったら考えたらいいだろー!とか思うけど、どうもそれはやめといた方がいいっぽい。
なぜならいつまで経っても人間って自分が死ぬとは思わないものみたいだからっていうのが1つと、あと時間感覚ってのがどうも頼りにならないってのがあると思うんだよね。

例えば僕は24歳だけど、「あなたは今まで24年間生きてきましたか?」って聞かれたら、「はい」…って答えるけどさ、「じゃあ24年ってどれくらいの長さですか?」って聞かれると、「んん??」となる。どれくらい…?説明できるものではないけど、自分的には長かったのかもしれないし、でも一瞬だったような気もする。
死ぬ間際になる時も、多分そんな感じになるんじゃないかって思うんだよね。ただでさえ年齢を重ねる毎に時間感覚は速くなっていくとか言うし、今考えとかないと次考える機会は死ぬまでないかもしれないって僕は思う。

というわけで、みなさんもこのブログの文章を流し読む程度でもいいので、重苦しく陰キャラなのはわかるけど「死」について考えてみよう。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

僕らはなんで生きてるんだろうシリーズ第二回  


最近「死」についてふと考えてる内に、どうにもいたたまれなくなってしまった。
だってさ、今の世界の人口って何人だ…調べたら70億超えてるっぽいけどさ、100年後にはこの70億人、みんな居ないわけ。

親も兄弟も、親戚もご近所さんも、コンビニでレジ打ってくれるアルバイトさんも、テレビ出てる芸人もアイドルも、気を遣って疲れる上司もうるさい顧客も、これを書いてる僕も読んでるあなたも。
みんな居なくなる。

そんなことを考えたらなんか急に悲しいというか寂しくなってきて。ほら、無人駅とかってすごく物悲しくなるじゃん?それが世界的にそんな風になったら、って考えたらなんだかなぁ…。
そりゃ、どんどん新しい命は生まれてくるんだから、僕が死ぬころは人口100億とか逆に増えすぎてて鬱陶しいなとか思ってしまうのかもしれないけど、でも、今この瞬間にこの世界で共に生きてる人は、みんな居なくなる。

しかももっと単純な話、死ぬのってすごく怖そうな気がするわけ。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

僕らはなんで生きてるんだろうシリーズ第一回  

とうとう「あなたは今、幸せですか?」って聞いてくる怪しい宗教団体レベルの記事が来たなぁ…。しかもシリーズ物だよ。いつかはやろうと思ってたんだけどね…。

このシリーズを書こうと思ったのは何でかというと、ヤバイと思いつつも最近死ぬということについて考えだしてしまって、最初はなんだか漠然と死ぬのって怖いよな、と思っていただけなんだけど、いろいろ考えてみるとそこから人生のおかしい点がふつふつと沸き上がってきてしまったんだよね。

今まではそんな疑問持ったことも無かったんだけど、持ってしまった以上は解決しなきゃどうにもやってられん性分なので、ぐぁああああっと考えた結果、1つの答え…というか、一応は説明になってるだろうか、と思えるものに出会えたので、せっかくだから記事にしようと思ったわけ。

シリーズの前半部分は今までの記事のおさらいみたいな感じです。何をするのが自分にとって本当にためになることなのか、っていうことね。まぁ一言で言うと「やりたいことをやる」なんだけど、ここらで「なぜやりたいことをやることが自分にとって最良なのか」をまとめておきたいと思う。

後半は、新しい内容です。「死」から関連するいろんな疑問について。正直かなり冒険します。タイトルにある通りなんだけど、そもそもなんで僕らは生きてるのか?っていうこと。
やりたいことをやるのはいいんだけど、でもじゃあやりたいことやって何になるのよ?、という話。

そんなわけで、しばらくこのタイトルにお付き合い下さい。
まずは「僕らは何をすべきなんだろうか」ってところから。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

明日、チャリを買おうと思う  

チャーリー


タイトルそのまま。
もともと僕は自転車に乗るのが大好きで、高校から大学卒業までずーっと自転車を使って登下校もしていた。
自転車はいいよね。風を感じるし、適度に汗もかくし、これからの季節にはピッタリだ。

なんで今まで買おうとしなかったんだろうな。寒かったからかな。
なんだかもう家で引きこもってるのもだんだん疲れてきた。
疲れてきたというより飽きてきた。家に居るほうが逆にしんどい境地にようやく戻ってきた。
まぁ、相変わらずだるさはあるんだけどね。

1万くらいのママチャリ買って、風に当たりながら3時間くらいどっか行ってこよう。
電車に乗るのもストレスだし、これからは時間がかかってもなるべく自転車で移動するようにしよう。

category: 未分類

閑話休題  

あー…。最近は真面目な記事ばかり書いてるなぁ…。よくないわ。そんなのばっかりだとなんだか息苦しくなってくる。真面目な記事しか書いちゃいけないみたいになってくるのは嫌なので、ここらでどうでもいいことを書くことにしよう。

どうでもいいことかぁ~。あーなんだろう。
最近なんかしらんけど異常に体がしんどい。精神的なものなんだろうか…。最近はあんまり運動もしてないから原因もよくわからない。外に出ようと思うんだけど用事もないし、なんだかんだずっと家に居るなぁ。

ふぁぁあああ!あーあ、だるい。だるいっていうのは今の僕のためにある言葉だよ…。なんか、一時的にテンション上がって「イヤッホォォォオオ!」ってなることもあるんだけど、そんなの一瞬の出来事で、大半は「グデェエエエー」とした感じになってしまう。躁うつ病というわけではなさそうなんだけどな…。基本的にだるいし。

なんか、生活にハリがない。張り合いがない。人生にはライバルというか敵というか、なんかこう打ち倒すべし!みたいなものがないとやってけない気がする。でもそれはただ単に刺激を求めてるだけとも言えるし、ああぁあじゃあどうしたら良いんだ。わからん!

もうわからないことだらけだ。わかったと思っても、その瞬間に自分という人間は刻々と変わっていってて、そうなるともう「わかった」で説明できる範疇を超えていってる。
説明しようとするから苦しいんだろうなぁ。僕がブログでやってることって、人間の心を言葉で解剖してるようなものだもの。僕一人なんかの力じゃやってもやっても終わんない。

っていうか、なんでこんなこと誰も今までやってないんだろうか?おかしくない?人間なんてもう何千年、何万年と生きてきてるくせに、僕らのための「これを読めばもう悩まなくて大丈夫!」みたいなのって全然ないやん。一体人間はこれまで何やって生きてきたんだ…。誰も興味持たなかったのかなぁ?

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 未分類

発言ってなんでこんなに重いの?  




僕は大学に入って3ヶ月くらいで大学を中退しようと本気で思っていた。なんでかというと、日本の大学教育の在り方が僕の期待していたものとあまりに違ってたから。正直、すごく失望していた。僕はこの↑ハーバード白熱教室みたいな講義を受けたかったんだろうなぁ。
教授が学生に対して問題提起をする。学生は自分たちなりに解決のためのアプローチを探る。必要な専門知識はその都度、自分で調べる。あんまり細かく言うと「日本の大学教育について」というテーマで書けてしまうくらいになるのでやめとくけれど、僕が望む大学教育の形ってそんな在り方だったんだよね。

まぁ、中退すると言った時は当然親には反対されたんだけど、当時は自分のやりたいことや直感・感性をそこまで信じていなかったからそれ以上言い返すことも出来ずに、しぶしぶ卒業を目指して中身の無い学生生活を送ることになるんだけど。部活に入れたのが唯一の救いだったかなぁ…。そういえば、大学1年目で取った単位数は4だった。僕は自分のやる気が起こらないことに対して本当に無力だな。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

世界一安い(多分だけど)Web屋始まります。  

タイトル



ゆとりさとるWebDesignWorksという名前でWebサイトを作ったよ!
以前から言っていた、学生とか個人商店なんかを対象にしたWebサイト制作。先月たまたま頂いた仕事が一段落ついたので、心の動くままに作ってみた。

このブログを見ていて、しかも自分のサイトを持ちたいと思ってらっしゃる奇跡的な人がいれば、ぜひ作らせて下さいね。ゆくゆくは大学のサークルとか、何かしらのボランティア団体とか、街のパン屋さんとか、そういう人から依頼されると嬉しいなぁー。

ちなみに春だからすっごい春色にしちゃったけど、うーん。まぁいいか。
配色のアイデアとしては、あれね。三色だんご。

category: 未分類

ストレスは人から移されるもの?  

渡り鳥



前の記事で重い腰を上げて街に繰り出した結果、たまたま暇だった例の友人と飲むことになった。なんだかんだ外に出ると良いことがあるもんだなぁ。歩くだけで気持ちいいし、こうやって本音をなんでもぶつけられる時間を持てて、いい一日になった。

そこでとある餃子屋(何それって思うかもしれませんが、餃子とビールしか出さない店があるんです)で話していたところ、友人が「あの3人組…」って言うもんだから振り返ると、どう見ても不釣り合いな若い女性2人と結構年行ったおっさん1人が一緒に餃子を食べていた。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

「人生 つまらない」で検索したこと有る人は読んで下さい  

夕陽



僕はたまに「人生 つまらない」とかって検索窓に打ち込むことがある。調べたからって何が変わるわけでもないけど、それぐらいしかもうなんもやることねぇなって状態にたまになってしまう。
何やっても面白くないし目新しくもないし、これからずっとこんな感じで同じようなことを繰り返していくのかなぁ…って思うと途端にやる気も何も無くなる瞬間が来る。

けど最近ようやくそのメカニズムみたいなものが掴めてきた。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

年収6割でも週休4日という生き方  

nennsyuu.jpg



僕は会社を辞める直前の飲み会で、この本のタイトルとおんなじ事を上司に言ったことを覚えてる。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 書籍

結果を求めて良いことなんかない  

寝っ転がる



僕はosu!っていう音ゲーが好きで、仕事を辞めてからの大切な暇つぶしになってる。もはやライフワークだ。このゲームはオンラインで世界中のプレイヤーのランキングが常に表示されていて、綺麗に譜面を叩いて高い点数を出すと少しずつランキングも上がっていくようになっていく。

こういうゲームをやっていると必ず湧いてくるのが「ランキングを上げたい」っていう感情だ。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

掲示板できたよ~  

掲示板


http://yutorisatoru.sakura.ne.jp/yybbs.cgi
掲示板が出来た!エラーに次ぐエラーを乗り越え、ようやく出来上がったのだ…。

この4月から働き出した人なんかも多いと思うので、会社に対する不満とか何でこんなにも嫌なんだろうみたいなことがあったらどんどん書いていってください。そこから汲み上げて僕もブログの記事にしていきたいです。
あとは就活生の人も、就活に対する疑問とか思ったこととか書いていってくれると嬉しいです。

就活に対するアドバイスなんかも出来る限りしたいと思います。
最終面接で教えてくれたんですが、一応銀行の面接はそれなりの高評価で通っていたらしいので、面接のテクニック的なことも教えられるといえば教えられるかもしれません。まぁそんなことよりもそもそも会社に入るということについて考えてもらいたいなと僕は思うんですけどね。

あとは、このブログの記事についてもどんどん批判なり意見なり、書いてもらえればと思います。ブログのコメント欄だけだと、やっぱり一方通行なので。
ゆくゆくはここで話が盛り上がって、それぞれの地域で何か話し合いの場みたいなのが開けたらすごいなーってなんとなく思ってます。
アイコンとか色とか、デザイン面に関してもどんどん変えていくつもりです。とりあえず背景色は合わせたけど、あまりにもデフォルトだし。

とにかく出来上がったので、多くの人に使って貰いたいと思います。

category: 未分類

僕はこんなにも生きている  

sakuraaaa.jpg



昨日、涙が出そうになるくらい嬉しいコメントを頂いた。僕がこの社会に対して思う何か・変えたい何かを、ありのままに表してくれているようなコメントで、僕がこのブログをやっている意味があるとしたら、きっとこういうコメントを貰えることにあるんじゃないかって思う。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 未分類

就活してる友人とのこんな話  

電話



例の、中学からの付き合いでよくわからない飲み屋を渡り歩くのが趣味の友人とさっき電話していた。このブログに頻繁にでてくるからもうなんか名前付けた方がいいかなぁ…。まぁいいや。

彼は2留しているので今まさに就職活動の真っ最中なんだけど、会う度・電話する度に就職活動に対する不満というか疑問というか、そんなことばっかり言っている。実はコイツは中学時代からそういう奴で、例えば学校が「こうしろ」と言ってきたことに対して「なんで!?」と反抗したり、親が言ったことに対しても素直に聞き入れなかったり、とにかく体制に対して不満ばかりをつのらせる、そんな奴なのだ。

僕は今までなんて面倒な奴だと思っていたけど、そういう気持ちって実はすごく大切なんじゃないかって今になって思う。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

「心理学的には、幸せ=●●である」らしい。  

黒猫


Web漫画って知ってるだろうか?
Web上で公開されていて、いつでも無料で見れる漫画のことで、読んだことある人も多いと思う。僕の暇つぶしスキルの一角を担う重要な文化だ。

Web漫画そのもののタイトル数は無数にあるんだけど、その中のお気に入りの一つにマンガで分かる心療内科・精神科/ゆうメンタルクリニック上野・池袋・新宿・渋谷 というのがあって、結構面白い。全部読んだら5時間くらいは潰れると思うので、暇な人にオススメ。

今回はその中のとある回で説明されていた内容についてなんだけど…。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

僕は殺されるのが嫌だ。  

tubomi.jpg



3月の末に大学のOB戦があったので参加してきた。年の近い先輩方はもうほとんど働いている。
久しぶりに会う人が多かったのでいろんな話をするんだけど、やっぱり僕の興味は「会社はどうなのか」とか、「今の生き方に満足してるか」みたいなことに向かってしまうので、ついついそういうことを聞いてしまう。

けど、みんな口を揃えて「つまらない」とか「しんどい」って言う。理系で大学院まで出て、僕のような営業畑とは全く違う分野でも、やっぱりみんなそういうことを言う。でも誰ひとりとしてそれがおかしいとは思ってないのか、まぁしょうがないよな的な雰囲気になる。

なんなんだろうな…。
そんな中で、ある1人の先輩と話をしたことが心に残った。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間