ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

久しぶりに仕事をやったら  


世界で一番安いWebサイト、ホームページ作成の仕事はじめます(たぶん)の記事を読んだ方から実は仕事をいただいていて、最近久しぶりに労働というものをした。

僕はタスクが溜まってる状態っていうのが昔から大嫌いで、今回も納期ギリギリに出したりせずに仕事が入ったその瞬間に終わらせてしまった。そんな風に書くとすごいとか真面目なんだなとか思われるのだけれど、それはそうではなくて単にやるべきことがある状態に僕は耐えられないだけっていう気がする。なんせ会社じゃ仕事をやってもやっても終わらない、というかどんどん追加されてしまうから心が休まる瞬間がなくて毎日絶望感しかなかった。それは周りもそうだったけれど、それでもみんな平気な顔して上司に怒られたり適当にながしたりしていて、僕にはそんなスルースキルが無いので、全部真正面から受け止めてパンクしていたんだと思う。自分に降り掛かったものを全力で迎撃する以外に対処法ってものを知らなかった。

仕事が溜まってたり、それを上司に指摘されても乱されないような自分があったらよかったんだけどなぁ…。
まぁそんな訳で僕の性格的にはフリーランスっていう働き方は合ってるような気がする。少なくとも、仕事量を自分で選べるし、オンオフの時間も自分で決められる。僕は1日6時間くらいが集中力の限界で、それ以上は僕の人生的にマイナスしか生まないからやりたくない。

ただそうはいっても、やっぱり「やるべきこと」が有るっていうのは精神衛生上いいものだなぁって感じた。今日を生きる原動力になる。何事も自分に合った分量とペースがあるっていうことだな。本格的にWebデザイン事務所を作ってもいいかもしれないなぁ。
スポンサーサイト

category: 未分類

昔好きだったゲームをやってたら  


寂しさがハンパなくてこれはヤバイと思って、お風呂に入ったら少し気が休まった。
心が揺らいだ時は、日常で繰り返し行なってる動作をするとなんだか安心できる。

人間ってほんの些細なところで精神的にも肉体的にもバランスを崩すものだなぁって今さらながら実感してしまう。立派に働いてて、色んな物が充実してそうに見える人でも、何かの拍子で案外たやすく崩れてしまうんじゃないだろうか。そんな風に考えると、死ぬ瞬間まで正気を保ち続けるってすごく難しいことなのかもしれない。

生きてるだけでもう十分って言ったこともあるけど、生きてるだけっていうことが既に何がしかの仕事をやってるような感じがする。

category: 未分類

夏目漱石の自己本位っていう考え方  

コスモス



最近ネットにしろテレビにしろ著書にしろ、「やりたいことをやる」とか「会社員人生の終わり」みたいな話をよく目にする気がする。僕が好んでそういう話題のものばっかり選んで見てるってだけなのかもしれないけど。とにかく、これまでのやり方ではない何かを求めてる人がすごく増えてきてるのかなぁっていう感覚はある。
それは、新しい問題だよね。自分の人生と真正面から向き合うっていう、今までにはあんまり必要とされてなかった問題だと思う。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

やる気に関する驚きの科学  

ダニエル・ピンク
http://www.ted.com/talks/dan_pink_on_motivation.html




すっごく面白くてわかりやすいTEDスピーチがあったので紹介。最近紹介が多いなぁ。
Daniel Pinkさんの「やる気に関する驚きの科学」。
「報酬が高いことが良い仕事を生み出すわけではない」「目的とルールがはっきりしている単純作業は報酬によって効率が上がるが、クリエイティブな仕事は報酬がむしろ悪害となっている」っていうような話がいろんな経済学者、大学院の研究によって明らかになったことを述べてる。

これ、人が働く上ですごく大切な要素だと思う。後半部分で言われてることだけど、やっぱり行き着くのは「やりたいことをやる」っていうことなんだなぁ。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

桜井章一「努力しない生き方」  


努力しない生き方



麻雀の裏プロの世界で20年間無敗だったっていう、雀鬼と呼ばれる桜井章一氏。この人の人生哲学を書いた本はたくさんあるので、興味がある人は本屋で立ち読みするといいと思います。
桜井氏いわく、自分はこれまで努力というものをしてきた覚えがなくて、麻雀にしても遊び感覚で工夫を重ねていったこうなったんだっていう経験から、「力を抜く」ことの大切さを説くという本。まぁ内容に関してはamazonのレビューなんかを見てもらった方がわかりやすいと思うので、ここでは省くことにする。

僕がこの本を読んでいて気になったのは、この人は人生で一度だけ会社での仕事をしたことがあるらしくて、しかも9年間無給で働いたんだっていうエピソード。無休じゃなくて無給ね。タダ。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 書籍

冬眠多分終わり  


ほぼ半月に及ぶ冬眠が終わった…。

なんだったんだろう。今までも数日単位で何にもやる気がでなくてただ寝たい期間ってあったのだけど、こんな長期間起こったのは初めてだ。僕は普段「この1週間外出してない」とか言ったりすることもあるけれど、それは電車に乗ってどこそこに行くとか、誰かに会いに行くとか用事をしに行くとか、そういう大きな要件がないっていう意味であって、ちょっと軽く散歩ついでにコンビニに寄ったりくらいはしていた。でもとうとうこの2週間は本当に本気で外出というのをしてない。玄関を開けてない。あ、一回だけコンビニ行ったけど。

ずっと何をしていたかというと、ひたすら昔のSFCの名作ゲームをやり直したりしていた。FFとかDQとかクロノトリガーとか聖剣伝説とか。自分でやるのも面倒な人のためにニコ動なんかでプレイ動画もあるからすごく助かる。TAS動画は「えっそんなのあったの?」っていう発見もあるから割りと楽しい。



そんな具合に何作もゲームをやり直し続けてたんだけど、ネットに繋がるのもだるくてブログを書く気力もなかった。
僕は日頃から運動することも意識してるし、普通だったらこんな不健康な生活やってるだけで気分が滅入ってくるんだろうけど、そんな生活がしたくなるくらいなんかがおかしかったんだろうなぁ…。今思えば、年末から年明けにかけてちょっとずつ元気になってきたせいもあって、いろいろやりたいことを思いついては考えを巡らしていたんだけど、やりすぎたのかもしれない。僕は何かあるとすぐ頭を使おうとするからいけない。頭が思いつくことって大抵理屈なんだけど、理屈で動こうとすると必ず心に負担がかかってしまう。世間的にはもっと頭を使おう、賢くなろうみたいな風潮があるけど、別に使わなくても元気に生きていけるなら使わなくていいと思う。

うつの心理だとか、過労やストレスっていうものを理解するためのテーマの1つに「頭と心」というのがある。本来、人間の心っていうのはいつも好奇心旺盛で、無邪気で、自由奔放に生きることを望んでるんだよね。幼稚園児とか、小学生みたいな状態で生きていきたいって思ってる。でも頭(理性)がもっとああしなさいこうしなさいってごちゃごちゃ喚くもんだから、しょうがなく心ってのは引っ込んでいく。まぁそれは集団生活を送る上で避けて通れない過程なんだけど、それが行き過ぎて、頭の命令にばっかり従うことになってしまうと、いよいよ心が反発を起こすようになる。それが「無気力」なんだよね。言わばストライキ状態というか、頭の言うことなんか聞いてやるかぼけー!ってなってる状態。だから集団生活を上手くやっていこうと思ったら、この「頭」の部分と「心」の部分とをうまい具合に使い分けていくことが大切になる。

ただ、人間って最終的にどっちよって言われたら、僕は心の方だと思う。頭っていうのは心が望むことを実現するために与えられた道具のようなもので、頭を上手く使えるに越したことはないけれど、一番大切なのはやっぱり自分の心だ。心の望む姿を実現する手段として、頭を使う。これがきっちり定まってないと、僕のような訳がわからないごちゃごちゃの心理状態になって、うつ状態になる。

ありがちなのが「大金持ちになりたい」とかっていう話。「宝くじが当たって欲しい」っていうのは誰でも考えることなんだけどそれは当然であって、なぜなら「お金なんてあって困ることはない」「もっとお金があればこんなことやあんなことが出来るのに」って「頭が」判断するから。けどこれはおかしな話で、本来的には「何かやりたいことがあって」そのためにお金が必要というだけであって、お金がただ有るだけじゃ何の意味も価値もない。よくある言葉だけど、お金なんてただの紙屑だ。だからお金さえ有れば幸せになれると思ってると思わぬ障害に出くわすだろうなぁって、僕はなったことが有るわけじゃないからそりゃ知らないけど、何となく予想できる。

話がそれてきた。僕はもっと心を自由にしてあげる必要があるんだろうなぁ。今までガンガン叩き過ぎた。出る杭は打たれるっていう言葉は他人にされることって思いがちだけど、自分でやってしまうこともあるんだよなぁ。僕はどちらかと言うと自分でやってしまうことのほうが多いかもしれない。その結果「あんたはエライ」とかっていう評価は得られても、そりゃ自分の心を引っ込ませたおかげで他人より動けたってだけだ。

何となく陰鬱で、やる気が出なくて、もうだめだって思ってる人は、とにかく自分の心を押さえつけることをやめるところから始める必要があるんだろうなぁ。だいっっぶ昔に書いた記事だけど、水を吸いきったスポンジは、一度その水を絞り切らないとまた水は吸えない。それとおんなじ感じで、抑えつけた自分の心はもう一度のびのびと広げさせてやらなきゃ始まらない。それを繰り返していくんだろうけど、ちょっと僕は自分の心を押さえつけすぎたな。ほんとごめん。

category: 人間

冬眠中  

この10日間くらい何もやる気が起きない。
昨日なんかはとうとうPCをつけるのすらめんどくさくなった。
冬眠という言葉を人間に当てはめられるんだとしたら、今の僕のような状況を言うんだろうな。
しばらく冬眠は続きそうです。。寒い。

category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。