ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

世界で一番安いWebサイト、ホームページ作成の仕事はじめます(たぶん)  


なんか仕事辞めて年も明けて、流石に暇を持て余してきたというか、ほら…なんていうか…ぶっちゃけそろそろ働いてもいいんじゃないの?っていう感覚が出てき始めたというか。

僕としてはアプリ制作なんかをやって、それ自体の収入とかサイトからの広告費とかで生活していきたいなぁー…とか思ってたんだけど、それは正直しんどいということに気付いた。しんどいというか、別に稼げなくてもいいから将来的にはやりとげたいことなんだけど、今は新しい知識を勉強したい感じでもなくて、それよりはなんかこう、仕事してる感が久しぶりに欲しくなってきたのかもしれない。

で、思い返してみると僕ってWeb制作の職業訓練に通ってて、一応はプロになるための勉強は一通り終えてるわけで、なんでこれを活かそうとしてないんだろうっていうことに今更ながら気付いた。
僕はアホか?と思いたいけど、多分仕事で人と関わるっていうのがもうほんとに嫌になってたんだと思う。
まぁでもだんだんその疲れも取れてきたし、肩ならしにフリーランスとしてWeb制作を請け負ってみてもいいのかもしれないと思った。というわけで、Web制作ってどれくらいの値段でやってるのかなぁーと思っていろいろ調べたんだけど、正直、尋常じゃないくらい高い値段で取引されてるということがわかった。
マジでありえない…。僕が作ったあの「アプリを一から作るサイト」レベルのサイトですら、多分外注したら15万くらいはかかる。いやもっとかな…ページ数もそれなりにあるし、Flashも使ってるし…。

こんな何十万とかいう値段なんて、例えば一個人がちょっとした集まりのためにサイトを作りたいとか、学生がサークルとか団体とかで活動するためにWebサイトが欲しいなんて時に、手軽に買うことなんて出来ない。
まぁ確かに専門知識をすごく勉強しなきゃいけないから、起案から運用まで全てサポートするとなるとそれなりに値段が張るのかもしれないけど、それにしてもちょっと高すぎる。

というわけで、世界で一番安いホームページ作成をやろうと思う。業界の人から見たら冗談みたいな値段でやることにする。その代わり、そんなにやたらとすごい最新技術とかは使えないけど。でもそんな大したことのない内容のサイトでも10万とか20万とか取ってるもんなぁ…どうなってんの?

納期なんかもかなりゆるゆるでやることにする。でも僕は超のつく真面目野郎だしなんだかんだ人が好きだから、任されたことは誠意をもってやり遂げる自信はある。手を抜こうとか思っても抜けない性分なんだよなぁ。学生の活動のためなんかのホームページを作りたいなぁ…。お金がないからサイト作れないっていう人結構居そうだし。
ちなみに仕事が来ないなら来ないでまぁいいや。そんなやたらと自分を売り込む気もないし、それで生計を立てるつもりもない。ただ、困ってる人の役に立ちたい。どうせ僕は暇だし、だったらゆるゆるとでも仕事をすればいいわけであった。
あー、あと、僕には実は姉がいて、姉はデザイナーの仕事をやってたりする。僕が出来ないデザインがあったら姉に頼むことにしよう。

category: 未分類

今日だけ生きるっていうギリギリ感  

散歩




今日一日だけを生きていく感覚って、現代人はもうほとんど持ってない感覚なんじゃないだろうか。
貯めるとか、準備するとか、予定を組むとか、仕事って呼ばれるもののほとんどはそういう要素でできてるし、安全とか安定とかって言葉は、その日暮らしみたいな感覚とは真逆にあるもののような気がする。
けど、人間の本能というか、生き生きとした感覚が出てくるのはいつかって言われると、僕は準備も何もない、その一瞬をどう生き残るかっていう瞬間にあるように思う。

あ、「どんなに辛いことがこれから待ち受けていようとも、今日だけを乗り切っていくんだ」とか、「明日の事なんて考えない。今日一日を幸せに生きていこう」みたいな話を期待されてた方はすみません、ちょっと今回は趣旨が違います。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

会社が悪いって言い切れないこの感じ  

会社2




あー。なんだって僕のメンタルはこんなにも豆腐なんだろう。
やわい。やわすぎる。
僕にはとても会社みたいな組織でやっていけるような精神の硬さはなくて、そんな硬さって一体どうやったら手に入るんだろうっていつも思うけど、無理なんだろうなっていう予感しか湧いてこない。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 会社

「日本の未来論」の補足  


ゆとりが提唱する、日本の未来論では理想すぎる社会像を描いたけれど、これって普通に考えて社会主義の思想とほとんど同じで、でもなんだかんだ社会主義って無理なんだろうなっていう結論になってる。

で、僕もそうだろうなぁと思う。僕が掲げた未来論はあくまで夢だから、別にかなえようとは思ってない。
資本主義と社会主義って言い換えると「競争」と「共有」の文化の違いで、これはどちらも人間にとって必須の文化だ。
共有のない社会はいつも他人を警戒して、自分の身を守るために殺伐とした心になるし、
競争のない社会はみんながお互いに頼りきりになって考えることをやめるので、神様でもいないと存続しない。

共有と競争はいつだって社会の中でバランスを保たれてるような気がする。
ただ、今は「競争」の文化が行き過ぎてる面があるので、ちょこっと「共有」の方向に向かっていくんだろうなぁっていう感じだろうか。
なぜなら人が変わるし、人が変わるとビジネスが変わらざるを得ないからだ。
で、共有が行き過ぎるとまた今度は「もっと競争しよう!」ってなって競争に傾いていくんだろうな。
その頃には僕は生きてないと思うけど。

けれど、競争も共有も、より高度というか、少しづつ人の純粋な心に近づいていってる気がする。
例えば今はお金儲けが競争のテーマだけど、陣地の奪い合いとか食料の奪い合いが競争のテーマだったころからすると、随分平和な社会だ。
共有にしたって、お隣さんに余ったご飯をあげるとかいうレベルじゃなくて、こうやって誰でもブログで文章を発信できて、誰でも閲覧できるような体制が整ってる。

どっちも進歩してる。
で、その時々で競争の流れが強くなるのか、共有の流れが強くなるのか、といった具合だ。

はぁ。僕はこういうことを考えるとすごく無気力になる。だって僕が何をしようがしまいが多分世の中は変わるし、けど変わったとしても僕の理想なんて少なくとも僕が生きてる内には叶わないからだ。
でも生きていかなきゃいけない、稼いでいかなきゃいけない事実がすごくだるいけれどあるのは間違いないので、今回は今の時代に合った形での生き方、稼ぎ方を提案することにする。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

ゆとりが提唱する、日本の未来論  

ref=sib_dp_pt.jpg



今回は僕の夢について書いていきたいと思う。
今まで僕が書いてきた記事というのは、要するに僕の経験と思考をまとめて、一般的に受け入れられるように形を変えたものだ。
だから、「ああしたほうがよさそう」とか「こうすればこうなる気がする」っていう内容の文章ばかりで、よく言えば穏やかというか優しいのかもしれないけど、悪く言えば個性がない、自分がない。
なんで不景気なのかがわかった気がする辺りは僕の意見って感じだけど、実はこれでもかなりマイルドに書いてる。

でも、今回は僕の腹の底にあるものをズバッと書いていこうかなぁって思う。
そのきっかけになったのが、↑にある神田昌典さんの本だ。
これを最初に読んだのは一年近く前で、当時銀行で働いていた時、支店長だった方が悩む僕に対して「こんな本があるから」って勧められて読んだものなんだよね。
よく考えると普通の支店長と新入行員の関係じゃなかったなぁ…。一対一で飲みにいったりしてたし…。

で、今日これを久しぶりに読みなおしたんだけど、当時はまだ実感として無かった部分が今では明らかになった意味あいもあって、この本に対する印象もがらりと変わった。
再確認ではあるけど、自分がやろうとしていることは間違ってないって思うようになって、だったら自分の夢を語ろうかなぁって思った。
賛否両論あるだろうし、馬鹿にされる部分もすごく多いと思うけれど、この本の引用をまじえながら(味方につけながら)僕が思い描くこれからを綴ろうと思う。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

人が人らしく生きるために大切な、3つの楽しみ  

つぼみ




僕のこの半年間の試行錯誤の成果として出てきた「やりたいことをやる」。
でもこれだけだと実はちょっと曖昧なところがあって、というのも人にはいろんな意味でやりたいことがある。
目標もやりたいことだし、ご飯食べたいのもやりたいことだし、「やりたい」っていう言葉で一括りにするには人生広すぎる感じがする。言葉としてはわかりやすくていいんだけど。
で、中でも僕が思う一番重要というか、人がより自然に、生き生きとするために必要なやりたいことっていうのは3種類あるような気がする。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

バラエティ番組を久しぶりに見たんだけど…  

東京タワー



僕は普段あまりテレビを見ない。
僕が必ず見る番組というとNHK囲碁トーナメントだけで、他はアニメとか、偉人とか自然とかのドキュメンタリーくらいだ。
いわゆるバラエティっていうのをほとんど見ないんだけど、この前すごく久しぶりに「帰れま10」ってやつを見た。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

当ブログについて  



2013/1/15 更新しました!より詳しく、僕のこれまでについて深く言及していますので、一度読まれた方もぜひもう一度読んでみてください。


訪問してくれて、本当にありがとう!

このブログを作った目的を、著者の過去を振り返りながら説明していくね。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

頑張ってないくらいでちょうどよかった  

ねずみ




人間なんて、頑張ってないくらいでちょうどいい、というより、元気に生きてるってだけで既に十分頑張ってるなぁってつくづく感じる。
元気なときはそんなこと全く意識しないんだけど、病気になったり、精神的に病んでしまったりした時なんかにそれを強く実感する。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

何かを断るときは神を味方につけよう!!  

祈り



めんどくさいとかストレスとかに流されてみるの記事でとても面白いなぁって思ったコメントがあったので、紹介させてもらおうと思います。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

なんで不景気なのかがわかった気がする  

日の出



仕事って何なんだろう、って考えていたら、今が不景気な理由がわかったような気がした。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

就活生と話す機会って作れないだろうか  

前の記事の就活生:「失敗で自殺」増加なんだけど、僕自身が稼げる云々とかは置いといて、大学生とか、あるいは進路に悩んでる高校生とかにメッセージを伝えたりできないかなぁ…。
結局今のところ僕が一番やりたいことってそこだし、自分のように悩んでる人のために何かしたいっていうのはずっとあるんだよね。

働くこととか、それも含めてもっと広い意味で生きるっていうこととか、以前の僕のように世間やら親やらの価値観しか持ってなくて、自分の本当にやりたいこととかを抑えて生きてて苦しんでる人ってたくさんいるのは事実みたいだし、僕がこの一年で考えてきたことって、きっと役に立つと思うんだよなぁ。

すごく伝えたい。
そんなに周りに合わせる必要はないとか、自由に生きろとか、結論は簡単だけどそこにたどり着くまでの道のりが問題なのであって、硬くなった心をほぐしてやる必要があるわけで、そのためには僕がこのブログで延々と書き続けてきたような話が役に立つんじゃないかって思う。

何の実績もないけど、募集してみようかなぁ…。
話を聞きたいって人がいるなら出向きたいし、人前でしゃべるのは割りと得意なので講演会みたいなのが出来たらもっといいなぁ。

うむ。何はともあれやってみよう。
というわけで左上にそれっぽい募集要項を作ってみることにする。

追記:早速作った。

category: 未分類

就活生:「失敗で自殺」増加   

うつ




就活生:「失敗で自殺」増加 NPOが悩み調査、心のケアも(毎日jp)
「7人に1人」が「就活うつ」状態 金、時間、労力が「心」を圧迫(JCASTニュース)



前から兆候があったのは知っていたけど、実際にこんなに自殺者が出ていて、しかもどんどん増えてるって、僕にとっては一番辛い展開だなぁ…。
自殺者が150人って言ってもそれはわかっているだけでの数字で、しかもうつ状態の人間まで含めたら一体どれだけの人数になるんだろう。7人に1人とかいう記事があるけど、もしそうだとすると数万人レベルでうつ状態に陥ってるっていうことになる。

はぁ…。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

仕事は何のためにするものか  

キャンドル



あけましておめでとうございます。

新年は明けたけど相変わらず生活リズムは戻らず自由だ。
もう4日だから仕事はじめの人も多いんだろうなぁ。

最近は自分の内面を探る思考ばっかりで、だんだんそれにも飽きてきた感がある。
今回は久しぶりに社会について、外の出来事について考えよう!

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会