ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

料理はもっと評価されていい  

料理





いわゆる料理男子とかなんとかをねらってるわけじゃないよ?
今日は母が多忙だったので、僕が代役で料理を作ったんだよね。

学生時代は下宿してたんだけど、僕はほぼ自炊をしてたから、料理自体はすごく好きでさ。誰かに振る舞うようなことはほとんどなかったけど。まぁとにかく久しぶりに包丁持った。

すると、不思議なことに、やってると心が落ち着く。作り終えたときは、なんか微かな達成感もあるし、気分がいい。普通男ってさ、面倒だとかなんだとかで料理しようとするやつってあまりいないんだけど、もったいないなぁと思う。


-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

tag: 自然  料理 

【続き】ハローワーク行ってきた【雇用保険】  

はろわ



前回記事:【失業給付】噂のハローワーク行ってきた【雇用保険】


前回からはや9日。雇用保険の説明会と、職業訓練の説明を受けるために、ハローワークに行ってきたよ!


-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 行ってきた

足し算よさらば  





今日、京都に出かけた帰りに、自動販売機で↑の商品を見かけたんだよね。

僕はどちらかというとコーヒーより紅茶派で、自分でおいしく入れれるようになりたいなぁとか、お茶の知識を持ってるってなんか高級感あるなとか思ってるんだけどさ。
まぁそれはどうでもいいとして、この商品ですよ。

なんかすっっっごい違和感を感じる。この商品に限った話ではないんだけどね。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

話は変わるけど本音  

a1380_000307.jpg




梅雨の晴れ間なのかなぁ…。最近天気がいいよね。風が気持ちいい。それだけで生きててよかった。


前回は、人間やりたいことをやるのがよくて、それって普段の自分を見つめてみると、ひょっこり見えてくるものだよって話だったっけか。
もうね、この「やりたいこと」をやる、「心がワクワクする方向に行く」って言ってもいいんだけど、僕の中で生き方の奥義かもしれない。仮に失敗しても楽しいし、満足感のためなら理屈なんて無視していい。理屈はもはや死んだ。

僕は理系出身なのに何を言ってるんだろう。


-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

僕たちが待ち望んでいたやりたいこと  

a0003_000486.jpg




人間は、みんな幸せになりたい!
そのためには、やりたいことをやりたいようにやればいい。
そうすると、不思議と何かトラブルがあっても、どんな状態でも不満が出てこない。「がんばろう」って素直に思える。

そうじゃない人はね、つまり、本当にやりたいことをやれてない人っていうのはね、いつも不安なんだよ。
本当にこれで大丈夫か、とか、失敗したらどうしよう、とか。
ちょっとでも人間関係で何かあると、「あの人のせいで…」とか、愚痴がでちゃう。


だから、みんなやりたいことをもっとやろう!ていうのが前回の内容。

今回は、そうはいってもやりたいことってなんだよ…って人に向けて。


-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

こんなにも生きたい  

人間




さてさてー!今回からは<人間>シリーズが始まるよ!

前回の<社会>ってのは、まぁなんだ…。ぶっちゃけるとそれほど大した内容でもないっていうか…。所詮は外部環境の話だからね?いや環境も大切なんだけどね!

それよりなにより、もっと大切なのが、僕ら自身が何を考えて、感じて、どう生きていくのがより良いのかってことなんだよね。
今って、そういうことを考える時間とか、ちゃんと取れてるのかなぁ。毎日に振り回されてばっかりの人もいると思う。だから、このブログを見たついでに、ちょっと考えてみよう!

最初は、そもそも人間ってなんで生きてんだ?ってとこから。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 人間

tag: 人間 

そろそろ社会について一言いっとくか<第三回>  

a1180_005016.jpg




社会って絶対的な存在ではないよってこと、
今の社会って効率を追い求めすぎて人間が窮屈な思いしてるよってのが、今までの内容だね。


今回は、「じゃあこれからどうなっていくの?」っていう、完全に僕の予想というか考え。
これを持って社会編は一応の終わりを迎えるよ!


ではでは、はじまりはじまりー。



-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

そろそろ社会について一言いっとくか<第二回>  

a0050_000208.jpg




社会って、絶対的なものではなくて、その時々の多数派の意見でしたっていうのが第一回ね。


もうちょい突っ込んで話を進めよう!
じゃあ今の社会ってどんなだっていう話。

言いたいことも言えない世の中じゃでも少し書いてることなんだけど、ちょっと今の社会ってサービス過剰じゃないですかっていう主張。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

そろそろ社会について一言いっとくか<第一回>  

a0001_003529.jpg




社会ってなんなんだろうね。


というのもさ、僕が生まれた時ってのは丁度バブルが崩壊する寸前くらいの頃だったわけなんだけど、僕はこの社会しか知らないんだよね。経験したことがない。

でもさ、今の日本社会の起源って、戦後にアメリカ文化を輸入して、そこから日本独自の色に仕立てあげてきたっていうところにあるでしょ。

じゃあそれ以前はどうだったのっていう。
いやまぁそれ以前に興味があるわけじゃない。

何が言いたいかって言うと、「今、僕らが当たり前のように思い、感じ、行動していること、社会の常識っていわれていることってのは、たかだか戦後の70年程度の話ですよ」っていうこと。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 社会

tag: 社会 

神様と呼ばれた男 塩田剛三  


僕は昔、(といっても高校生の頃)合気道を少しやっていたんだよね。

当時から「自然な動き」とか「相手を受け流す」っていうフレーズにすごく興味があって、武道をやってみたいと思っていたわけ。

動画の塩田剛三という人に教わったわけではもちろんないのだけれど、この人を特集した番組がすごくまとまってるので、載せてみた。




-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 雑学

tag: 合気道  塩田剛三   

ああー、いい天気だ。いい空気だ。  

w_hand_up_01_bk.gif





今日は午前中、これからどうやって生きていこう?とか、

やっぱお金稼がないと生きていけねぇなぁ…、とか、

一回無人島で生活してみようかなぁ…、とか、考えてたわけなんだけどね。



昼下がりに、外に出たわけですよ。ちょっとジュース欲しくなって。
いつものように100円硬貨とあんなに甘くておいしいジュースが交換できることにワクワクしながら。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 自然   

今ここにある才能  




「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」

いかにもアメリカって感じのタイトルだね。日本人はこういう発想しないよね。面白い。
10年以上前の本なんだけど、とってもいいことが書かれているので、久しぶりに読んでみた。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 自然  強み  才能 

バブル的発想の極致。「阪急西宮ガーデンズ」に行ってきたよ!  

2012-06-20 19.45.14

西日本最大級、日本でも3番目の大きさのガーデンズに行ってきた。てかこれでも3番目なんだね…。


2012-06-20 17.57.40

一階部分。こういう区画がたくさんある。


なんかこう、なんだろう。とにかくすごいわ。なんでも揃ってるし。百貨店もあれば、大型スーパーもあれば、映画館、本屋、ユニクロ、ロフト、大手雑貨・小売店、セレクトショップ…。もうこの建物だけで余裕で生活できちゃう揃い具合だね。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 行ってきた

tag: ガーデンズ  自然   

【失業給付】噂のハローワーク行ってきた【雇用保険】  

2012-06-20 17.36.35


今日は失業保険の申請のために、ハロワに行ってきたよ!!
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 行ってきた

tag: ハローワーク    失業給付  雇用保険  証明写真 

今ほど掃除が必要とされている時代はない  


台風が過ぎたので、窓を開けて、部屋を掃除した。


掃除したってだけなんだけど、すごく気分がよくなる。
僕は大学時代に下宿していたときから、掃除・洗濯・料理は割りと好きで、男にしてはマメにやっていたほうだと思う。

最初はちょっと面倒なんだけど、やり始めるととまらない。しかも、一区切りやり終えた時の気分の良さったらない。

こういう気持ちがさ、もっと必要な気がするんだよね。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 自然  掃除 

適性問題は思ったより根が深い  


今日、京大の大学院を出て、新卒で僕と同じ銀行に入った同期の友人から電話があった。
彼は僕と同じで、辞めたいという旨の話を以前からしていたんだけど、どうも最近「うつ病」であることがわかったらしい。

それで、上席に辞意を伝えるのは一旦医者に止めさせられて、休養を取るようにと言われたんだってさ。

また、というかやっぱり現代社会の被害者が出たかーというある種の納得感と、なんで彼のような優秀な人間が、そこまで追い詰められてしまうんだろうという疑問とがふつふつと湧いてくる。

でさ、ずっと思ってたんだけど、社会って常に犠牲者というか、蟻地獄のように、暗い穴を作って待ち構えているような気がするんだよね。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 会社

tag: 適性  社会 

人には生まれ持った向き・不向きがある。  


京都大学を卒業して、僕は銀行に入った。
そして、一年と少しで辞めた。

「お前は銀行のことをまだ何にもわかってないのに、なぜ辞めるのか」

そういうセリフは、いろんな人から頂いた。

確かに、銀行のなんたるかを僕は語れないし、今、僕は無収入でこれからどうなるんだって状態ではある。
けど、辞めてよかったと心から思える。


なんでそこまで言い切れるのか。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 性分  自然  望み 

話は変わるけど台風4号  

台風4号が明日接近だって。

四国では400ミリの大雨の予想。6月に来る台風って、8年ぶりらしいね。
どうもすごい風雨になりそうだから、家に引きこもっておこうかな…。

台風と言えば、大学時代にグアム旅行に行った時、
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 自然  台風4号 

結局残ったのは思想だった  

どうすればより良く、不安のない生活を送ることができるんだろう。

金やモノや薄っぺらい人間関係で自分を武装したって、自分の人生が重くなってるだけで、根本的に「いい生活」になってるとは言い難いよね。

より良い精神状態、何があっても揺るぎない心、日常の些細なことにありがたみを感じられること。
そういう感覚を得るほうがきっと、ずっと難しい。

それには、「思想」が必要なんだよな。

思想っていうと洗脳とかカルトとかどうしてもそういう危ない方向にイメージが出てしまうんだけど、そうではなくて、いわゆるその人の「行動原理」だとか、「価値基準」に近いものなんだと思う。

さて、今の時代にはどんな「思想」が僕らの生活を豊かにしてくれるんだろうか。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 思想  自然 

毎日トクしている人の秘密  

 

今日ふらっと本屋に立ち寄って、気になったのでこの本を買ってみた。
まだ最後まで読んでいないのだけれど、恐ろしく納得の行く、今までずーーっと疑問に思っていたことを解消してくれる一文があったので紹介。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 書籍

tag: 自由  幸福 

それは無欲ではありません  


お金はそんなにいらないな、とか、モノも今あるもの使えればそれでいいよ、とか。

そこまで出世したいとも思わないな、とか、大成功したいとも思わないな、とか。


そういうこと言ってると、「え?なんか無欲なんだね」って言われるんだけど、それは断じて違うんだよね。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 無欲  会社員  自由 

心が豊かになる!?「貧乏力」  

大体この世の中、「絶対こうであるべき」なんてものほとんどなくて、それぞれが楽しく生きられればそれでいい感じになってる。

となるとだな、自分が「幸せ!」って感じるかどうかの境界線って、低けりゃ低いほどいいんじゃないかって思う。

だってさ、他の人はなんか無茶苦茶高くて、よくわからない高級料理じゃないと笑顔になれないのに、僕は100円のコンビニおにぎりで笑顔になれる。

これって結構お得だと思うんだよね。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 幸せ  貧乏力 

おとなの進路教室。  




僕はこの本を読んで会社を辞めることにした。


いや、辞めることは決まっていたのだけれど、この本を読んでその決断が間違ってないことを再確認できた。
働くってなんなんだ?自分のやりたいことってなんだろう?っていうありふれた疑問なんだけど、それを徹底的に深掘りしていった人たちのエピソードがたくさん載っていて、読んでいくたびに「自分はどうなんだろう?」と問いかけていくことになる。

だから著者も「さらさら読める文章ではありません。ひっかかり、ひっかかり、読むところもあります。しかし本書は、自分の考えを引き出すのによく効きます。」って最初に書いてある。

何気なく、無意識的に選んできた今までの人生だけれど、それにはなにかしらの理由があるし、自分らしく、自然に、いきていくためのヒントになってるんだよね。


会社に勤めることに違和感を感じてるあなたには、とっておきの一冊になるでしょう。

category: 書籍

tag: おとなの進路教室。  会社員 

ベーシックインカムで人間は堕落する?  

大体、僕みたいな「世の中もうちょいゆるくやってもいいんじゃね?」論者が次に持ちだすのは、ベーシックインカムの話なんだろうな。

ベーシックインカムBI

最低限の所得を保証する制度。で、これ自体については賛否両論いろいろあるのはわかってるんで、今回は「BIで人間は堕落するのか?」ってところを考えてみたい。

結論から言うと、多分堕落しないんだよね。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: ベーシックインカム  BI  堕落 

格差社会を生き延びるための鈍感力  

そういえば同じ京大出身で同期で入って、「辞める」って言ってる人が何人かいるんだよなぁ。

彼らは真面目だしいろんなことに敏感なところがあるから、僕と同じような結論に至っちゃうんだと思う。
この「敏感」ってところがひとつ今の時代のキーワードになってる気がするんだよね。

過労死とか、責任とって自殺とか、そういう「何のための生きてきたんだろう」って言いたくなるような死に方をしてしまう人が日本で特に多いのって、彼らが「敏感」で「真面目」だからじゃないのかなぁ。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 格差  社会  鈍感 

私は運動で人生が変わりました  

というのは大げさな話じゃないんだよな。

運動とかスポーツってさ、やってる人とやってない人とでなんかすごい隔たりがあるように感じる。
やってる人はもうこれがなきゃ人生やってらんねー!ってくらいハマってるし、やってない人はなんでわざわざ汗かいてしんどい思いするんだ…?ってくらい冷めてるし。

ちなみに私はハマってる側です。

動くってのはさ、やっぱ人間としての基本であるように思うんです。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 運動  人生 

要は、継続がないんでしょ?  

じゃあ仕事辞めたまではいいものの、どうやって生計立てていくのって話。
プロニートのphaさんとかいい例だと思うんだけど、インターネットの恵みで生きるっていう考え方で生きていきたい。

インターネットの恵みっていう言葉自体が、インターネットを「自然」の一部と捉えていて、すごく自分の考え方とマッチしてると思った。phaさん自体はすごい変わってる人っぽいけど。

けどあの人の場合、ニートといいつつ今では本も書いてるし、ネット上でいろんなHP持って稼いでるし、いわゆる自営業の一種なんだよな。テレビやら講演会やら雑誌の取材が来るニートってなんなの…。

それだけ彼が強烈な個性と、貫かれた生き方を持ってるっていうことなんだろうなぁ。自分も10年後にはあんなふうになれるんだろうか。いや、もうちょっと収入のあるニートになりたいが。ん?収入があったらニートじゃないのかなぁ。


何にせよ、継続するってのが大切。で、継続のためには、毎日いろんなことをちょっとずつやるっていうこと!これほんと大切だと思うんだよね。

一気に一つのことを集中的にやると、必ず反動が来る。で、ポッカリと穴が開いたような期間ができる。そうじゃないっていう人もいるかもしれないけど、それはまだそういう時期が来てないだけってだけな気がする。

もっというと、人間が一生で頑張れる量って、決まってるように思う。だから急いでやろうが、ゆっくりやろうが、多分辿り着くところは一緒なんじゃないかなぁ。

何十歳になってもしぶとく続ける。信念を貫く。おそらく、世界チャンピオンになるくらい難しいことのような気がする。人間って焦っちゃういきものだからね。

ゆっくりいこう。

category: 自然

tag: 継続  pha 

仕事についてみんなが忘れている一つのこと  

というわけで、会社員(中でもお堅い部類言われる銀行員)になってみて、すんごい不自然さを感じた。
人間が幸せを感じるレベルを逸脱してるように思う。
けど、そんな中でもみんな一生懸命やってるんだし、やっぱ個人の合う・合わないの違いでしかないのかなぁ。
もうちょっとゆるゆるやってもいいと思うんだけど。

そんなわけで僕は会社を辞めたのであった。

そもそも、人間って自分の好きなことしかできないような気がする。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: 自然  会社員 

社会に出る前に知っておくべき宝くじのこと  

宝くじ。そう今日はドリームジャンボ2012とドリーム10の抽選発表日どぅぁあああ!!


宝くじって基本的に買った時点で損してる。ギャンブルだから当然といえば当然なんだけど、当選金の割合って45%くらいしかないのよね。つまり10,000円買っても4,800円くらいしか帰ってこない。

いわゆる胴元に取られるテラ銭ってやつ。これがもう宝くじは半端ない。

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 雑学

tag: 宝くじ 

インターネットだっていいじゃないか にんげんだもの  

インターネット。

それが新しい「自然」になってる。


-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 自然

tag: インターネット  自然